カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 夏目友人帳

夏目友人帳 特別編:幕間探偵(LaLa2019年1月号掲載)の感想

2018/11/24 00:01 | 夏目友人帳 | コメント(2)

本日発売のLaLaに夏目友人帳の最新話が掲載されました!
※3話連続掲載の3回目。普段は隔月奇数月号連載。

3話連続の1話、2話が前後編のシリーズものとなっていたのに対して、
今回は12ページとちょっと短めの特別編が掲載されています。

今回の特別編は夏目が田沼、西村、北本、気が置けない友人たちと一緒に名取さん主演の映画を見に行くお話。
いつもの切なくて優しくて心温まるお話もいいのですが、こんなふうに普通に友達と映画の内容を巡ってワイワイ盛り上がるお話もいいものだと思いました。

今号では毎年この時期恒例の直筆年賀状プレゼントがあります。
夏目友人帳瓦版ではアニメ夏目友人帳展が2019年春開催決定のビッグニュースが!
続報は次号以降随時お知らせしていくそうです。

また特別編の話に戻りますが、今回は名取さんのキラメキっぷりと田沼の名探偵っぷりがマジヤバい!
それに比べて夏目はイマイチ主人公っぽい活躍ができていなかったけど、まあたまにはこういうのもいいのかなと。

夏目友人帳 怪しき来訪者の章 後編(第98話、LaLa2018年12月号掲載)の感想

2018/10/24 17:14 | 夏目友人帳 | コメント(3)

本日発売のLaLaに夏目友人帳の最新話が掲載されました!
※ちなみに今回は3話連続掲載の2回目となります。普段は隔月奇数月号連載。

今月号の主な夏目友人帳関連情報
・劇場版初日舞台あいさつレポート
・田中メカ先生との祝・デビュー20周年記念対談(緑川先生のフレッシュデビュー賞受賞作「珈琲ひらり」もちょっと掲載)
・両先生のカラーイラスト付き特製マグカップを20名にプレゼント
・付録にニャンコ先生おはし

そんでもって本編の方はサブタイトルからもわかるように前回と今回で前後編構成となっています。
いつもは夏目が妖絡みの問題に巻き込まれて田沼が心配するというパターンなのに対して、この章では二人の立場が逆になっています。

前回のお話はたしか…人の姿に化けた三篠が田沼をあちこち連れ回して、夏目に正体がバレた後も目的を話そうとはせず、田沼の家の屋根には見るからに怪しい錫杖?が突き刺さっているし、田沼が急に頭痛を訴え始めるしで、どう考えても妖の仕業としか…!?

夏目友人帳 怪しき来訪者の章 前編(第97話、LaLa2018年11月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2018/09/22 19:41 | 夏目友人帳 | コメント(2)

本日発売のLaLaに夏目友人帳が掲載されました!
本編は劇場版公開記念表紙&巻頭カラー&3号連続掲載の1回目!
見開きカラートビラ絵でキャラクターコンテスト(人気投票)結果発表!
劇場版オリキャラ・津村椋雄役の高良健吾さんのインタビューが掲載!
さらに付録は23巻特装版と対になるニャンコ先生ラバーストラップがついてきています!

前回のお話では、ついにタキの兄の勇さん…タキの家族からタキとの仲を認めてもらえた、タキファンにとっては神展開以外のなにものでもありませんでした。

そして今回からのお話では、タキと同じく夏目が妖を見えることを知る人間の友人・田沼がメインで、しかも妖に関わった田沼を夏目が心配するといういつもとは逆の展開になってると聞いたら、もう単行本派の人も今すぐLaLa買ってきて読むしかないっしょ!!

夏目友人帳23巻の簡単な紹介と感想

2018/09/06 04:09 | 夏目友人帳 | コメント(2)

先日、9月5日に夏目友人帳最新単行本23巻が発売となりました。
(ちなみにBS11で放送中の夏目友人帳シリーズセレクションを視聴しながらこの感想記事を書いています。)

夏目友人帳23巻

表紙の夏目とニャンコ先生のイラストがすごく暖かみの感じられるイラストでいいなと思いました(小並感)。

9月7日追記
新規描き下ろしイラストだとばかり思っていましたが、去年のLaLa2017年11月号の表紙と同じイラストでした。
それでもいいイラストにはかわりないんですけどね。

ちなみに私が購入したのは同日発売のラバーストラップ付き特装版の方です。
(劇場版ノベライズの方はまだ買えていません…)
今月22日発売のLaLa11月号には対となるデザインのストラップが付録としてついてくるそうで、こちらも楽しみです。

23巻にはテンジョウさん(90話、91話)と約束の残る家(92話、93話、94話)が収録されていて、
我らタキファン必読の「苦手なふたり(95話、96話)」が収録される24巻は来年2019年初夏発売予定とのことです。

テンジョウさんでは西村や北本といった妖が見えない人間の友人たちもガッツリ絡んできて、よくある学校の怪談・七不思議的なノリで物語が進んでいきます。

またいつもの妖絡みの厄介ごとの巻き込まれパターンかと思いきや、今回は夏目も西村や北本達と同じ見えない・わからない立場で話が進んでいったのが、すごく新鮮でした。
ぜひまた氷室先輩や田沼、西村・北本達(あとタキも)と一緒に学校の怪談七不思議的な話を読んでみたいです。

約束の残る家では名取さんや柊達と楽しく枇杷狩り…するだけで終わるはずもなく、名取さんといえば的場ということで、残念ながらまた的場一門絡みの妖関連の厄介ごとに巻き込まれることになってしまいます。

この話の一番の見どころは夏目が的場に元気を出してと枇杷をあげた後で、今度はその夏目が名取さんから元気を出してと枇杷をもらうところです。あまりうまく言えなくてすみませんが、そういうのってなんかいいなと思いました。

的場は夏目には一目置いているのに対して、同業者の名取さんには容赦なく厳しい言い方をしていたのが印象的でした。まるで名取さんの祓い屋としての資質が的場に試されているようで読んでいる方もキツかったですね。(でもその後の名取さんと的場のやり取りや緑川先生の巻末コメントを合わせて読むと、的場の頭首として背負う重さとか、相手に自分の気持ちを伝える難しさとか、色々と見えてくるものがありますが)

初期の頃の(妖を目的のためなら殺すことも躊躇わない)的場は(妖も人間と同じように接する)夏目とは相容れずに対立していたのが、今は夏目のことをある程度は認めるようになったからか、(的場一門の目的に反しない限り)夏目の意見もある程度尊重するようになったというか、夏目のあしらいがうまくなったというか、目的達成のためにうまく利用している感じすらしますね。

そして苦手な二人ではあのタキに彼氏疑惑…!?って、ちょ、おいタキに彼氏って誰だよそいつ!?
単行本派のタキファンは1年も待たされないといけないのかよ!?
…なーんて、私はもうすでに雑誌で読んで知っているんですけどね←

私のような雑誌派にとって単行本を買う大きなメリットとしては、作者の緑川ゆき先生の作品とキャラへのあふれんばかりの想いが込められた解説コメントが掲載されていることにあります。
緑川先生の解説コメントを読んではじめて気付かされることも多いので(夏目の成長、夏目と名取さんの関係性の変化、ただ漫然と読んでいただけでは気付きにくいキャラクターの心情、祓い屋のコンプレックスとジレンマ、等々)

夏目友人帳 苦手なふたりの章 後編(第96話、LaLa2018年9月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2018/07/24 17:40 | 夏目友人帳 | コメント(0)

2018/8/23追記
タキの家庭事情
64話(16巻) 父と兄は仕事で海外赴任、母はいつも帰りが遅い
95話 両親は仕事の関係で年中海外 兄は家を出て離れた大学へ
64話では母と一緒に暮らしていたのが、前回95話では1人暮らしになっていますね。

本日、(隔月連載の)夏目友人帳最新話が掲載されたLaLa9月号が発売となりました。

今月号のLaLaには本編のほかに、9月5日(水)頃に発売予定の単行本&特装版9月29日(土)に公開予定の劇場版本日から配信開始となる劇場版WEBラジオ京まふステージイベント記念展示などの情報が掲載されています。

なお、去年までは毎年9月号で直筆サイン色紙のプレゼントが行われていましたが、今年は直筆サイン入り複製原画になっていました。

そんじゃあまあいよいよ本編の感想に入るわけですが、前回はタキの彼氏疑惑から始まって、実は彼氏じゃなくて帰省中の大学生の兄貴だったというよくある話で、でもその兄貴…勇さんの奇行が最近のタキの悩みの種だと知って、タキの力になりたい夏目がタキと一緒に勇さんから色々話を聞いている内に、勇さんから偶然見つけた鍵の鍵穴を探すために帰ってきたことを教えてもらったのはいいんだけど、やっぱり勇さん妖に取り憑かれてたし、祓うしかないのかこれ…

夏目友人帳 苦手なふたり 前編(第95話、LaLa2018年7月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2018/05/24 20:51 | 夏目友人帳 | コメント(0)

2018/8/23追記
タキの家庭事情
64話(16巻) 父と兄は仕事で海外赴任、母はいつも帰りが遅い
95話 両親は仕事の関係で年中海外 兄は家を出て離れた大学へ
64話では母と一緒に暮らしていたのが、今回95話では1人暮らしになっていますね。

最近の夏目友人帳は隔月連載で、掲載号は奇数月に発売されているということは、もう皆さんご存知のことかと思われます。
そんなわけで夏目友人帳最新話が掲載されたLaLa7月号をさっそく買ってまいりました!

まずLaLaの表紙をめくるとプレゼントページの次に夏目友人帳の3大ニュースがカラーページで掲載されています。
NEWS1.劇場版情報
NEWS2.第2回キャラクターコンテスト
NEWS3.最新単行本第23巻9月5日発売決定 ※ラバーストラップ付き特装版あり、劇場版ノベライズも同時発売

そんでもってページをパラパラめくっていっていよいよ本編へと。
こ、このトビラ絵に描かれている制服姿の少女は…我らがタキこと多軌透ではありませんか!?
ヤベェ久しぶりのタキ回の予感にテンション上がりまくりなんだけど!
そんな全タキファンの大歓喜に水を差すかのような「タキに○○疑惑!?」という衝撃的な一文が。
もし本当にタキに彼氏ができたとしたら俺にはもう生きてる意味はないので死のう…(←そこまで?)

夏目友人帳 約束の残る家の章 後編(第94話、LaLa2018年5月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2018/03/24 23:33 | 夏目友人帳 | コメント(2)

本日発売のLaLa5月号に夏目友人帳最新話掲載&劇場版アニメの詳細情報発表キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

今月号のLaLaで明らかになった劇場版情報
・9月29日(土)公開
・劇場版オリジナルエピソード「優しく、哀しい、嘘をついた」
・キャスト&スタッフ
・前売り券第1段発売
タキファンとしてはタキの名前もあって一安心。名取さんの名前もあったけど的場の名前が無かったな…

そして今回掲載された最新話はサブタイトルの「後編」からもわかるように、3話シリーズの最後の回となっています。
夏目は無事一つ目の妖の説得に成功して儀式の邪魔を止めさせることができるのか!?
今度三春家に来るのは二番目に穏やかな棒々頭巾?それとも一番気性の荒い赤贄?
的場一門の三春家へ新たな護り神を迎える儀式は無事成功するのか!?
前々回名取さんに家の周りを見てくるよう言われた瓜姫と笹後は今どこで何を!?

夏目友人帳 約束の残る家の章 中編(第93話、LaLa2018年3月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2018/01/24 23:12 | 夏目友人帳 | コメント(0)

本日発売のLaLaに夏目友人帳最新話が掲載されています。
ちなみにサブタイトルからもわかるように今回は中編で次回が後編となるようです。
そしてふろくには「ニャンコ先生ペットボトルホルダー」が付いてきました。

んで、前回はどんなお話だったのかというと…

名取さんのお誘いで夏目やニャンコ先生、名取さん、柊達で楽しく枇杷狩りをしていたところ、たまたま隣の家で護り神を迎える儀式を行っていた祓い屋・的場一門の邪魔をする形になってしまい、やむを得ず夏目や名取さんも的場一門の儀式を手伝うことに。
それぞれ気性の違う三体の神様の内、誰が来るかは実際来てみないことにはわからず、失敗すれば災いを受ける可能性が高いというただでさえ厄介極まりない儀式なのに、さらには儀式を邪魔しようとする人?妖?によって的場と名取さんが密室に閉じ込められてしまい、このままだと儀式が失敗して夏目達にも災いが…!?

夏目友人帳 約束の残る家の章(第92話、LaLa2018年1月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2017/11/24 05:51 | 夏目友人帳 | コメント(0)

今月号のLaLaは表紙も夏目(というかニャンコ先生)、ふろくも夏目(この時期毎年恒例)の卓上カレンダー、(そしてこれまたこの時期恒例の)直筆年賀状プレゼントもあります。

今回のあらすじには「夏目と名取が、とある家に」と書いてあって、ああこれまた夏目が名取さんの祓い屋の仕事を手伝うパターンかなと思っていたら…

夏目友人帳 テンジョウさんの章 後編(第91話、LaLa2017年11月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2017/09/22 23:10 | 夏目友人帳 | コメント(0)

本日発売のLaLa2017年11月号に夏目友人帳の最新話が掲載されました。
※今回は表紙&巻頭カラー!
※前号(9月号)に掲載されたテンジョウさんの章の続きが描かれています。
※ここ最近の夏目友人帳は隔月連載となっています。

今月号のLaLaには夏目友人帳の最新話が掲載されたほか、
・単行本第22巻と対になるデザインのアクリルチャームが付録としてついてきたり、
・2018年1月6日に上演が決定されたアニメ声優陣によるサウンドシアターの情報が掲載されています。

なお夏目友人帳の次回のお話は11月24日(金)発売のLaLa1月号に掲載予定ですが、
次号12月号にもニャンコ先生チャームつきボールペンが付録としてついてくるそうです。

そんでもってテンジョウさんってどんな妖怪…いやまだ妖と決まったわけじゃないか、どんなお話でしたっけ!?

たしか西村が他の学校の先輩から聞いた「テンジョウさん」と呼ばれる絵の話を夏目達にもしたところ、夏目や他のみんなも大いに興味を持って、テンジョウさん捜索隊なるものを結成して調べ始めることになったんでしたね。

でもその他校の先輩…氷室さんの話を聞いていると、どうもあまりその絵は良くないものらしいというか、どう考えても妖そのものか妖が関係しているとしか思えないんだけど、そこに見るからに妖っぽいおじいさんまで登場して、夏目達が思わずそのおじいさんの家まで跡をついていったのにはちょっと笑ってしまいました。

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ