カレンダー(月別アーカイブ)

04 ≪│2019/05│≫ 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.)

ワールドトリガー第179話「雨取千佳⑦」の感想

2019/05/02 13:40 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

おいおいおいヒュースってば、「オレは千佳は人を撃てると思っている」…って千佳のこと下の名前呼びかよ(←突っ込むのそこ!?)

とまあ冗談はさておき。たしか164話あたりで当麻が「千佳を追い込んで人を撃てるようにしておけ」と言っていましたが、まさか修でもレイジさんでもなくヒュースがそれをやることになるとは。いやでも玉狛支部では一番新参者で千佳との人間関係も構築していないからこそ、一番客観的に見ることができるヒュースが適任なんだろうけど。

そりゃまあ「人を撃てるかどうかは」今の千佳や玉狛第二にとって必要なことではあるんだろうけど、あんまり千佳を追い詰めすぎないでくれよ、頼むよヒュース…

D.Gray-man 第232夜「A.W(アレン・ウォーカー)に別れを告げる・赤腕とピエロ」の感想(ネタバレ有り)

2019/04/22 03:58 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

本日発売のジャンプSQ.RISE 2019SPRINGにD.Gray-man最新話(33ページ)が掲載されました。

たしか前回はアレンが神田の執念についに根負けして、自身の事情に神田達を巻き込むことに決め、自身の過去の話をしようとしたところで、14番目の気配を察知したアクマたちの襲撃を受けたところで終わっていましたっけ。

そんでもって今回はアレン&神田コンビがアクマ達を相手に大暴れ…と思いきや、前回ラストのアオリに「アレン誕生の物語が遂に明かされる!!」とあったとおり、時間は遡りアレン誕生の物語が描かれていくことに。

まだよく把握しきれていないのですが、時系列的に整理するとこんな感じになるのでしょうか?
※このあたりは、23巻の番外編「マリアの視線」と合わせて読むと、流れが把握しやすくなります…とは言ってもまだまだわからないことだらけなのですが。

赤腕の少年、親?に見世物として売られる。
 ↓
赤腕の少年、見世物小屋は嫌だと懇願し、ガーベイサーカス団の下働き・雑用をすることに。
 ↓
サーカス団で芸もできないからと酷い扱いを受けていた赤腕少年、赤腕と呼ばれた最後の街で、ピエロをしていたマナ(千年伯爵)と出会う。 ←今ここ
※この頃にはすでにクロス師匠がティムキャンピーをとおして赤腕少年(のちのアレン)に目をつけていた模様。
 ↓
マナが赤腕少年をサーカス団から連れ出す?マナが赤腕少年にアレン(元々は犬の名前?)という名前を付ける?
※次回、このあたりの詳しい経緯が描かれると思われます…多分。
 ↓
アレンがアクマになったマナを破壊。
 ↓
クロス師匠が身も心もボロボロに傷ついたアレンをマザーの家に連れてくる。

それにしてもここのサーカス団にはまともそうな人がアレンの指導役の老人とマナくらいしかいない件。

うまく周りに合わせられず、愛想笑いもできず、仕事も満足にこなせず、ボロクソに言われるアレンを見ていると、まるで現実の自分を見ているようですごく辛かったです。

でも幼い頃のアレンがここまで反骨精神が強い少年だったとはちょっと意外でした。でもそういえば、23巻の番外編でクロス師匠も言っていましたっけ、アレンは生意気でひねくれていて口の悪いガキだったのが、マナを破壊した後、マナみたいに喋るようになったと。

ここからマナが赤腕少年=アレンを救い出す、連れ出す展開になるのかな?マナにとっては犬のアレンと赤腕少年がどういう関係だったのかも気になるところですが。

アレンがマナの歌を聞いた時、左目だけから涙が出ていましたが、たしかアクマ化したマナに傷つけられてアクマが見えるようになったと思いましたが、その前からアレンの左目には何らかの秘密が!?

青の祓魔師 第110話「SsC40:00a」の感想

2019/04/06 20:04 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(2)

第92話でライトニングが志摩に首の鈴を外す代わりにやって欲しいことがあると交換条件を持ち掛けていましたが、いつまでたってもそれらしいシーンが出てこないのでヤキモキさせられっぱなしでしたが、今回ようやく…志摩が雪男に何やらそれらしいことを伝えていましたね。

でも雪男が志摩とこうして話しているのを見るとここがイルミナティだということを忘れそうになります。雪男自身も雪男と周囲の関係性も大きく変わってしまったけど、志摩とだけは今も昔も変わらない感じで話せているんだよなあ。

志摩は正十字騎士團とイルミナティのどちら側というよりは、(イルミナティ側の雪男への異例ともいえる好待遇が示された直後の)このタイミングであえて正十字騎士團側につくメリット?も教えることで、雪男がどちらを選ぶのかを楽しんでいる感じさえするんですよね。

今回、雪男が人間だと判明してホッとしたようなちょっと残念だったような。

序盤の頃の雪男は主人公の燐の弟に過ぎなかったのが、今回青い炎への耐性が判明し上級悪魔を殺せる銃を手に入れ、燐と互角以上に戦えるようになったことで、もう一人のダークサイド側の主人公の地位を確立させつつある感じがします。

でも正直、雪男があの上級悪魔にも致命傷を負わせられるとかいう物騒な銃を燐に向けて撃つところは見たくないですが。

最後のページで雪男が悪い表情しているのには笑ってしまいましたが。お前そんなに兄の燐を殺したいのかよと。

完全なクローン造れるようになったんなら取り換えの効く身体が欲しいというルシフェルの願いが叶ったので戦う意味なくね?とも思ったけど、サタンを完全な身体で復活させて全ての者が平等で公平なやさしい世界を作る目的を果たすまでは止まらない!?雪男に求める見返りもそれに関係してくる!?

燐も雪男もメフィストやルシフェルに教えられるばかりなのに対して、ライトニングはほぼ独力で真実?真相?に近づいていっていますが、ほぼ全ての幹部を敵に回してでも真実を暴き出そうとするライトニングの孤独な戦いも見応えがあって興味深いです。

今回舞台が現代に戻って久しぶりにしえみが登場しましたが、これがしえみの戦いなのかもしれないけど、一しえみファンとしてはこれ以上しえみには遠くに行ってほしくない。ので出雲や勝呂を全力で応援したいです。でもまさかあの出雲がここまでしえみのために必死になるとは、出会ったばかりの頃だととても考えられませんでしたよね。ホント出雲はいい意味で変わったよなあ。

ワールドトリガー第178話「二宮隊」の感想

2019/04/04 02:55 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

千佳や小南先輩、栞ちゃん先輩と楽しい焼き肉のはずが、そこで次の対戦相手の二宮隊とバッタリ出くわしてしまい…

獄丁ヒグマ第12話「月夜」の感想

2019/03/19 02:21 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

ヒグマの父親の仇・アカガネがGIGA版よりもはるかに手強くなっていて勝てる気がしないんだけど…

獄丁ヒグマ第10話「欠けているもの」の感想

2019/03/05 18:00 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

何はともあれ、茜ちゃんを無事助けられたうえに、狐を倒すこともできて、本当に良かった。

青の祓魔師 第109話「SsC23:17d」の感想

2019/03/04 06:57 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

いよいよ今回はユリさんの出産シーン、燐達の出生のエピソードが描かれることに…

ワールドトリガー第176話「根付栄蔵」第177話「三雲修⑰」の感想

2019/03/04 00:01 | ジャンプ(SQ.) ワールドトリガー | コメント(0)

前回のランク戦では、玉狛第2が新加入のヒュースの活躍で大勝ちするも、修の「イヤな予感」は依然として解消されていない様子で…

獄丁ヒグマ第9話「狐その3」の感想

2019/02/26 01:41 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

祝・室町茜ちゃん本誌登場!
…したのはいいんだけど、やっぱり本誌でも亡者に取り憑かれていたわけで。
しかもよりにもよって茜ちゃんに取り憑いたのが母子殺しの狐鉄とかいうかなりヤバそうなやつなんだよね。
まずは一刻も早く茜ちゃんから狐を追い出さなきゃだけど、さすがのヒグマも戦いにくそうな感じで…

獄丁ヒグマ第8話「狐その2」の感想

2019/02/19 04:28 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

祝・室町茜(アカネ)ちゃん登場!
皆さんご存知かとは思いますが、GIGA版ヒロインのあの子です!
そうヒグマのクラスメイトで、ヒグマに助けられたことがあって、ヒグマに想いを寄せているあの子ですよ!

作者の帆上先生がGIGA版単行本あとがきで受賞作からずっと登場させて続けていると書かれていたので、本誌でもきっと登場させてくれると信じて待ち続けていて本当に良かったです!

んで俺の率直な感想としては、茜ちゃんがGIGA版から多少見た目や設定が変わっていても(GIGA版茜ちゃんと見た目そっくりのアヤハさんとの差別化のため?)、(ヒグマに想いを寄せているところとか家族想いなところが)茜ちゃんは茜ちゃんのままで安心しました。

たしかに茜ちゃん、髪の色と髪型もGIGA版からは変わっているけど、それよりも本誌の茜ちゃんは(茜ちゃん自身が何もかもうまくいっていると言っていたように)現実の生活がすごく充実していて幸せそうなのが印象的でした。
本誌と違ってGIGA版では妹さんを亡くされていて、そのことを(自分のせいだと思って)ひきずっていてどことなく薄幸そうな感じがしていましたからね。

あ、それと、自分は本誌版の茜ちゃんの髪型も茜ちゃんらしくて好きですよ。
幸せポイントとかいう前向きな考え方もすごくいいと思いましたし。
そして何よりヒグマに優しくされて真っ赤に照れるわかりやすいところが最高に可愛らしいじゃありませんか!

あの時みたいに(もっと沢山話せるのに)と意味深なことも言っていましたが、
本誌版の茜ちゃんとヒグマの間に昔何があったのか、私、気になります!

本誌版では妹さんも健在で、大好きなお母さんと可愛い妹とさらにもう一人妹が産まれてくる予定というまさに幸せ絶頂の状況で、狐に取り憑かれてしまうとか、茜ちゃん本誌でも大変な目に遭わされてしまう予感がしまくりなんですけど…
(っていうかGIGA版の時は心の隙間に付け入られていたのに対して、本誌では心の隙間とかなくても取り憑かれちゃってるし)

ヒグマには早く茜ちゃんを狐から解放してあげて、それで茜ちゃんとアヤハさんと三角関係ラブコメ展開を繰り広げることを希望します!
でも狐もGIGA版のアカガネに負けず劣らず強敵っぽいんだよなあ。っていうかラストのあの動きとか見ていると勝てる気がしないんだけど…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ