カレンダー(月別アーカイブ)

01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ その他

ラブコイ(by稲岡和佐先生、ジャンプGIGA2019vol.2掲載)の感想

2019/01/29 17:05 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

去年ジャンプ本誌で連載されていた「君を侵略せよ!」はまだ記憶に新しいところですが、
作者の稲岡和佐先生の新作ラブコメ読切「ラブコイ」が1月25日発売のジャンプGIGAに掲載されました。

この漫画、本誌で予告が出た時からずっと気になってはいたんですよね。
なぜかといえばもちろんヒロインの女の子が可愛いから!
それに「ラブコメのテンプレを背負った少女が現れ!?」という紹介のされ方するとますます興味がそそられてしまうじゃないですか!

そんでもってさっそくGIGAを買って真っ先にラブコイのページを開いたところ、
センタカラーのトビラ絵には本誌の予告にも描かれていたあの女の子が!
はう~やっぱかわええ笑、それにちょっとツンとしてるところや見た目の雰囲気がニセコイの千棘を彷彿とさせるかも(作品名もニセコイとラブコイだし)。
パン咥えてるところとかいかにもテンプレな感じなのがまたいい。

もちろん稲岡先生のツイッターのチェックも忘れてはいません。
先生はツイッターでこの作品を「ラブコメ擬人化ラブコメ」と紹介されていました。

漫画やアニメのヒロインが現実に現れるなんてこれまで他の作品で腐るほど見てきた展開です。
でも私がこの作品を一押しする理由は、ラブコメのヒロインが現実に現れただけではなく、ラブコメの設定やお約束までもが一緒に現実化されてしまって、テンプレそのものがヒロインのキャラ設定になってしまっているところが新しくて面白いと思ったからです!

たとえばこんな感じのテンプレが、創造者である主人公やヒロイン本人の意思とは無関係に、時と場所などお構いなく発生していて、創造者の主人公やヒロイン本人も制御不能な感じになっています。

・ヒロインといえば食パンくわえて走りがち→ヒロインが触ったものはなんでも食パンに
・戸(ドア)が開かなくなって二人きりで密室に閉じ込められたら、なぜか(主人公の自宅にも関わらず)そこに現れた体育教師が開けてくれる
・隙あらばラッキースケベ

(主人公も言っているように)テンプレというよりはもはや異(超)能力の類に笑
作中で立て続けに発生するラブコメのテンプレイベントの数々はお約束のテンプレのはずなのに予想できないところが、ラブコメのテンプレをいい意味で逆手に取っているところが面白いと思いました。

あとヒロインのラブちゃんが可愛すぎる件、これラブコメでとっても大事。
もちろん見るからにベッタベッタなテンプレツンデレヒロインなところもいい!
けど本当は普通の人間の女の子になりたくて、普通の女の子みたいに笑ったり悩んだり落ち込んだりもじもじしたりするところが俺のハートをわしづかみにしました!

ラブちゃんが普通の女の子になるために主人公の伸斗にキスを迫るところにはニヤニヤさせられまくりでした!
「絶対にキ…キスしてあげっるんだから!」とかそんなこと言われたらもう!もう!

これまたラブコメでは定番の、ヒロインが主人公の優しさに触れて、主人公とヒロインが交流を深める内に、二人が仲良くなっていく過程もしっかりと描かれていて良かったです!
いい感じに二人が打ち解けてきたところで、振り向きざまのキスシーンとか最高すぎでした!
作中では第1話が終わりと出ていましたが、2話以降はどこで読めますか!?二人が相思相愛のキスを迎えるまで続くんですよね!?ぜひ本誌で続きを読みたいです!!

獄丁ヒグマ第3話「命寿その1」の感想

2019/01/07 20:24 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

(俺ってば茜ちゃん派なのにも関わらず)アヤハさんに笑顔が戻ってから、アヤハさんのことが急に可愛く思えてきたんだけど←

特に「じゃ簡単に倒せるじゃん!パッとサクッと」って全身を使って言ってるところがすげぇ可愛かった!おっぱい揺れてたし!←

これ今回の話を読んで多くの人が予想しているとは思うんだけど、(閻魔大王に分霊印を与えられた)アヤハさんが分霊者になってヒグマと一緒に戦う展開を期待してもいいんだよね!?それにアヤハさん正義感強いし年上だしおっぱいおっきいからすごく向いてると思うんだよね!!←

でも分霊者って(前回ヒグマが)一般人には視えないって言ってたからてっきりヒグマの式神的な何かかと思っていたけど、閻魔大王に力=分霊印を与えられた人間…ということになるのかな?今回登場した分霊者のコバタはアヤハさんと同じように自分も以前ヒグマに助けられたようなことを言っていたしね。

でもこうなってくるといよいよ(GIGA版ではヒグマの無二のパートナー兼サポート役兼母親代わりだった)火車丸さんの出番はなさそう…っていやまだだきっと火車丸さんにも茜ちゃんにも出番はあるはず!

基本的にヒグマもアヤハさんも真面目なので、コバタのようなノリが軽いお調子者タイプがいてくれると、話が盛り上がりますよね。アヤハさんのツッコミも冴えまくっていましたし。

次回は分霊者デビューしたアヤハさんがヒグマの窮地を救う展開に期待してもいいですか!?

獄丁ヒグマ第2話「罪の在処」の感想

2018/12/23 19:08 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(2)

今回のラストでようやくアヤハさんの笑顔を見ることができましたね。

そして本作のヒロインになると思われるアヤハさんはやはり(2歳)年上だった件。
しかもGIGA版ヒロインの室町茜ちゃんがただ守られるだけの存在だったのに対して、(前回閻魔大王に新たな獄卒人にさせられたっぽいシーンが)アヤハさんは火久摩と共に戦うことになりそうな予感が…!?

獄丁ヒグマ(by帆上夏希先生)第1話「現の獄卒」の感想

2018/12/17 01:07 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

本日発売のジャンプで帆上夏希先生の「獄丁ヒグマ」の連載が始まりました。

以前ジャンプGIGAで連載されていた帆上先生の「火久摩の手」が本誌に掲載されてもおかしくないくらいの面白さだったので、本誌で新連載の予告を見た時から期待していました。

地獄から現世に脱走してきた亡者を捕らえて地獄に送り返す使命を帯びた一族の現当主・ヒグマが、捕らえた亡者の手=ザイジュを使役して戦うという基本コンセプトからしてもうすでにこれまでのジャンプ漫画にはない異質な面白さがヒシヒシと伝わってきますが、実際に読んでみたらこれがすごく面白くて期待以上でした。

GIGA連載版ではどちらかというと序盤は設定を読まされている感があったのに対して、本誌連載版は少年漫画では王道のボーイミーツガール的な展開かつ適度に謎が散りばめられていて、ドラマチックな物語展開と迫力のあるバトルで読み応えも十分で、序盤からグイグイと引き込まれました。

GIGA連載版から基本コンセプトはあまり変わっていないようですが、タイトルも含めて色々細かいところが変わっている…のはまあいいとしても、問題はヒロインなんですよね。
自分的にはGIGA版ヒロインの室町茜ちゃん(単行本巻末のキャラ紹介によるとくせ毛かつ色々な意味で飾り気のない女の子で受賞作、その後の読切、GIGA版とずっと登場している)がすごい好きだっただけに、いやもちろん今回登場した来峰アヤハさんも茜ちゃんとは正反対のタイプの魅力的な女の子ではあるんだけど、やっぱり茜ちゃんが登場してなんてヤダヤダヤダー…!!(←おい)

まず1話は文句のつけようのない内容だったので、あとは茜ちゃんさえ登場させてくれれば、大ヒット間違いなしだと思います。

今月号のSQ.で連載が始まった「こじらせ百鬼ドマイナー」のヒロイン・飴宮初夏がこじらせ可愛い件。

2018/05/06 23:04 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

今月号のSQ.で連載が始まった「こじらせ百鬼ドマイナー」という漫画についてですが、連載が始まる前はあまり期待していなかったのですが、ヒロインが私の超好みのタイプだったので、このブログでも紹介させて頂こうと思います。

まずこの漫画は一体どんな漫画なのかと言うと、四国の中心部の山奥の学校の中でマイナーをこじらせたワケあり妖怪たちと繰り広げる学園コメディ…らしいです。(作中のアオリ文等から引用)

そんで今月号に掲載された1話2話では、なぜか妖怪の学校に迷い込んで転校してしまって右も左もわからずに戸惑う主人公・渡海くんと、彼の案内人に任命された(見た目は人間の美少女)飴宮初夏さんとの心温まる交流にスポットが当てられています。

というか妖怪モノの皮を被った学園ラブコメですよねこれ笑
でもむしろ俺的にはそっちの方が大歓迎なので、今後も見た目はほとんど人間と変わらない可愛い女の子妖怪達と繰り広げられる学園ラブコメ路線を期待したいです。

この先はめちゃネタバレ感想になりますのでご注意ください。

男の娘ママは幼なじみのヒロ君に母性を感じるのでいっぱい甘えてほしいの感想

2018/04/03 06:39 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(2)

小さい頃から仲の良かった男友達がある日突然男の娘ママ(母親)になったらあなたはどうしますか…!?
って、お前何言っているか理解不能なんだけどとおっしゃるそこのあなた、安心してください私も何を言っているのかよくわかっていません←

そんなわけで本日ジャンプ+に配信されたありしゃん先生の読切が一部の読者の間で話題になっているとかいないとか。

男の娘ママが幼なじみとかはじめて漫画のタイトルを見た時なんじゃこりゃと意味不明でしたが、読んでみたらタイトル通りの内容で納得。

最初は男の娘ママというのがただただ気持ち悪くて違和感ありまくりだったんだけど、ちょっと照れ臭くも心温まる母子の交流話を読んでいる内にあれ男の娘ママというのも意外と悪くないんじゃね?と思え始めてきて、最後の方では本物のママ(母親)みたいに思え始めてしまうから不思議だよなあ←

情けない声を上げるヒロくんかわいぃぃぃぃ!〇宮がうずいてたまらんわ!きゅんはぁとキュン!

色々とツッコミどころが満載のこの漫画の中でもこのシーンとかは特に盛大に笑わせてもらいました。

でもまああまり一般の人にはおすすめできない内容かもしれませんが、もはや普通の漫画では物足りないと思っている方や、男の娘ママ好きの方(本当にそんな奴いるのか)は一度読んでみることをおススメします。

愛されるより〇されたい 第8話「好きの比較」の感想

2017/09/21 23:27 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

ついに朝日出と音琴さんが両想いになって結ばれる時が来てしまうのか…

でもなんだろうこの全然ドキドキしないし嬉しくもならないのは。
音琴さんの思惑通りに事が運んでいる感じがするから…!?

そして今回は前回のラストの続きからということは当然…
もうぶっちゃけこの二人を邪魔するものは何も無いと思われたが…!?

愛されるより〇されたい 第7話「流した疑問」の感想

2017/09/14 23:39 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

やっべーどうしよ、音琴さんに告白されちゃったよ…でもまあなんとなくそんな感じはしていたけどね。
朝日出も音琴さんのことすごく気になっていたわけだし、そもそも断る理由とか何もないわけだし。

音琴さんがどこか普通じゃない感じがするのはちょっと気になるところではあるけど、
もうこれは付き合っちゃうしかないだろうと…

札幌で行われた和月先生達のサイン会に行ってきました。

2017/09/10 12:33 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

平成29年9月9日(土)に札幌コーチャンフォー新川通り店で開催された
SQ.創刊10周年記念和月伸宏先生・黒碕薫先生「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-」&桐丘さな先生「大正処女御伽話」のサイン会に行ってきました。
(※ジャンプSQ.創刊10周年記念として、9月の札幌を皮切りに全国5都市で2作品ずつサイン会が行われるとのこと。なお、「るろうに剣心」にはストーリー協力の方がついているので、今回は3人になった模様。)

なお今回のサイン会はコーチャンフォー新川通り店にてSQ.10月号を購入した先着100名(今回は電話予約も可、10月の名古屋は電話予約は不可?)までが参加できるというものでした。

そしてサイン会当日、整理券番号が最初の方から数十番ずつ参加者がまとめて呼ばれていって、ついに80番台の私も10人位の人達と一緒に別室に設けられた会場に入ることに。

ちなみに参加者の男女比は圧倒的に(るろ剣ファンと思しき)女性の割合が多かったです。
また参加者の中には愛知から来たという強者の男性の方もいらっしゃいました。

そして会場に入ってみると、右から桐丘さな先生(着物姿)、るろうに剣心ストーリー協力の黒碕薫先生(ここではじめて黒碕先生が女性だということを知りました)、るろうに剣心の和月伸宏先生(ちょっと昔の陶芸家が着ていたような和装の衣装?)のお三方が。

桐丘さな先生はサインの他にちっちゃい夕月(大正処女御伽話のヒロイン)も描いてくださってすごく感激しました!

黒碕薫先生は自分から(参加者の名前等について)参加者に積極的に話しかけられていて、とても気さくで話しやすい方という印象を受けました。

和月先生はお三方の中で一番サインを書いている時間が短かったので、もうちょっとミニイラストとかも描いて欲しかったかなと…

でもお三方とも参加者から話しかけられたら気さくにお話してくださっていましたし、とても和やかでいい雰囲気のサイン会だったと思いました。
それと参加者の中には手紙や差し入れを渡していらっしゃった方もいて、先生方もすごく嬉しそうでした。

あとこれは黒碕薫先生もTwitterでつぶやかれていましたが、コーチャンフォーは他では見たことのないようなタイプの書店で、書籍以外にも雑貨や子供向けの品揃えがかなり充実していて、あんなふうに子どもが楽しそうに走り回る本屋なんてはじめてだったので驚きでした。

午後0時30分追記:さっき一番最初に書いた記事が全部消えてしまい、しばらく茫然自失としてしまいました。Vivaldi二度と使うものか…

愛されるより〇されたい 第6話「嫉妬の痕」の感想

2017/09/08 00:10 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

野月さんって言ったっけ、音琴さんの友達でちょっとおっぱいおっきい女の子。
でもほぼ初対面の朝日出に対していきなり敵意むき出しで音琴さんに近づくなとか言ってきたり、
ただならぬ雰囲気というか(音琴さんとの)ただならぬ関係を感じさせる女の子だったわけですが…

音琴さんが好きすぎて音琴さんと一つになりたくて音琴さんの首絞め始めるとか明らかに普通じゃないぞこの女。
このままだとちょっとシャレにならないことになってしまいそうな…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ