カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2019/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

オリエント 第51話「タコ部屋」の感想

2019/06/26 00:01 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(0)

いや、まあ、とりあえずつぐみが酷いことされなくて本当に良かったよ。最近は男女平等とかなんとか言われているけど、やっぱり、ほら、つぐみは年頃の女の子なわけだし。

つぐみから順番待ち云々の話を聞いた時、武蔵や小次郎がつぐみを全力で心配していたのが、なんだかちょっと嬉しかったです。つぐみが武蔵達からすごく大切にされている&ちゃんと女の子扱いされているのがわかったので。

それにしても今回からタコ部屋送り編が始まるものだとばかり思っていたのに、見事なまでにタコ部屋のシーンが飛ばされてしまっているのは一体どゆこと!?タコ部屋で新たな出会いとかがあるのを期待してたのに!

小次郎がタコ部屋でサメに尻を…は触れてあげないのが優しさなのでしょうね。

なんか流れで武蔵達も上杉連合の一員として戦わせられることになったけど、武蔵が乗り気じゃないのが意外っちゃあ意外。てっきり武蔵のことだから鬼神を倒して手柄を挙げるチャンスとでも言うと思っていたのに。

けどこうして小次郎のために親父さんの手がかりを探そうとしたり、つぐみが酷いことされていないか全力で心配したり、仲間を大切にしているのが伝わって来ていいですよね。

ここにきて三人の絆もますます強くなってきて、三人一緒ならきっとこの状況も乗り越えられると思っていたところで、武蔵一人だけ引き離されるというなんというお約束展開…

それにしてもますます小次郎の親父さんの話を聞きにくくなってきたんだけど、誰でもいいから小次郎の親父さんのこと知っていそうな人はいないのか!?

そんでもていよいよ上杉の兵士にされちゃったけど、緑色鬼神倒すまでだよね!?倒したら上杉武士団から抜けさせてもらえるよね!?

っていうか、どうして武田がここまで武蔵達のことをかばってくれるのかが不思議。たしかに面倒見良さそうな兄貴分的なところはあったけど…まさか武蔵の手柄を横取りしたことを引け目に感じているわけでもあるまいし…

それで小次郎達から一人引き離された武蔵が入れられた小隊というのが、よりにもよって様々な武士団から派遣された若年兵の寄せ集め部隊とは…

これまでこんなにも多くの同年代(しかもみんな同じ武士)と比べられる機会なんて今までなかったら、なんかちょっと嫌な意味で緊張してきたんだけど。

左手前のキノコ頭のボッチ野郎とか、現実の俺を見ているようでちょっと辛いんだけど←

でも左端の銃?を背負った二人の女の子がちょっと俺の好みのタイプで可愛いと思った←

でもこの中に八咫郎が紛れ込んでいるんじゃないかとつい疑心暗鬼になってしまう自分がいます。シルエット的にはキノコ頭が一番可能性高そうですが…

いきなりこの場を仕切り出した黒髪ホクロ眼鏡男子は女性読者の方々から人気が出そうな予感が。

一番強いやつが指揮官とは何ともわかりやすい展開がきましたね。現時点で武蔵が同年代の中ではどれくらい強いのかが明らかになってしまうのか…ヤバい緊張してきた。それにしても口ピアスやその仲間たちは鬼鉄刀持ってないようだけど、まさか足技や体術だけで戦うつもりなのか…!?

2.5次元の誘惑(リリサ)by橋本悠先生第2話「はじめての撮影会」の感想

2019/06/24 06:08 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

作者がノアズアーツの池沢春人先生ではないかと噂されている、ジャンプ+の新連載「2.5次元の誘惑」の第2話が先週土曜日に更新されました。

今回のお話を要約すると、主人公の夢(妄想)⇒リリサを苗字から名前呼びに⇒リリサとOVA談義⇒リリサとゲーム⇒エロコスプレ撮影の流れでした。

あいかわらずFGOマシュ似の後輩(オタク巨乳メガネっ娘レイヤー)リリサの「先輩(はぁと)」呼びの破壊力がハンパない件。

それにリリサがメガネを直す仕草など細かいところにも作者の性癖…もといこだわりが感じられてすごくいいですよね。

そんなある意味理想の女の子のリリサと同じオタク趣味を共有できるとか最高に楽し過ぎて、もう、ね…

前回から主人公を悩ませているのがリリサエロ過ぎ問題。普通にゲームをしているだけなのにシャツのボタンがはちきれんばかりのおっぱいがががががが。

そしてお待ちかねのエロコスプレ撮影シーンに…ということで今回もまた主人公の後ろでリリサの生着替えシーンキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
これもう絶対リリサが主人公を誘惑してるようにしか思えないのは俺だけだろうか…!?←!

て、天使だ、天使がおる…リリサのリリエルコスプレの再現度が高過ぎて、まるで二次元キャラが三次元に現れたかのようなクオリティ…あ、あかん、これ絶対可愛すぎて、3次元にも関わらず好きになっちゃうやつだ…

エロコスプレ撮影会も興奮しまくりだったけど、その後に撮影した写真を見ながら主人公とリリサが二人で盛り上がるシーンがリリエルというキャラに対する愛が伝わって来てすごく良かったです。俺もリリサのような女の子と(以下ry

この調子で激エロなポーズもお願いしますね!…って、マジですか…!?今度こそエロ同人みたいな展開に突入しちゃうのか…!?←

TVアニメ版盾の勇者の成り上がり第24話「異世界の守護者」の感想

2019/06/20 03:41 | アニメ | コメント(0)

グラス様キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
あいかわらずな容赦のなさっぷりにゾクゾクする…ゾクゾクしますぞー!←

でももしやと思っていたけどグラス様、本当にラルク達の仲間だったとは。

っていうか、グラスの嬢ちゃんって、ごめんもっとババア年上かと思ってた←

あれ、そういえば、グラス様は波の間しかこちらの世界にいられないんだよね!?
でもラルクやテリスは波が起きるずっと前からいたけど、どゆこと!?

他の四聖勇者たちよりもラルクやテリスが仲間だったらどれほど良かったか。
敵対してもなおあのカッコ良さはズルい。
っていうか、ラルクとテリスはぶっちゃけデキてるのか、エロいことしてるのかが私気になります!←

四聖勇者という割には尚文達盾組しかまともに戦えていない件。
最初にグラス様と戦った時から何も成長していないようにさえ見えるのには苦笑せざるを得ない。
でもレベルだけで見ると他の勇者たちもそれほど劣っているとは思えないんだけど、一体何が違うのか…

海に落ちた人たちよく無事だったな…たる爆弾の濃縮された酒で魔物がぷかーっと浮かんでいたよね!?

あと尚文はテリスに腕輪の代金は分割払いだと言っていたけど、こんなことになってしまって、ちゃんとこの先も支払いを続けてくれるのかが不安。

最近はOPでフィトリアたん分を補給しています。

女王&メルティが有能すぎてこれ以上ない位心強い件について。
クズ&ビッチの時とはあまりにも大違い過ぎて。
あと今回も女王が無駄に年増エロいと思ったのは内緒にしておいてください←

「ご主人様に酷いことするならやっつけちゃう!!」
フィーロのこのセリフがすごく好きです。
フィーロもメルティも、そしてラフタリアもヒロイン達みんな熱かった!!

オリエント 第50話「刺青男」の感想

2019/06/19 00:56 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(1)

うむむむむ今回もまたもやみちる姫には会えませんでしたな…前回上杉を内部から切り崩すとか言っていた八咫郎の動きも気になるところですし…って、ちょ、武蔵がタコ部屋行きって一体なぜそうなった!?

一昨日発売の単行本5巻買ってきました。ようやく5巻にして主人公がはじめて武器(能力)を使えるようになって、バトル漫画らしい熱い展開で盛り上がってきたじゃないですか。(他のバトル漫画だと1話で能力に目覚めたり武器が使えるようになることが多いのを考えると、本当に長かったです)
でもよく考えればマギもはじめはそれほどでもなくて本格的に面白くなってきたのがバルバッド編に入ってからだったので、オリエントもこれからに期待したいですね。

今回ついに武蔵達が上杉の城の中へと。いつの間にか武田の人達とは別行動になっていたんですね。それにしても前回武田の人達からあれだけ武士団はよそ者に厳しいとか紛れ込んだら命はないとか忠告してもらったのは一体何だったのかという…

ちょっと無謀で怖いもの知らずな武蔵と、自分に自信がない小心者で常識人のつぐみとで、うまくバランスが取れているのがいいですね。でもつぐみにはもうちょっと女の子っぽさが欲しいところでもありますが。

武蔵が上杉の大きなお城をはじめて見た時の驚き、オリエントには冒険活劇らしい驚きやドキドキワクワク感が感じられるのがいいですよね。

あれ、おかしいな、途中まで武蔵が偶然出会った上杉のお殿様といい感じに話をしていたはずなのに、あの(武蔵を目の敵にしている)直江が現れてからあれよあれよという間に武蔵のタコ部屋行きが決まっちゃったという…

次回のサブタイトルが「地獄」って…タコ部屋で地獄を見るとかじゃなきゃいいけど。正直そういうのはマギ外伝でシンドバッドがマーデルに奴隷にされた時でお腹いっぱいなんですよね。(でももしかしたらタコ部屋で小次郎の親父さんを知ってる人に会えたりとか?)

つーか緑色鬼神強すぎじゃね!?俺もつぐみと同意見なんだけど、かつて武士団が束になってかかっても表皮に傷すらつけられなかったとか、とても勝てる気がしないんだけど。そう例えれば黒曜の女神様抜きで犬飼四郎と戦わなければいけない時のような絶望感しかないんだけど。

まあさすがに上杉も武田も勝算がなければ挑まないとは思いますが…まさか束になってかかるのが勝算じゃないよね!?

TVアニメ版盾の勇者の成り上がり第23話「カルミラ島」の感想

2019/06/16 21:45 | アニメ | コメント(0)

次回のサブタイトルが「異世界の守護者」って、ラルクとテリスはやっぱり(この世界とは別の)異世界の勇者とその仲間なのかな。

とても異世界人とは思えない位に二人共いい人達(ラルクは尚文にとって頼れる兄貴分的な感じで接してくれていたし、テリスもラフタリアと仲良さげに話していたし)だったので、尚文達とラルク達が殺し合うところは見たくないのですが。

ぶっちゃけラルクとテリスがデキているのかどうか気になったのは俺だけではないはず←
もしグラスも仲間だったらまさかの三角関係とか!?

ちなみにもし尚文達があの龍刻の砂時計を見つけていなかったら波は起きなかった!?それとも見つける見つけないに関わらず波は起きちゃうものなの!?

あとやっぱフィトリアたんの水着姿は実現しなかったか…すごく残念。

それでもフィーロの水着姿が俺の想像以上に天使だった件。
元康がフィーロたんフィーロたん言っている気持ちがちょっとだけ理解できた気がする←

でもうーんラフタリアの水着姿はどうなんだろう…
たしかに可愛いっちゃあ可愛いんだけど、あんまりこう性的な意味ではドキドキしないんだよなあ。
(それよりも水着のしっぽのところがどういう構造になっているかの方が気になる件)
あいかわらずの尚文の鈍感っぷり&ラフタリアの報われなさっぷりはさすがに可哀想ではありましたが。

尚文は行商人に宝石細工に料理と、勇者を辞めても十分やって行けるような気がする。あれだけ色々できてうらやましい。

2.5次元の誘惑(リリサ)by橋本悠先生第1話「異次元の新入生」の感想

2019/06/15 09:49 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

本日2019年6月15日、ジャンプ+で同じアニメヒロイン(エロ可愛い)が好きな先輩(男、オタク)とそのアニメヒロインが好きすぎてアニメヒロインになりたい後輩(女、レイヤー志望)の2.5次元漫研コスプレラブコメの連載が始まったのは…ここを読んでいる皆さんならすでにご存知のことかと思われます。

最初はどうせこれもよくある感じのToLOVEるっぽいラブコメ漫画だろうと思っていたのですが、実際に読んでみたところ瞬く間にヒロインに心をわしづかみにされて最高にエロくてドキドキしたので、感想を書くことにしました。

まず冒頭ではエロいコスプレ撮影をしているところから始まっていますが、この時点ではさすがの私も若干どん引き気味でした。

それから漫研部室内で唯一の部員である主人公の少年…奥村が悶々としているシーン、ヒロインと出会う前の奥村が自己紹介をしているシーンへと続きます。

我々もリアルで嫌というほどに経験させられているオタク男子あるあるなトラウマの数々を描くことで、読者を主人公に共感&感情移入させようという、ラブコメではよく用いられる常套手段…だとはわかっていてもわかる…その気持ちよくわかるぞー!…ハッ、ヤバい、俺ってば、早くも作者の術中にはまってる!?

そんでもって主人公の奥村の自己紹介が一通り終わった後に、ついにお待ちかねのヒロイン…ちょっとFGOのマシュを彷彿とさせるような超絶ド級の美少女キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ヒロイン・天乃リリサはメガネっ娘、巨乳、エロ可愛いのが好き、主人公と同じアニメヒロインが好きで趣味を共有できる、初対面なのに無防備すぎる距離感で接してくるetc…というまさに2次元でしかありえないような「非現実的な程に男の幻想を詰め込んだ圧倒的なヒロイン性(by主人公談)」を体現してくれている女の子です!

主人公がアニメヒロインについて言ったことが、そのままこのリリサという女の子にも当てはまっているって、絶対そう思いますよね!?

「だってその方がエロいじゃないですか」
そして何より自分が好きなアニメヒロインのエロ可愛さを語るときのリリサが最高にエロ可愛すぎてもうっ!もうっ!
なんかもうFGOのエロ同人誌を読んでいるかのような錯覚をさせられそうになるんだけど…って何言ってるんだしっかりしろ俺!←

二人で好きなアニメを一緒に見て盛り上がるシーンは最高に感動させられました!
主人公もリリサのアニメヒロイン愛の熱量がハンパなくて、俺も現実で一度はこんなふうに…と思った同士諸君ならきっとこの気持ちわかってくれるはず!!

その後、リリサにコスプレ写真を撮って欲しいと言われて、主人公がいるにも関わらず部室内で着替え始めるという、神展開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
でも繰り返し確認するけど、このシチュエーションもリリサの仕草も言動も何もかもがエロ過ぎなんだけど、これエロ同人誌じゃないよね!?健全な少年漫画だよね!?←

そんでもってラストで(冒頭のと同じ)リリサのコスプレ姿がお披露目されるわけですが、冒頭の時は下品なエロさしか感じなかったのが、これまでの主人公とリリサのやり取りを読んだ後だと、感動すら覚えてしまうから不思議です。
それにしても密室で主人公と二人っきりにも関わらずエロいコスプレ姿でパンツ見せまくりとか、無防備とかいうレベルじゃねーぞとツッコまずにはいられないのですが、これ本当にエロ同人誌じゃないですよね!?(←最高の誉め言葉)

オリエント 第49話「淡路に巣食う鬼」の感想

2019/06/12 00:01 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

今回は連載1周年突破記念巻頭カラー!
見開きカラートビラ絵は単行本表紙の黒曜の女神様(が武蔵の身体で戦ってるところ)!
複製原画と特製Tシャツのプレゼントもあるよ!(俺の好きな七緒おっぱいシーンがなかった…orz)

そんでもって本編だけど、今回もまたもやみちる姫の出番がありませんでした。でもおかしいなみちる姫達は先に播磨の港に来ているはずなんだけどなあ。あれだけ武蔵達が騒ぎを起こして目立てば気付きそうなものなんだけど、よっぽど遠くにいて気付かなかったのか、それともまさか八咫郎がみちる姫に化けていたりしないですよね?(大高忍先生ならやりそうなのが怖い)

大高忍先生の手書きブログが1ヶ月ぶりに更新されていました。今回もマギで、しかもシンドバッドの魔装や最終章付近のキャラ設定画という、マギファンにはたまらないものでした。こうなってくるとマギのイラスト集や完全版ガイドブックを発売して欲しいと思うのは俺だけではないはず。

無職転生 異世界行ったら本気だす 第54話「入試」の感想

2019/06/09 22:55 | マンガ | コメント(0)

今回はとにかくフィッツ君ことシルフィが可愛かった。
久しぶりに再会したルーデウスの前では無言のフィッツから女の子のシルフィに完全に素に戻ってしまっていましたしね。
特に「今のどうやったの…?」とルーデウスを見上げて言ったところがもうっ!もうっ!

しかしルーデウスが全く気付かなかったことで、感動の再会とはならなかったことが残念ではありますが。
でもそうなってくるとルーデウスのEDが治るのはやはりシルフィ次第ということに…!?

エリナリーゼのあの言い方から察するに初見でフィッツが女の子だと見抜いているっぽい感じがします。
っていうかまさかエリナリーゼまで一緒に入学することになるとは…制服姿が意外と違和感ないんだけどこの人何歳だっけ!?パウロと同じパーティーだったということは相当年上のはずだけど!?
(エリナリーゼがルーデウスに一緒についてきたのは一応保護者のつもり…なわけはないか。)

アリエル王女がステキすぎる件。
王女とお近づきになるチャンスもあると信じたい。

乱魔(ディスタブ・マジック)が初見殺しすぎる件。
ぶっちゃけルーデウスの学園生活がどうなるのか全く想像もつかないんだけど、よくあるチートものっぽい展開になるのかそれとも…

TVアニメ版盾の勇者の成り上がり第22話「勇者会議」の感想

2019/06/08 23:39 | アニメ | コメント(0)

回想シーンでもフィトリアたんがマジ天使だった件。
早くまた実物のフィトリアたんと再会できることを願っています。

今回注目すべき点はラフタリア達のクラスアップ、四聖勇者による勇者会議、そして謎の男女との出会いといったところですかね。

クラスアップで強くなったのはいいんだけど、フィーロのアホ毛…というかフィトリアたんのせいでラフタリアまで選べなくなって、喜んでいいのかどうかちょっと微妙な結果になってしまいましたよね。

フィトリアたん的には世界を救うためにはクラスアップで一番強くなるやつを強制的に選択させることが正しいと思っているのかもしれませんが。

でもラフタリア的にはクラスアップのことよりも尚文が「俺がこの世界からいなくなった後も~」と言っていることの方が気になっているのが切ないですよね。

盾の勇者の恥晒しにはちょっと笑ってしまったけど、真顔のラフタリアが怖いんだけど。

でもラフタリアのあのゴミを処理するには激しく同意。自分のためにあそこまで怒ってくれる女の人…ラフタリアのありがたさを尚文はどれだけわかってるのだろうか。

あれからビッチとクズの扱いがどうなったのか気になっていたのですが、ああも自由に行動できていることに驚きました。もうとっくに元康のパーティーメンバーからも外されて、どっか地下牢みたいなところに拘束されているものだとばかり。

どうせならビッチが毒を入れた料理をビッチに食わせてやれば良かったのに。

勇者会議。他の三人が相変わらずなのに対して、尚文がちょっと大人の対応していて、これにはラフタリアじゃなくてもちょっとカッコイイと思ってしまったし。

ウェポンコピーに自動調合に転移、そしてクラスアップ。他の三人の勇者に対してこれだけのハンデを抱えていながら、これまで尚文はよく戦えてきたと逆に感心してしまう。他の三人が尚文の盾をチートと思い込むのも無理ないわけだ。

フィーロがメルティと一緒の部屋で寝てるってことは、尚文はラフタリアと二人きり…でも何もなかったんだろうなあ。

さっそく覚えたばかりのウェポンコピーや、カルミラ島の活性化イベントで、尚文達がどこまで強くなれるのか、かなり期待できそうな感じがします。もしかしたらグラス程度なら簡単に倒せるようになったりして!?

フィーロがラフタリアをしつこいと言ったのにもちょっと笑ってしまった。

ラフタリアの故郷の村の復興にも尚文は関わってくるのだろうか…!?

尚文を坊主呼ばわりした謎の男女、悪い連中には見えないけど…!?

オリエント 第48話「上杉武士団」の感想

2019/06/05 07:27 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(2)

みちる姫達からも興味があれば来いと言われていたので、上杉武士団に小次郎の親父さんの話を聞きにいったところ、実は部外者立ち入り禁止でしたー…ってそりゃないよ。あっさり捕まっちゃったうえに、上杉家紋のヘリからなぜかあの武田尚虎が出て来て、一体どうなっちゃうんだってばよ!?こんな大事な時にみちる姫は一体どこで何してるんだってばよ!?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ