カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 2018年12月

五等分の花嫁 第67話「スクランブルエッグ⑦」の感想

2018/12/28 23:49 | 五等分の花嫁 | コメント(0)

以前に五月は(フータローへの想いが)暴走しかけた三玖に鋭いツッコミを入れていたシーンがあった気がするのですが、まさか三玖のフータローに対する好意に気付いていなかったとは驚きでした。

これまでフータローは三玖を他の姉妹と間違えまくりだったのに、
今回のラストでようやく三玖を当ててくれて本当に三玖の今までの頑張りとかが報われた感じがして三玖ファンとしてもすごく嬉しかったです。

一花のように急激に成績が上がったり、二乃のように強引に一気に関係を変えようとすることはできなくても、少しずつ成長していって少しずつフータローとの関係を深めていくというのが三玖らしくていいですよね。

体当たりで抱きつかれて押し倒されてそのままの勢いでキスするかと思ったけど、キスはしないっぽい!?いやでもまだわからない!?
(あと三玖が下着をつけていないということは、抱きつかれた時におっぱいのやーらかな感触ががががが)

前回の感想では俺三玖ファンにも関わらず四葉にグラグラ揺れまくりだったけど、
今回の話を読んだら三玖最高!やっぱり俺には三玖しかいない!←

でも一花も二乃も三玖もみんな自分(とフータロー)のことしか頭に無いから、
また最後は無欲な四葉にいいところ持って行かれそうでちと不安。

初恋ゾンビ 第155話「H(ヒミツ)ミッション」の感想(まとめ転載禁止)

2018/12/26 21:17 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

たしかに年頃の女の子二人が好きな男子のことで意気投合して(お色気で誘惑する特訓とかして)あれこれ盛り上がる様子は可愛いのを通り越して微笑ましくすらあるんだけど…

オリエント 第28話「黒曜の女神」の感想

2018/12/26 00:03 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

大穴に落とされた武蔵のことも心配だけど、ここにはいない小次郎とつぐみが今何をしているのかも気になる…

FIRE RABBIT!!(byひらかわあや先生)#1「問題児達…」の感想

今週号に掲載されたひらかわあや先生の新連載は消防士モノでした。
サンデーで消防士モノと言えば真っ先に「め組の大吾」が思い浮かびますが、こちらの新連載に登場する消防士たちも大吾に負けず劣らずの型破りな問題児揃い達のようですね。

少年漫画でよくある王道展開だと、主人公のゲーマー少年が五人の消防士の誰かに助けられたことで自分も消防士を目指すことになりそうなものですが、はたしてこの漫画ではどうなることやら…

妹りれき(by西村啓先生) 3件目「怖い話」4件目「ギャル」の感想

2018/12/26 00:01 | 少年(裏)サンデー 妹りれき | コメント(0)

本日発売の週刊少年サンデーに、前号から連載開始した妹りれきの2話目が掲載されました。

この漫画を簡単に紹介させて頂くと、兄が妹の(スマホ)検索履歴を除き見るだけの神漫画です。

今週妹ちゃんが検索した単語は「怖い話」に「ギャル」か…やべぇどっちもすげぇ気になるんだけど!?

獄丁ヒグマ第2話「罪の在処」の感想

2018/12/23 19:08 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(2)

今回のラストでようやくアヤハさんの笑顔を見ることができましたね。

そして本作のヒロインになると思われるアヤハさんはやはり(2歳)年上だった件。
しかもGIGA版ヒロインの室町茜ちゃんがただ守られるだけの存在だったのに対して、(前回閻魔大王に新たな獄卒人にさせられたっぽいシーンが)アヤハさんは火久摩と共に戦うことになりそうな予感が…!?

オリエント3巻買ってきましたので、久しぶりに感想とか…

2018/12/19 02:09 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

先日、オリエント最新単行本第3巻が発売したので、またいつものように特典ペーパーがついてくるアニメイトで買ってきました。
今回のペーパーにはつばめとつぐみの姉妹が描かれています。私はオリエントでも特にこの姉妹(の関係性)が好きなんですよね。

最近は感想書く余裕がありませんでしたが、オリエントは毎週欠かさずマガジン本誌で読んでいます。
ようやく小次郎が主夫力もとい生活力以外でもいいところを、武士らしい活躍を見せ始めてくれてきたので、感想を書きたいのもやまやまなのですが、ほんとすみません。

この3巻では前半が小雨田武士団編クライマックス、中盤につぐみが仲間として少し打ち解けるエピソードを挟みつつ、後半はいよいよ武蔵と小次郎も鬼鉄刀を…!?と物語的にもいよいよ盛り上がってきた感じがします。

特に気になるのが武蔵の前に現れた謎のそばかす刀剣コレクターの人、ある意味この人との出会いが武蔵にとってターニングポイントになるかもしれません。

でもこれ最初に読んだ時は、(どのジャンルでも)マニアの人にはよくありがちな、刀が好きすぎるがゆえの痛い発言としか思っていなかったのですが…
最新話で人間を鬼鉄刀の材料に~いう話を読んだ後だと、また見方がガラッと変わってきてしまうんですよね。
彼が所有していたたくさんの刀がいずれも元は人間だった可能性を考えると、ゾっとせずにはいられません。

あとこれさっきも書いたけど、つぐみとつばめの関係性がすごく好きなんですよね。
こうして単行本でまとめて読んでみると、つばめという今は亡き姉の存在が、つぐみの生き方に良くも悪くも大きな影響を与えているのがよくわかって興味深かったです。

でもあのつばめでさえできなかった、父親越えを(周りの助けがあったとはいえ)つぐみがやってのけたのには興奮しました!
最後に武蔵がつぐみの手を掴んで引き上げるシーンが、主人公とヒロインらしくてすごくいい!
これだよこれ、こういう少年誌バトル漫画の王道展開をオリエントでも見たかったんだよと。

まだまだつぐみには危ういところがありますし、もはやネタにさえなりつつある指示待ち人間っぷりを見ても武蔵達と対等とはとても言い切れませんが、これから武蔵や小次郎とどのような関係を築き上げていくのかに注目したいですね。
何せ3巻にしてようやく待望のヒロインが仲間になったわけですから!!

そして巻末のおまけ漫画が…男2人女1人だとどうしてもそうなる(男が1人余っちゃう)よね(苦笑)。
武蔵達はそうならないことを願うばかりです笑

獄丁ヒグマ(by帆上夏希先生)第1話「現の獄卒」の感想

2018/12/17 01:07 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

本日発売のジャンプで帆上夏希先生の「獄丁ヒグマ」の連載が始まりました。

以前ジャンプGIGAで連載されていた帆上先生の「火久摩の手」が本誌に掲載されてもおかしくないくらいの面白さだったので、本誌で新連載の予告を見た時から期待していました。

地獄から現世に脱走してきた亡者を捕らえて地獄に送り返す使命を帯びた一族の現当主・ヒグマが、捕らえた亡者の手=ザイジュを使役して戦うという基本コンセプトからしてもうすでにこれまでのジャンプ漫画にはない異質な面白さがヒシヒシと伝わってきますが、実際に読んでみたらこれがすごく面白くて期待以上でした。

GIGA連載版ではどちらかというと序盤は設定を読まされている感があったのに対して、本誌連載版は少年漫画では王道のボーイミーツガール的な展開かつ適度に謎が散りばめられていて、ドラマチックな物語展開と迫力のあるバトルで読み応えも十分で、序盤からグイグイと引き込まれました。

GIGA連載版から基本コンセプトはあまり変わっていないようですが、タイトルも含めて色々細かいところが変わっている…のはまあいいとしても、問題はヒロインなんですよね。
自分的にはGIGA版ヒロインの室町茜ちゃん(単行本巻末のキャラ紹介によるとくせ毛かつ色々な意味で飾り気のない女の子で受賞作、その後の読切、GIGA版とずっと登場している)がすごい好きだっただけに、いやもちろん今回登場した来峰アヤハさんも茜ちゃんとは正反対のタイプの魅力的な女の子ではあるんだけど、やっぱり茜ちゃんが登場してなんてヤダヤダヤダー…!!(←おい)

まず1話は文句のつけようのない内容だったので、あとは茜ちゃんさえ登場させてくれれば、大ヒット間違いなしだと思います。

五等分の花嫁 第66話「スクランブルエッグ⑥」の感想

2018/12/13 21:23 | 五等分の花嫁 | コメント(0)

今回は?今回も?(三玖ファンの俺から見ても)四葉が天使でした。
あまりにも天使すぎて、フータローとキスするのが四葉であってほしいとも思ってしまったくらいです。(俺三玖ファンなのに)

あの頃からずっとお姉ちゃんだと思ってたよ

もうね、こんなん言われたら、(たとえ他の姉妹のファンでも)四葉を好きにならないはずがないだろうと。
この時の四葉の表情がすごくヒロインっぽくてドキドキさせられっぱなしなんだけど!?

妹りれき(by西村啓先生) 1件目「地球温暖化」2件目「ダダダダ」の感想

2018/12/12 00:30 | 少年(裏)サンデー 妹りれき | コメント(0)

今週号のサンデーで、もろ俺好みの妹モノの新連載が始まりました!

この作品に登場するのは、幼い頃は仲良しだったのに、思春期で疎遠になっていった兄・咲太郎と妹・いくみ。
今や妹の考えてることがすっかりわからなくなってしまった兄がふとしたきっかけから妹の意外な一面を知っていくというまあ妹モノでは割とよくあるお話です。

代表的な妹モノでいえば、俺妹ではオタク趣味、いもいもはラノベ作家、それぞれ兄と妹の共通点がありましたが、この漫画の兄と妹の共通点は検索履歴(※PCとスマホを同期させることで両方で同じ検索履歴を見れる)というのがイマドキで新しくて面白いと思いました。

そして何より妹ちゃんがかわいすぎる!これ妹モノではすごく大事!
家族の中でなぜか兄に対してだけそっけないところとか、ちょっと掴みどころのない不思議ちゃんなところがもうたまらん!
(妹モノでよくあるパターンが、兄自身が気付かない内に何か妹にやらかしたんじゃないかと)
っていうか、これ絶対妹ちゃんの方も兄の検索履歴見てるよね!?

初恋ゾンビ 第154話「変化」の感想(まとめ転載禁止)

2018/12/12 00:01 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

つまり指宿くんはタロウとイヴを、かつての正太郎と鏡子さん(初恋ゾンビ)のようにしようとしている…!?
(8巻で鏡子さんが、正太郎が他の女と結婚して、鏡子さんは永い眠りについたと話してたアレ。)

俺も含めて男性読者には、今の指宿くんの気持ち、指宿くんがやろうとしていることを理解するのは、なかなか難しい気がする。
一応少年誌に掲載されてはいるけど、完全に女性読者向けの内容だよねこれ。
指宿くんはタロウのためを思ってやってるんだろうけど、指宿くんのやり方だとタロウも江火野さんも指宿くん自身も誰も幸せになれない気がするけど、本当にそれでいいのか。

ただ、タロウに生きていて欲しいから。

もし俺がタロウだったら、耐えられない。生きてさえいればそれでいいなんて、とても思えない。
もし指宿くんの目論見通りになったら、イヴがすぐ傍にいるのに話すことも触ることもできないなんて、生き地獄以外のなにものでもない。

だんだん見慣れた風景になっていくのかもしれない…

とんでもない。傍で眠っているイヴを見るたびに一生苦しみ続けることになると思う。
タロウは正太郎さんとは違い、初恋ゾンビそのものに恋をしてしまってるから、正太郎さんと同じ生き方はもはや無理な気がする。

五等分の花嫁 第65話「スクランブルエッグ⑤」の感想

2018/12/05 05:04 | 五等分の花嫁 | コメント(0)

お風呂で二乃が一花に恋愛相談…!?

初恋ゾンビ 第153話「父の伝言」の感想(まとめ転載禁止)

2018/12/05 03:32 | 少年(裏)サンデー 初恋ゾンビ | コメント(0)

どんな形でもいいって…いやだからタロウも俺ら読者もそんな展開望んでいないって…

青の祓魔師 第106話「SsC23:17」の感想

2018/12/04 03:45 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

前回、燐火に獅郎を引き合わせたのは完全に逆効果でした。
燐火は獅郎に負けたくないという対抗意識から、職員を人質に取り、たった一晩で大量の知識を手に入れて、ついには自分のことをサタンと呼べと言い始める始末。
前回「経験が伴わないのに大量に知識を与えるのは危険」と言ったユリさんの懸念がまさに現実のものへと…

ワールドトリガー第170話「玉狛第2㉓」第171話「ヒュース⑤」の感想

2018/12/04 01:05 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

連載再開時に告知があったとおり、ワールドトリガーは今回からSQ.に掲載されることになります。
今回は2話掲載でした。今後も2話掲載が続くとすると、1ヶ月で2話で(週刊連載換算で)隔週ペースで読めそうですね。

単行本19巻が同日発売になっています…が、地方だと1日2日遅れです…orz。

今回はSQ.移籍連載開始ということで、色々解説がついてくれていて、忘れかけていたところもあるので、ありがたいです。
ちなみに久しぶりに在りし日のレプリカ先生を見てちょっと泣きそうになったのは内緒です。
もちろんプレゼントの玉狛第2バッジにも応募するつもりです!

センターカラー見開きトビラ絵はメインの4人が勢揃い。
第1話のトビラ絵と同じキャラ・同じ構図ですが、よくよく見ると各人のトリガーが違っていたり、遊真の隣にレプリカ先生がいなかったり、修達が玉狛第2の隊服を着ていたり、みんなの顔つきがちょっと大人っぽくなっていたり、千佳がますます可愛くなっていたりします。

そうそうそれで千佳ですよ。
トビラ絵では圧倒的な可愛さ&生脚フトモモの存在感を放っていたものの、結局本編での出番は冒頭で紹介された1コマだけでした。

本編ではついに遊真&ヒュースが合流、まずは邪魔な太一を倒して、それから影浦や村上鋼相手といった強敵相手にどう戦うのか…!?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ