カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2019/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍)

オリエント 第50話「刺青男」の感想

2019/06/19 00:56 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(1)

うむむむむ今回もまたもやみちる姫には会えませんでしたな…前回上杉を内部から切り崩すとか言っていた八咫郎の動きも気になるところですし…って、ちょ、武蔵がタコ部屋行きって一体なぜそうなった!?

一昨日発売の単行本5巻買ってきました。ようやく5巻にして主人公がはじめて武器(能力)を使えるようになって、バトル漫画らしい熱い展開で盛り上がってきたじゃないですか。(他のバトル漫画だと1話で能力に目覚めたり武器が使えるようになることが多いのを考えると、本当に長かったです)
でもよく考えればマギもはじめはそれほどでもなくて本格的に面白くなってきたのがバルバッド編に入ってからだったので、オリエントもこれからに期待したいですね。

今回ついに武蔵達が上杉の城の中へと。いつの間にか武田の人達とは別行動になっていたんですね。それにしても前回武田の人達からあれだけ武士団はよそ者に厳しいとか紛れ込んだら命はないとか忠告してもらったのは一体何だったのかという…

ちょっと無謀で怖いもの知らずな武蔵と、自分に自信がない小心者で常識人のつぐみとで、うまくバランスが取れているのがいいですね。でもつぐみにはもうちょっと女の子っぽさが欲しいところでもありますが。

武蔵が上杉の大きなお城をはじめて見た時の驚き、オリエントには冒険活劇らしい驚きやドキドキワクワク感が感じられるのがいいですよね。

あれ、おかしいな、途中まで武蔵が偶然出会った上杉のお殿様といい感じに話をしていたはずなのに、あの(武蔵を目の敵にしている)直江が現れてからあれよあれよという間に武蔵のタコ部屋行きが決まっちゃったという…

次回のサブタイトルが「地獄」って…タコ部屋で地獄を見るとかじゃなきゃいいけど。正直そういうのはマギ外伝でシンドバッドがマーデルに奴隷にされた時でお腹いっぱいなんですよね。(でももしかしたらタコ部屋で小次郎の親父さんを知ってる人に会えたりとか?)

つーか緑色鬼神強すぎじゃね!?俺もつぐみと同意見なんだけど、かつて武士団が束になってかかっても表皮に傷すらつけられなかったとか、とても勝てる気がしないんだけど。そう例えれば黒曜の女神様抜きで犬飼四郎と戦わなければいけない時のような絶望感しかないんだけど。

まあさすがに上杉も武田も勝算がなければ挑まないとは思いますが…まさか束になってかかるのが勝算じゃないよね!?

オリエント 第49話「淡路に巣食う鬼」の感想

2019/06/12 00:01 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

今回は連載1周年突破記念巻頭カラー!
見開きカラートビラ絵は単行本表紙の黒曜の女神様(が武蔵の身体で戦ってるところ)!
複製原画と特製Tシャツのプレゼントもあるよ!(俺の好きな七緒おっぱいシーンがなかった…orz)

そんでもって本編だけど、今回もまたもやみちる姫の出番がありませんでした。でもおかしいなみちる姫達は先に播磨の港に来ているはずなんだけどなあ。あれだけ武蔵達が騒ぎを起こして目立てば気付きそうなものなんだけど、よっぽど遠くにいて気付かなかったのか、それともまさか八咫郎がみちる姫に化けていたりしないですよね?(大高忍先生ならやりそうなのが怖い)

大高忍先生の手書きブログが1ヶ月ぶりに更新されていました。今回もマギで、しかもシンドバッドの魔装や最終章付近のキャラ設定画という、マギファンにはたまらないものでした。こうなってくるとマギのイラスト集や完全版ガイドブックを発売して欲しいと思うのは俺だけではないはず。

オリエント 第48話「上杉武士団」の感想

2019/06/05 07:27 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

みちる姫達からも興味があれば来いと言われていたので、上杉武士団に小次郎の親父さんの話を聞きにいったところ、実は部外者立ち入り禁止でしたー…ってそりゃないよ。あっさり捕まっちゃったうえに、上杉家紋のヘリからなぜかあの武田尚虎が出て来て、一体どうなっちゃうんだってばよ!?こんな大事な時にみちる姫は一体どこで何してるんだってばよ!?

オリエント 第47話「紫龍城」の感想

2019/05/29 06:43 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

今回みちる姫の出番が無かった…

武蔵達が不審者扱いされている時も助けに来てくれなかったけど、みちる姫達は一足先に播磨の港に行ってるんじゃなかったの…!?

今回はじめて海を見た時もそうですが、オリエントにはこういう冒険活劇らしいドキドキワクワク感(未知の驚き)が詰まっていていいなと思いました。マギの時はどちらかといえば冒険よりも戦争ばっかりやってた印象が強いので…

武蔵やつぐみたちのはしゃぎっぷりがまたいいですよね。武蔵とつぐみが仲良しっぷりを見せつけてくれていましたが、この調子だとお互いを異性として意識するようになるのはまだ当分先なのかなとも。

最初に上杉のお殿様の花押入りの絵巻物を見せていれば、上杉連合の武蔵達に対する扱いも変わっていたかもしれないのに…

口ピアスつええ。やっぱ主人公のライバルキャラ(になりそうな人)が登場すると盛り上がりますよね。

ついにヘリコプター型の鬼鉄騎まで…どうやってこの時代でそんなもんを作れたのかが気になるんだけど…!?

武田出やがったな。この作品では上杉と武田が共闘してるのか…!?

オリエント 第46話「はじまりの鬼神」の感想

2019/05/22 00:01 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

みちる姫を見ていると黒い鬼神とか他のことがどうでも良くなってきてしまう←

なんか今回のみちる姫、いつにも増して(特に瞳が)キラキラしてね!?
もしかしたらこういうのが神秘的な美しさと言うのかもしれないと思った。
まさにこの世に舞い降りた女神。もしかしたら黒曜の女神よりも女神っぽいんじゃないかと。

前回も思ったけど、武蔵とみちる姫が一緒に飛んでいるところを見ると、主人公とヒロインっぽいんだよなあ。
でも前回みちる姫は「このまま私と一緒に南へ行こうよ」と言っていたので、しばらくは二人きりで飛んでいるのかと思いきや、意外と早く小次郎達と合流してしまってちょっと残念だったかも。

オリエント 第45話「壁」の感想

2019/05/15 00:01 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

前回初登場の猿渡みちる姫がすげぇ可愛い件。あの年増専の武蔵ですらドキッとしてしまうくらいでつぐみの立場ががががが。とりあえず目指す方向が同じなので武蔵達はみちる姫に同行させてもらうことになったけど、みちる姫達も参戦する天下分け目の大戦ってのが気になるんだけど…

大高忍の手書きブログ「りゅうりゅうにしてっ!」(2019年5月12日更新)の感想

本日大高忍先生の手書きブログが更新されました。

ちなみに今回もマギです。アラジン×紅玉です。最終回のその後のお話です。
話の流れ的には、前々回の「アラジンの一人称」の続きとなります。(前回がバレンタインお礼イラストだったので)
マギファンとしてはこうして連載終了後も続きを読めるのはとてもありがたいことです。

そんでもって今回は絶賛片想い中の紅玉からあなたにしか頼めないお願いごとがあるとの通信があって、(アリババ達と共に暗黒大陸を調査中だった)アラジンが紅玉の元に駆けつけるところから物語は始まっています。

(以前も同じことを書いた気がしますが)しかしアラジンといえば昔は年上のおねいさん方相手にブイブイ言わせていたのに、それがまさかこんなトゥーシャイシャイボーイ(死語)になってしまうなんて、以前だととても考えられませんでしたよね。今やアラジンもどこにでもいるようなお年頃の男の子って感じになっていますからね。

そういえばアラジンの一人称がまた「俺」から「僕」に戻っていたのに気付かれましたか!?やっぱりアラジンは「僕」の方がしっくりきますよね。

でも調子に乗らないでくださる?のところから、ちょっと昔を彷彿とさせるようなツンデレな紅玉とのラブコメ展開を期待してしまったけど、残念ながらそういう展開にはならずにちょっと残念かも。

でもでも好きな女の子が困っていて、それで自分に頼ってくれたとなると、男としては嬉しいし力になってあげたいとも思いますよね。

そんで紅玉の悩みというのが「自分には威厳が無い」から「威厳のある体にして欲しい」という…筋骨隆々で2メートルくらいの髭の生えた紅玉とかヤバいちょっと想像してしまったんだけど笑 今の可愛い紅玉とのギャップが酷すぎる笑

あとアラジンのことぎゅっとしてきたのには読んでいるこっちまでドキドキしてしまったし。紅玉とアラジンの距離感ちょっと近くなってね?

暗黒大陸の調査のメンバーは、アラジン、アリババ、モルさん、ジュダルの4人で?それにしてもまさかアリババ達とジュダルが一緒に冒険?調査?する日が来るなんて、ね…今度はぜひその話を読んでみたいです。(大高先生はオリエントで無理だとしても、シンドバッドの冒険の時みたいにマンガワンあたりで他の作家さんが描いてくれないかなあ)

オリエント 第44話「もう一人いる」の感想

2019/05/08 02:05 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

みちる姫可愛すぎだろ…これだよこれやっぱヒロインはこうじゃなくっちゃ!(でもまさかみちる姫が犬田八咫郎だったりはしないですよね!?)

オリエント 第43話「黒の会合」の感想

2019/04/27 23:14 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

今回、七緒(お)っぱい祭りと聞いて飛んできました←
でも七緒(お)とめ祭りとも聞いていたのですが。

それにしても今回ようやく七緒の性別が明らかになったというのがちょっと意外でした。
でもおそらく俺も含めて多くの方が七緒は女の子だと確信していたと思われるので、いまさら性別が明らかになっても驚きはないのでしょうが。

とにかく七緒が乙女過ぎる件。浴衣姿もすごくよく似合っていて女の子らしくて可愛かったし、ご主人を想い一喜一憂する表情も完全に恋する女の子のそれでしたし。
まるでラブコメのヒロインみたいな感じに描かれていて、この漫画をよく知らない人がここだけ見たら七緒がヒロインだと勘違いしても無理ないかも。主要女性キャラの中でも七緒は一番正統派ヒロインに描かれていますからね…

そして俺的には今回の最大の見どころ、七緒のさらし越しのおっぱいの破壊力ががががが。
それにしてもつぐみの方がもっとたくさんおっぱい見せてて露出もすごいはずなのに、この七緒との違いは一体何なのか…

この作品内でのヒロイン力が 七緒>>>黒曜の女神様>>>超えられない壁>>>つぐみ みたいな感じになってるんだけど、つぐみにももうちょっと頑張って欲しい。いやマジで。

ただ七緒がそこまでご主人=犬飼四郎に好意を抱いている理由がよくわからないんだよなあ。
前回、武蔵達と戦った時、七緒は四郎から酷い事言われていた気がするけど!?
あと今回登場した黒の八人の中でも、なぜ四郎が七緒の兄貴分ではなくご主人なのかも気になるところですし。

そうそう、今回、四郎や七緒も属する敵組織?の面々が8人、シルエットで登場しましたね。
鬼との共生(共存)派ということで、鬼を倒すことを目的とする武蔵達や他の武士団とは、真っ向から対立する存在になりそう…というかもうすでになってるか。
それにしても七緒に執着するキモ男を見ていると、なぜか自分と重ねてしまって複雑な気持ちになってしまうのはなぜだろう?←

ラストに登場したなんかもう一人いるやつがそのキモ男…八咫郎なのか、それとも武蔵達の新しい仲間になってくれる新キャラなのかは、次回にならないと何とも言えませんが。

オリエント 第42話「この道の先に」の感想

2019/04/17 20:16 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(3)

武蔵が二度目の挑戦で見事刀の試しに成功して、小次郎は何だかんだ言いながらも(ある意味団長らしいともいえる)しっかり者なところを見せてくれて、なんだかいい感じになってきたんじゃね?

それにしても武蔵自身の魂の色は赤だったか…(前回は白黒ページなので色までわからなかったんですよね)

黒曜の女神の宿主なうえに、武蔵自身の魂も特別な強力の色とか、小次郎がモヤアっとするのも無理ないわけだ。

みんなにチヤホヤされる武蔵と、そんな武蔵にモヤモヤしている小次郎に、マギのアラジンとアリババを重ねて見ていたのはきっと俺だけではないはず。

冒頭ですごくいい笑顔の小次郎が「よかった俺たち肩を並べて戦える」と言いかけたのを見て、なんか全然無関係の俺まで思わず感極まって泣きそうになってしまったのは内緒にしておいてください←

俺も小次郎と全く同じ気持ちです、ホントそう思いましたよ。

でもこれでようやく武蔵・小次郎・つぐみの鐘巻武士団が始動したといった感じですね。

みんなすごく希望に満ち溢れたいい顔していたけど、特につぐみがノリノリで張り切っていたのが印象的でした。「了解です団長ー!」はホントいい笑顔でした。小雨田の城を出たばかりの頃はあんなにギクシャクしていたのに、今やすっかり武蔵たちとも打ち解けていて、かつてつぐみが武士団は家族だと言っていたけど今のつぐみと武蔵達はまさにそんな感じがしました。

武蔵やつぐみがだらだらしている間に、小次郎が旅の準備や段取りを整えていて、しかも行き先まで示してくれて、これほど小次郎のことが頼もしいと思ったことはないんだけど、もしかして小次郎って意外と団長に向いてたりする!?

なんとなくそう思っていたけど、やっぱり小次郎は親父について何も知らなかったか…小次郎には黒曜の女神は受け継がれなかったけど、小次郎にもなんか秘密があったりするんですかね?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ