カレンダー(月別アーカイブ)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » サンデー(その他)

ポンコツちゃん検証中(by福地翼先生)検証その10「よく当たる占い」の感想

今回の夢咲さんの日替わり検証能力は「心が弾むと(ドキドキで)身体が弾む能力」でした。

ヒロインが異性への恋愛感情で身体(表面)上わかりやすい変化が起きるという点では、ときめきで身体から水が出る(同じサンデーに連載中の)「水女神は今日も恋をするか?」と同じですよね。

夢咲さんと水女神のアクレアさんは、どちらも主人公のことが大好きですぐ勘違い&暴走しちゃう系で、(周りから見たら)赤面した表情やリアクションで主人公が好きなのがモロバレという、何その俺得すぎる設定笑

最近のアクレアさんは恋が進展することでますます可愛くなってきていますが、アクレアさんの水芸に負けないくらい今回の夢咲さんのトランポリン芸(←違)はニヤニヤ悶絶モノの可愛さだったと断言できます。

なんかもう能力の検証とかそっちのけで毎回二人でイチャイチャしているだけのようにしか見えませんがそこがいい!それでいい!←

特に「ニャーお願いやからネコちゃんも嫌いにならんといてー」のところなんかヤバいこんなん可愛すぎて死ぬわ笑

FIRE RABBIT!!(byひらかわあや先生)#21「救助の代償!!」の感想

ひらかわあや先生といえばサンデー連載陣で唯一WEBサンデーまんが家BACKSTAGEを毎週更新されているお方ですが、そのひらかわあや先生が描く「FIRE RABBIT」のここ最近の盛り上がりっぷりがハンパない件。

連載開始当初はきわもの揃いのメンバーと現実離れした設定(ランキングシステム等)であまり好きになれないと思っていた時期もありましたが、それらを軽く吹き飛ばすくらいに人間ドラマがとにかく熱いんですよね。

この漫画に対する私の考えが最初に変わるきっかけになったのは、迷宮寺でまひろと小隊長が救助方針で対立したところですかね。その後で金森と小隊長がガチ殴り合いしたあたりから、一気に面白くなってきたと思っています。

いわゆるお仕事モノではあるけど、恋愛面でもサンデーの他のラブコメに負けない位に丁寧な心理描写で話が作り込まれているのが印象的です。チームで唯一の女性隊員の水島暁がヒロインとして台頭してきたのも嬉しい誤算です。さらしなしおっぱいの破壊力ががががが。

金森と小隊長のガチ殴り合い、まひろと水島の交流からの休日デート、そして今回トンネル事故でまひろと水島が閉じ込められてしまうという、これでもかと畳みかけるかのようなドラマチックな展開の連続ですよ。

あとこれ作者のひらかわあや先生のバックステージでも描かれていましたが、小隊長がカッコ良すぎなんですよね。まひろから電話がかかってきて申し訳ありませんの後の小隊長の表情が…まひろも水島もお前らこんないい人を心配させるなよなと声を大にして言いたいですね。俺の中で小隊長の株が急上昇中です。

あと最後の水島の異変って、身体に目立った外傷がないってことは、酸欠とか煙の有毒ガスが原因だったりするんですかね?小隊長が必ず助け出してくれると信じていますが…

ポンコツちゃん検証中(by福地翼先生)検証その3「夢咲さん検品(スキャン)する」の感想

この漫画は「鈍感すぎる2人が贈るドキドキ能力検証コメディー」らしいです。何それ最高じゃないですか。

そして今回もヒロインのポンコツおっぱいちゃんこと夢咲さんがこれでもかとという破壊力の可愛さの波状攻撃で主人公の水戸くんを萌え殺しにかかってきていた件。っていうか何度も萌え死にそうになってたし笑

そんな夢咲さんの可愛いポイントは数多くあれど、やっぱり関西弁と関西系のノリがたまらなく可愛いと思いました。あれは水戸くんじゃなくてもやられてしまうわ。

そんで3話目にしてようやくお互いの下の名前を知ることができましたね。はたして二人がお互いを下の名前で呼び合うのはいつになることやら。

それで今回の夢咲さんの能力は検品(スキャン)能力ということで、特に能力者バトル展開に突入することもなく、前回と同じく能力の検証に名を借りて二人がイチャイチャしているだけの安心安定のラブコメクオリティーでした。

(作者の福地先生といえば能力者バトルものがまず真っ先に思い浮かぶところですが、この漫画はこの先も能力者バトル展開にはならないと信じてもいいんですよね?福地先生ー!?)

夢咲さんが水戸くんのことを意識しているのがモロバレ&ダダ洩れすぎてニヤニヤが止まりませんでした。(時々夢咲さんの切ない女心が垣間見えるのも( ´∀`)bグッ!

あんな表情でもっと私のこと知ってもらいたいからとか言われたらもう!もう!

最後の夢咲さんのバストオチが最高すぎた件。福地先生この調子で今後もお願いします!(あとwebサンデーのバックステージはひらかわあや先生が孤軍奮闘している状況なのですがやはりそちらは難しいのでしょうか)

ポンコツちゃん検証中(by福地翼先生)検証その1「頼られたい男」の感想

今週号のサンデーにあの福地翼先生の新連載「ポンコツちゃん検証中」が掲載されました。

もちろん皆さんは私なんかよりもよくご存じかと思いますが、福地翼先生といえば「うえきの法則」や「サイケまたしても」などの能力者バトルモノのヒット作で有名ですが、サイケの連載終了後はツイッターで相次いでショートのラブコメ漫画をアップして話題にもなっています。(4/24AM5:30追記 その後サンデーをよく読んでみたら、水曜日のDiaryにタッコクという卓球漫画のラブコメを連載していたことがあると書いてありましたねすみません…)

その福地翼先生の新連載の予告カット、たしか先週号と先々週号に掲載されていたのかな、作品名が「ポンコツちゃん検証中」で、いかにもポンコツ可愛いヒロインの女の子が大きく描かれていて…これまでのシリアスな能力者バトルモノとは一線を画したラブコメチックな感じ、予告の段階から早くも期待で胸が高まりまくりだったのですよ!!

そして今週いざ連載が始まってみると、ポンコツヒロイン、ラブコメに加えて、福地翼先生の大得意の能力者モノであることが判明。福地翼×ポンコツヒロイン×ラブコメ×能力者モノとか、これはもう第1話からして大ヒットの予感しかしない!!

そうそうたしか主人公もいましたっけ。目つきの悪そうなやつ。1話の冒頭から見た目と話し方で周りから誤解されて損をするタイプということが判明しました。でも誰かに頼られたい、誰かを助けたいというのは、うえきやサイケなど歴代の福地漫画の主人公に共通するタイプのようにも思えます。ちょっとあまりよく覚えていなくてすみませんが。

でもそんな主人公…水戸くんを怖がらずに接してくれる唯一の人が、皆さんお待ちかねのポンコツちゃんなわけです。

ラブコメではヒロインの初登場シーンや主人公とヒロインがはじめて会うシーンはインパクトが重要…だということは皆さん言われなくてもわかっているはずです。

しかし数多くのラブコメを読んできた俺でも、まさか半泣きの関西弁のおっぱいちゃんが人間ドローン状態でスカート抑えながら空を飛んでやってきて、しかも気付いたらおっぱいのやわい感触に包まれながら空を飛んでいるとか、さすがに想像していなかった。ヒロインの初登場シーンのインパクトという点で言えば、歴代のラブコメの中でもこれほどのものはちょっと見たことが無いような気がする。

ポンコツおっぱいちゃんの夢咲さん、作者さんの好きなヒロインの要素をこれでもかと詰め込んだかのような女の子ですが、俺も夢咲さん最高だと思います!

それにしても夢咲さんのおっぱいは実にいい!我に返っておぱおぱと慌てふためくところなんか可愛すぎてニヤニヤし過ぎて表情筋崩壊しそうなんだけど。

そんで話が進んでいく内に毎日内容が変わる日替わり能力で、どの能力を使えば隕石から地球を救えるか検証する…というのがこの漫画のメインテーマだということが判明しますが。

でも夢咲さん、コロコロ変わる表情がすごく可愛くてずっと見ていたくて、ちょっと?ボケボケで危なっかしくてでも一生懸命頑張る姿がこれまたすごく可愛くて、俺も夢咲さんのような女の子と二人っきりであれこれ検証したい頼られたい!!

最後の「一年間は毎日一緒にいられるってことか。」のところが、それまでほわほわボケボケだった夢咲さんがちょっとマジ顔になったところが、すごくラブコメっぽくて良かった!!夢咲さんは夢咲さんで「私が立派な能力者になれるまで面倒みてな」とか破壊力ヤバすぎ、もう能力者になるまでと言わず一生面倒見させてください!!

そんなわけで福地翼先生の新連載・ポンコツちゃん検証中は予想以上に良かった…というか最高だった。ポンコツ能力少女と頼られたい少年の秘密の検証生活、今後の展開も大いに期待が持てそうです!ぜひ今後もこのラブコメ路線でお願いしたい、間違っても能力者バトルモノにだけはならないで欲しい。

FIRE RABBIT!!(byひらかわあや先生)#1「問題児達…」の感想

今週号に掲載されたひらかわあや先生の新連載は消防士モノでした。
サンデーで消防士モノと言えば真っ先に「め組の大吾」が思い浮かびますが、こちらの新連載に登場する消防士たちも大吾に負けず劣らずの型破りな問題児揃い達のようですね。

少年漫画でよくある王道展開だと、主人公のゲーマー少年が五人の消防士の誰かに助けられたことで自分も消防士を目指すことになりそうなものですが、はたしてこの漫画ではどうなることやら…

名探偵コナン ゼロの日常 TIME.4「特製カラスミパスタ」の感想(ネタバレあり)

安室さんと梓さん、二人でスーパーで買い物していると、恋人か夫婦にしか見えないんだけど…

名探偵コナン ゼロの日常 TIME.3「眠くない…」の感想(ネタバレあり)

今回いよいよあの噂の年上部下・風見(♂)が登場ということで、前回安室さん(♂)が作った手料理を振る舞うシーンに期待してもいいですか…!?

【BE BLUES!~青になれ~】今回の桜庭のゴールからわかるのは桜庭だけではなく龍も進化しているという話。【龍×巧美】

今回の桜庭のゴールは、桜庭本人の努力はもちろんのこと、龍がいてこその…だと思っています。
今回の龍の活躍で注目すべきは次の2点。

①敵の執拗なマークにも関わらずボールをキープし続け、敵を振り切った上での
②桜庭の足元への絶妙なパス

①については以前の龍だとマークを振り切れずにパスを出さざるを得ない状況に追い込まれていたのが、
今は1対1でもしっかりと個人技で敵をかわして敵の注意を十分に引きつけてからパスを出しているので、
その分、桜庭に対するマークが甘くなって、桜庭が敵の裏をかく形で出ることができた…というのは私が言うまでもなく皆さんおわかりかと思います。

②については桜庭のこと全然わかってないチームメイトが桜庭の頭上にパスを出したなんてことが以前ありましたよね。
その点、龍はちゃんと桜庭のことをわかっているので、桜庭の超絶足技を最大に活かせる足元にしっかりパスを出していました。

でも桜庭本人は自分を活かしてくれる龍という存在のありがたみをちゃんとわかっているのかどうかは…どうなんでしょうね(苦笑)

名探偵コナン ゼロの日常 TIME.2「It's a piece of cake」の感想(ネタバレあり)

今週のお話いくらなんでも安室さんちょっと女性ファン受け狙いすぎじゃねと感じたのは俺だけ…!?

天使とアクト!!ACT.153「約束と記憶」の感想

ひらかわあや先生の最高の演出で、なりちゃんとのクリスマスイヴデートがますます盛り上がってきたのはいいんだけど、ラストがまたある意味お約束な展開に…冒頭でアクトが20歳でなりちゃんが高1(ってことは15歳か16歳と思われ)と紹介されていたけど、これ条例的な意味で大丈夫なのか!?いやここは少年誌でピュアなラブコメを描くことに定評のあるひらかわあや先生を信じようじゃないか。

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 57話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント6巻:8月16日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2019年6月11日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は8月21日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ