カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » オリエント

オリエント 第42話「この道の先に」の感想

2019/04/17 20:16 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(0)

武蔵が二度目の挑戦で見事刀の試しに成功して、小次郎は何だかんだ言いながらも(ある意味団長らしいともいえる)しっかり者なところを見せてくれて、なんだかいい感じになってきたんじゃね?

それにしても武蔵自身の魂の色は赤だったか…(前回は白黒ページなので色までわからなかったんですよね)

黒曜の女神の宿主なうえに、武蔵自身の魂も特別な強力の色とか、小次郎がモヤアっとするのも無理ないわけだ。

みんなにチヤホヤされる武蔵と、そんな武蔵にモヤモヤしている小次郎に、マギのアラジンとアリババを重ねて見ていたのはきっと俺だけではないはず。

冒頭ですごくいい笑顔の小次郎が「よかった俺たち肩を並べて戦える」と言いかけたのを見て、なんか全然無関係の俺まで思わず感極まって泣きそうになってしまったのは内緒にしておいてください←

俺も小次郎と全く同じ気持ちです、ホントそう思いましたよ。

でもこれでようやく武蔵・小次郎・つぐみの鐘巻武士団が始動したといった感じですね。

みんなすごく希望に満ち溢れたいい顔していたけど、特につぐみがノリノリで張り切っていたのが印象的でした。「了解です団長ー!」はホントいい笑顔でした。小雨田の城を出たばかりの頃はあんなにギクシャクしていたのに、今やすっかり武蔵たちとも打ち解けていて、かつてつぐみが武士団は家族だと言っていたけど今のつぐみと武蔵達はまさにそんな感じがしました。

武蔵やつぐみがだらだらしている間に、小次郎が旅の準備や段取りを整えていて、しかも行き先まで示してくれて、これほど小次郎のことが頼もしいと思ったことはないんだけど、もしかして小次郎って意外と団長に向いてたりする!?

なんとなくそう思っていたけど、やっぱり小次郎は親父について何も知らなかったか…小次郎には黒曜の女神は受け継がれなかったけど、小次郎にもなんか秘密があったりするんですかね?

オリエント 第41話「刀に宿るもの」の感想

2019/04/10 00:01 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(0)

武蔵、刀の試し、二度目の挑戦。はたして結果は…!?

まさか主人公が(ちゃんとした)武器を持てるor使えるようになるまで41話(連載開始から1年近く)もかかるとは…

でも散々苦労してきたからこそ、鬼鉄刀を手にして小次郎たちと戦える喜びや、小次郎の親父さんの生きてた証を受け継ぐ重みみたいなものが、ひしひしと伝わってきたんですよね。

武蔵が刀の試しの再挑戦に成功して、武蔵や小次郎、つぐみの笑顔を見て、ようやくここまできたんだなと感慨深い気持ちでいっぱいです。

でも必ずしもみんながみんな全く同じ考えというわけではなく、鬼鉄刀に対する考え方も人それぞれなのが興味深かったですね。

つぐみはただの物で死んだらおしまいだとドライなこと言っていましたが、ちゃんとつぐみにも姉の生きた証が受け継がれているようで、ちょっと泣けてきてしまった。

っていうか、つぐみ、ちょっと小次郎にくっつきすぎじゃね!?まあ小次郎が小雨田みたいにはなるとは思えないけど、つぐみもまだまだ依存するくせが抜け切れていないし、やっぱり心配ではあるんですよね。

あと盛り上がってるとこ水を差すようで悪いけど、武蔵が刀の試しに成功したのは、別に武蔵が成長したからとかではなくて、黒曜の女神さまが眠りについて黒曜石の力が失われたからのような気がするんだけど、そこらへんよくわからないです。

オリエント 第40話「流星群の一撃」の感想

2019/03/30 23:55 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(0)

(特にここ最近の)黒曜の女神様が俺の好みのタイプど真ん中のいい女すぎるんだけどどうしよう…!?←

つぐみが仲間になった当初は、小次郎とつぐみがすごくぎこちない感じだったのが、今やすっかり仲良くなっていますよね。
つぐみの小次郎への遠慮ないツッコミといい、最後のコマで小次郎を見るつぐみの表情といい、つぐみが小次郎に対して気を許している感じなのが伝わってきましたし。

話の流れ的には、窮地に陥った主人公が新たな力に目覚め、想定外の事態に敵が一旦引くという、少年誌のバトル漫画ではある意味お約束の展開ではありましたよね。

マギではむしろそういうお約束からできるだけ外そうとしていたように感じましたが、オリエントではお約束の展開がこれでもかと盛り込まれているのが興味深いです。

個人的に気になっているのは、4巻で七緒が(黒い鉱石になる前に)武蔵を引き上げてしまったところですかね。
敵があんな詰めの甘いことするなんて、マギではとても考えられないことでしたし。

何はともあれ武蔵が小次郎たちの元に戻ってきてくれて、これからは3人で武士団としてやっていくことができそうで、本当に良かったです。大勢の武士に囲まれて彼らに自分の素質を認めてもらってハハハと笑う武蔵を見てなんかホッとしました。(鬼鉄刀使えないと言われた時は本当どうなることかと)

こうなってくると今後の展開も気になってきますね。武蔵が黒曜の力を使いこなすための修行も必要でしょうし、(今回一緒に戦った人達が鐘巻武士団入りしなければ)新たな仲間を探す必要も出てくるでしょうし、つぐみ以外の女の子キャラも絶対に欠かせないですし!←

つーか、まさかの小次郎の親父さんが物語の重要人物として浮上してきたわけですが、現時点ではなぜ小次郎の親父さんが黒曜の女神を盗み出して、自分の息子の小次郎ではなく武蔵に黒曜の女神を引き継がせたのか、いくら考えてもわからないのでやめておきますね。

オリエント 第39話「女神の力」&単行本第4巻の感想

2019/03/21 22:52 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

実はここ3ヶ月で4つ資格の試験を受けていました。
とりあえず試験もひと段落したので、また感想を書く作品を増やしていきたいと思います。
※5月下旬以降また試験が続くので感想が減るかもですすみません。

ブログでの感想の更新は止まっていましたが、オリエントは毎週欠かさず読み続けていました。
っていうか、今マガジンで一番熱くて面白いのがオリエントだと思っています。
特にラストの、弱い味方は邪魔だから自分一人で戦うと言った犬飼四郎に対して、一人一人は弱くてもみんなの力を合わせて立ち向かう展開が胸熱でした。

そして黒曜の女神が最高過ぎる件。
武蔵の身体で戦っている時の女神様はすごくいい表情をしていたけど、
特に小次郎にふっ…と見せたあの笑顔がすごく印象的だったんだな。
オリエントの中でもこの女神様が一番主人公らしいんじゃないかとさえ。

武蔵の力についてもネタ明かしがされていましたね。
なんでも黒い鉱石を持つ者は刀気の流れの支配者で、その場にいる全員の刀気を磁石のように操ることができるとか。
マギのアリババがヤンバルで魔力操作の修行をしたように、武蔵も修行して自分の力を使いこなせるようになれば、活躍が期待できそうです。

それにしてもしばらく感想書いていない間に少年誌の王道バトル漫画らしいすげぇ熱い展開になっていてびっくり。
それこそ連載初期の頃の全然緊迫感の感じられないファンシー鬼とのグダグダなアレは一体何だったのかと…

そうそう最近その鬼が全然出てこなくなったな~と思ったので読み返してみたら、人間同士の戦いが続いているみたいですね。
このブログでも鬼が出ない方が面白くなるのにと書いたことがありましたが、やっぱりそっちの方が断然面白かったです。

あとこれは多分皆さん同じこと思われているのでしょうが、犬飼四郎くらい強ければ、鬼神とかあっという間に全滅させられそうな気がするのですが、

単行本4巻のおまけ漫画でつぐみが武蔵がお父さんで小次郎がお母さんって言っていたのには笑ってしまいました。
でも最近の小次郎は主夫力だけではなく武士らしい活躍も見せてくれるようになってきたので、これからは主夫兼武士兼団長の小次郎の活躍に期待していきたいです。

あとマガポケ?の懸賞の缶バッジが当たりました。
ほぼ単行本と同じデカさ笑

オリエント 第28話「黒曜の女神」の感想

2018/12/26 00:03 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

大穴に落とされた武蔵のことも心配だけど、ここにはいない小次郎とつぐみが今何をしているのかも気になる…

オリエント3巻買ってきましたので、久しぶりに感想とか…

2018/12/19 02:09 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

先日、オリエント最新単行本第3巻が発売したので、またいつものように特典ペーパーがついてくるアニメイトで買ってきました。
今回のペーパーにはつばめとつぐみの姉妹が描かれています。私はオリエントでも特にこの姉妹(の関係性)が好きなんですよね。

最近は感想書く余裕がありませんでしたが、オリエントは毎週欠かさずマガジン本誌で読んでいます。
ようやく小次郎が主夫力もとい生活力以外でもいいところを、武士らしい活躍を見せ始めてくれてきたので、感想を書きたいのもやまやまなのですが、ほんとすみません。

この3巻では前半が小雨田武士団編クライマックス、中盤につぐみが仲間として少し打ち解けるエピソードを挟みつつ、後半はいよいよ武蔵と小次郎も鬼鉄刀を…!?と物語的にもいよいよ盛り上がってきた感じがします。

特に気になるのが武蔵の前に現れた謎のそばかす刀剣コレクターの人、ある意味この人との出会いが武蔵にとってターニングポイントになるかもしれません。

でもこれ最初に読んだ時は、(どのジャンルでも)マニアの人にはよくありがちな、刀が好きすぎるがゆえの痛い発言としか思っていなかったのですが…
最新話で人間を鬼鉄刀の材料に~いう話を読んだ後だと、また見方がガラッと変わってきてしまうんですよね。
彼が所有していたたくさんの刀がいずれも元は人間だった可能性を考えると、ゾっとせずにはいられません。

あとこれさっきも書いたけど、つぐみとつばめの関係性がすごく好きなんですよね。
こうして単行本でまとめて読んでみると、つばめという今は亡き姉の存在が、つぐみの生き方に良くも悪くも大きな影響を与えているのがよくわかって興味深かったです。

でもあのつばめでさえできなかった、父親越えを(周りの助けがあったとはいえ)つぐみがやってのけたのには興奮しました!
最後に武蔵がつぐみの手を掴んで引き上げるシーンが、主人公とヒロインらしくてすごくいい!
これだよこれ、こういう少年誌バトル漫画の王道展開をオリエントでも見たかったんだよと。

まだまだつぐみには危ういところがありますし、もはやネタにさえなりつつある指示待ち人間っぷりを見ても武蔵達と対等とはとても言い切れませんが、これから武蔵や小次郎とどのような関係を築き上げていくのかに注目したいですね。
何せ3巻にしてようやく待望のヒロインが仲間になったわけですから!!

そして巻末のおまけ漫画が…男2人女1人だとどうしてもそうなる(男が1人余っちゃう)よね(苦笑)。
武蔵達はそうならないことを願うばかりです笑

オリエント 第20話「名もなき犬」の感想

2018/10/22 05:57 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

オリエントのポストカード当たりました!(実家に届いたのでまだ現物見れてませんが)
缶バッジ応募しようかどうかまだ迷っています(あのデカさだと置き場が(^_^;))

今回は単行本2巻発売記念センターカラーですが、もちろん2巻買ってきましたよ!
残念ながら1巻に続いて2巻も作者コメントが無かったのですが、おまけ漫画はありました!
(早く本編でもこのトビラ絵&表紙イラストのように超カッコいい小次郎の活躍する勇姿を見たいです!!)

そんでもって今回ようやく俺らつぐみファンにはお待ちかねの…つぐみレクチャー回キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
やっぱつぐみの説明すごくわかりやすいし、それに教えてもらえるならやっぱり可愛い女の子の方がいいですよね!!←

オリエント 第19話「刀」の感想

2018/10/15 02:27 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(3)

前回、つぐみの本音を聞けたことで、ようやく仲間になった実感が湧いてきた気がする。
この話の流れできたら、今回こそつぐみから鬼鉄刀の使い方を教えてもらえるはず…!?

オリエント 第18話「三つ巴」の感想

2018/10/07 18:46 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

前回なんだかんだあって、つぐみが武蔵たちの正式な仲間に!
ようやく待ちに待った可愛い女の子(&ヒロイン候補)の仲間入りに俺のテンションも上がりまくりだぜ!!
…と思っていたら、いきなりつぐみを巡って問題が発生!?
なぜか全然無関係の読者の俺までダメージ受けてしまうのなぜなのか!?←

オリエント 第17話「もっと強く」の感想

2018/10/03 02:44 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

うーんてっきり小雨田武士団から服部武士団orつぐみ武士団になるものだとばかり思ってたんだけど…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ