カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ シンドバッドの冒険

マギシンドバッドの冒険18巻19巻の紹介と感想

先週7月19日(木)頃にマギシンドバッドの冒険の最新単行本第18&19巻が発売しました。
これで一足先に完結した本編に続いて、外伝のシンドバッドの冒険も完結となります。

18巻ではシンドバッド率いるシンドリアとバルバロッサ率いるパルテビアとの戦争がクライマックスを迎えます。
19巻では新たな仲間・ヤムライハとの出会い、魔力操作の習得、因縁の宿敵・バルバロッサとの決着、南海の孤島に第二のシンドリアを建国、そして本編のあの葉王登場の名シーンへと繋がっていくわけです。

こうして2巻続けて読んでみるとやっぱりシンドバッドの冒険は面白い!
マギ本編よりも少年誌の王道バトル漫画していて、ジャーファルさん達とシャカのバトルとか、ドラコーンが暴走寸前のヒナホホを止めたり、あとはシンドバッドがバルバロッサと決着をつけるところとか、見どころがたくさんで超盛り上がりましたしね。

シンドバッドが大切な人たちの死でさえも自分自身が高みへと進む布石(踏み台)扱いしているのはどうかと思うところもありましたが、それ以上に仲間想いでラシッド王から宝剣を譲り受けた時には涙するそんな人間らしい一面がたくさん描かれていました。
アリババはカシム一人の黒ルフでも大変だったのに、シンドバッドの体の中にはシンドリア滅亡の際に死んだ多数の国民の黒ルフが入っているのかと考えると…ね。

そして何と言っても19巻の冒頭でシンドバッドとヤムさんの初めての出会いのシーンは、ロリヤムさんの可愛さもさることながら、裸族的な意味で本編の葉王登場シーンのインパクトを完全に超えていましたね。

おまけ漫画は18巻がシンドバッドに取り込まれた三人の黒ルフの記憶、19巻がヤムさんとシャルルカン、そのほかに描き下ろしありましたっけ?(マンガワンが全削除されているのでイマイチ記憶に自信が…)
でもおまけ漫画でも俺らのヤムさんはやっぱり可愛かった!ただこれまでのように「シン」と気さくに話しかけてもらえなくなったのがちょっと残念といえば残念かも。
18巻のおまけ漫画、これを読むまでセレン様はシンドバッド達よりも弟のセイランやパルテビアの方が大事なんだと思っていたけど、これを読んでからセレン様に対する見方が変わりました。まさかこんなふうに考えていたなんて…

特典ペーパーは事前の告知通りアニメイト限定。
それぞれシンドリア滅亡の前と後のシンドバッドと八人将+αの方々が描かれていますが、なぜか両方にジュダルが…
近所のサンデーサポーターショップ(SSS)を何件か回ってみましたが、やはりペーパーは付いてきませんでした。
17巻まではSSSで買えば特典ついてきていたのに…

裏サンデー マギシンドバッドの冒険
マンガワンはシンドバッドの冒険のページが全削除されてしまいましたが、裏サンデーは「おまけ一覧へ→」などまだ読めるところも残っているようです。

マンガワンでマギ本編が8月3日(金)まで期間限定公開中。
2巻分までが無料で、それ以降の分もライフかチケットがあれば(24時間以内は)読めるようになっています。

もしかしてマンガワンでシンドバッドの冒険が読めなくなってますか?

先週の水曜日に7月19日発売予定のシンドバッドの冒険18巻&19巻コミックスPR漫画?がアップされていたので、遅ればせながら記事にしようと思い見に行ったところ、マンガワンの水曜日連載の一覧からシンドバッドの冒険が消されていました。
※ただしちょいたしだけは今も見られるようです。

念のため裏サンデーも確認してみたところ、1話以外は最新話も単行本18巻&19巻コミックスPR漫画も全部読めなくなっていました。
※ただしおまけ漫画は読めるもののもあるようです。

単行本発売にあたり本編を読めなくするのはまだわからないでもありませんが、これから発売するコミックスのPR(宣伝)漫画まで読めなくする理由が正直よくわかりません…

コミックスPR漫画には単行本購入の特典情報(アニメイト限定?サンデーサポーターショップは無し?)などの重要な情報も掲載されていたので、読めるようにして欲しいのですが…

マギ シンドバッドの冒険 最終夜(第182夜)「シンドバッドの冒険」(平成30年4月25日更新分)の感想(ネタバレ有)

本日マンガワンでマギシンドバッドの冒険最終回が更新されました。
まずは大寺義史先生、5年間おつかれさまでした。
そして大高忍先生は本編の連載も合わせて9年間おつかれさまでした。(マギ本編の第1話がサンデー2009年27号に掲載)
私達読者にこのような素晴らしい作品と巡り合わせてくださって、本当に本当にありがとうございました!
大高忍先生はマガジンで始まる新連載「オリエント」にも期待しています!!

さて私達読者が気になるマギ情報ですが、作者の大寺先生のコメントで、単行本第18巻、19巻が7月に発売予定、エピローグで拾えなかった小話なども書き下ろすことが発表されました。(特に本編でシンドバッドとユナンが険悪な理由については説明して欲しいですね)

その他のマギ情報については特になく…再アニメ化とか新たな外伝の連載がはじまる様子もなく、これでマギの一連のプロジェクトは単行本の発売を残すのみ…といったところのようです。

今回のエピローグのサブタイトル、本編とは違って、きっちりタイトルを回収してきていましたね。
でもいくつも謎が残ったまま消化不良な感じの終わり方だったのは、本編同様といった感じだったかな。
綺麗な終わり方だっただけに余計そう感じてしまうんですよね。

でもシンドバッドが葉王としてアラジン&モルさんの前に現れるところまで描いてくれたのには感謝してもしきれません!!
このシーンすごく楽しみにしていたので!!外伝でもこのシーン見れるなんて感動しました!!大寺先生が描くアラジン&モルさんも良かったです!!

この話を読んでから久しぶりにマギ本編の単行本第4巻を引っ張り出してきたのですが、本編と外伝を読み比べている内に懐かしさでこみ上げてくるものが…思えばマギはこのバルバッド編の頃が一番面白かったような気がします。

それにしても読み比べてみると改めてわかる、大寺版葉王登場シーンの本編に忠実な再現っぷりが…いやむしろシンドバッドの表情といい周りに白ルフが飛んでいることといい大寺版の方が清々しさ?神々しさ?すら感じさせないか?(←お前は何を言っているのかと)

あとは本編では触れられていなかったシンドバッドが葉王としてアラジン達の前に現れるまでの経緯が、シンドバッドやシンドリア側から描かれていたのが興味深かったです。
そして何よりシンドバッドの酒に対する考え方がこれほど深かったとは驚かされました。これを読むまでは俺もシンドバッドは酒にだらしのないやつくらいにしか考えていなかったので、これを読んでシンドバッドに対する見方がはっきり言って変わりましたね。
なぜ本編でシンドバッドがアリババのために親身になってくれたのかも納得が行きました。

それ以外の見どころとしては、ジャーファルさんがシンドバッドに(真の世界平和の)夢を叶えましょうと言ったシーンや、ダビデが夢の中でシンドバッドに接触してきたシーンとかがありましたね。
あとはまあ謎が残ったまま消化不良で終わってしまった点については、単行本の書き下ろしに期待することとしましょうか…

マギ シンドバッドの冒険 第181夜「七海の覇王」(平成30年4月11日更新分)の感想(ネタバレ有)

なんか今回まとめにかかっていると思っていたら、最後の大寺先生のコメントで「次回でお終い」と書いてありました。思い返せばこれまで楽しいこととか辛いこととか本当に色々なことがあったけど、もうこれでマギが(マンガワンの方の外伝も)終わっちゃうのかと思うと寂しくなりますね…

マギ シンドバッドの冒険 第180夜「未来へ」(平成30年3月28日更新分)の感想(ネタバレ有)

前回ついに仇敵・バルバロッサを打倒し、今回ようやくシンドリア王国の再建に取り掛かることに。
それはともかくジャーファルさんの隣の大きく口を開けて驚くヤムさんがめがっさ(超死語)可愛かったです。

マギ シンドバッドの冒険 第179夜「帰還」(平成30年3月14日更新分)の感想(ネタバレ有)

今回もヤムさんこと魔法少女ヤムライハが可愛かったです(小並感)。

マギ シンドバッドの冒険 第178夜「魔導士ヤムライハ」(平成30年2月28日更新分)の感想(ネタバレ有)

本日マンガワンにシンドバッドの冒険第178夜が掲載(更新)されました。
今回はサブタイトルからもわかるように我らがヤムさんが登場するヤムさん回となっていますが、まだ少女の頃のヤムさんがもう可愛いの何のって…

3週間?4週間?の休載期間を挟んでまたシンドバッドの冒険を毎週読むことができると思っていたら、なんと更新情報が「隔週水曜日更新中!」となっているじゃありませんか。
でもまあ自分的には隔週でもいいのでマギが読めればそれだけでもう十分な気がします。

そうそう大高忍先生のバックステージが久々に更新されていましたね。
自分は基本カシムと同じタイプだと思っていますが、、逆の意味でアルバとも通じるものがあるような気がします。

最新単行本第17巻ももちろん買いました、ちなみに今回もペーパー付きのやつです。
シンドバッドはチョコをもらいたい誰か特定の相手がいるのかどうかが気になりました。まさかジャーファ…
あと17巻読んでいたら、そういえばジュダルとメンフィスが二人がかりでセレン様を止めようとしていたんだなと…ジュダルのことだからメンフィス置いてけぼりにして(セレン様に恐れをなして)一人で逃げ出したのかなと…

とまあ色々と前置きが長くなってしまいましたが、今週の感想へと移らせて頂きますね。

マギ シンドバッドの冒険 第177夜「終幕」(平成30年2月7日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

次回は2月7日にPRを更新しますとのことでした。
PRって、単行本PR漫画のことでしょうか!?

2/7追記
PR漫画というよりは次のシリーズの予告でしたね。
2月28日からマギ本編へと連なる「エピローグ」が連載開始とのことでしたが、あとどれだけ連載が続くのかが気になるのと、下で予想したようなヤンバルやヤムさんのあれやこれやのお話を期待してもいいんですよね!?よね!?

今回で「シンドリア建国編 完」ということはまだ連載は続いていくと思ってもいいんですよね?
おそらくこの後シンドバッドはヤンバルで魔力操作を覚えるんじゃないかと予想していますが、個人的にはヤムさんが八人将に加わった時のエピソードも読んでみたいし(鬼倭はあまり興味ないかも)、できることなら葉王としてアラジン達の前に現れる所まで続いてほしいですね。

とりあえず私が今一番気になっているのはバルバロッサの生死と今回の一件で七海連合の他の国々との関係が変わったのか変わっていないのか…ですかね。

マギ シンドバッドの冒険 第176夜「終わりのその先」(平成30年1月31日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

今回のお話であらかた決着がついたのではないかと思われますが、あとはバルバロッサがどうなったのかがものすごく気になるところ…

マギ シンドバッドの冒険 第175夜「降臨」(平成30年1月24日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

本日、マンガワンでマギシンドバッドの冒険第175夜(先読み分)が更新されました。
なお次回(先読み分?)は2週間後の1月24日に更新されるとのことです。

前回ファーランは堕転やイル・イラー、アル・サーメンの目的などについてべらべら喋ってくれましたね。

でもまあセレン様を暗黒点に仕立て上げ、依り代としてイル・イラーを降臨させる所まで成功させたのだから、ファーランがもはやうまくいったと思うのも無理ないこと。しかしこの時ファーランはまだシンドバッドがダビデと繋がったことを知らなかったわけで…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ