カレンダー(月別アーカイブ)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

鬼滅の刃 第57話「刃を持て」の感想(ネタバレあり)

2017/04/10 00:01 | ジャンプ(SQ.) 鬼滅の刃 | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 禰豆子よくやった!さすが俺の可愛い妹だ!禰豆子がこんなに頑張ってくれたんだから、炭治郎なんとか目を醒ましてくれよ!!

終末のハーレム 第20話「」の感想(ネタバレ有り)

2017/04/08 22:01 | ジャンプ(SQ.) 終末のハーレム | コメント(0)

 ようやく20話の感想書くことができました…

これまでの簡単なあらすじ

 怜人の担当官交代ってマジか…

マギ シンドバッドの冒険-プロトタイプ-(前編)(後編)(平成29年4月5日更新分)の感想(ネタバレ有)

(シンドバッドの冒険)連載開始前にTVアニメマギのBlu-ray/DVD限定版特典に掲載された「バアル攻略編」の別バージョン。マンガワン初掲載!!

 本日、マンガワンに掲載されたプロトタイプについて、冒頭でこのような紹介がありました。Amazonで調べたところ、どうやらTVアニメ1期円盤1巻限定版の特典でついてきていたようです。

 それにしても別バージョンというのがちょっと気になりますが、円盤特典のオリジナルバージョン?とは内容が違っているということなのでしょうか?私は円盤買っていないので確認できなくてすみません。

今回のプロトタイプを読んだ感想としてはざっとこんな感じですかね。
・もうすでにストーリーを知っている私達読者にとってはプロトタイプ版であると共にダイジェスト版といった感じ。
・物語のはじまりから最初の迷宮・バアル攻略までが2話でテンポ良くまとめられています。
・マギ本編やシンドバッドの冒険連載版の初期を彷彿とさせるような、心躍る冒険活劇がここにはありました。
・マギを読んでこんなにもドキドキワクワクしたのは随分と久しぶりな気がします。
・連載版との違いも含めて楽しめます。特にバアル攻略後の展開が連載版と大きく異なっていて興味深いです。これだけでも読む価値が十分あります。
・でもエスラさんの容姿は連載版の方が断然いいと思いました。
・そしてドラコーンの名前があいかわらず長過ぎる件についてw連載版と違いがあるのか比較する気さえ起こらないですw

 あとこれは漫画の内容とは全然関係のない、このブログについてのことですが、こうして平成○○年○○月○○日更新分と書いておくと、何ヶ月とか何年後とかに調べたいことが出てきた時に、確認しやすくていいですよね…という自画自賛のコメントでした←

マギ 第344夜(第344話)「全ては布石」の感想(ネタバレ有)

最新単行本第33巻が4月18日(火)頃発売!!

これまでの簡単なあらすじ

 アリババが白龍のベリアルによって異次元へと葬り去られてから、また再びこちらの世界に戻ってくるまでに一体何があったのか、アリババ本人の口から語られることに…!!

青の祓魔師 単行本第19巻の紹介と感想(ネタバレあり)

2017/04/04 06:04 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

本日、青の祓魔師の最新単行本第19巻が発売となりました。
ここ最近はリマスター版(電子書籍)も同日に発売されており、私が購入したのもリマスター版の方です。

19巻の表紙

は見るからに何やら企んでいそうなメフィストことの時の王・サマエルです。
いよいよこいつが本格的に動き出したことによって、物語の核心に迫っていくことに…

本編は第84話から88話まで

計5話&アニメアフレコレポ漫画が収録されています。
ちなみに同日発売のSQ.には最新話第89話が掲載されていました。

表紙カバー裏

には虚無界の権力構造と勢力対立図が載っています。
八候王内の序列や勢力図は気になっていたので、すごく興味深かったです。
っていうか、火の王や水の王がルシフェル派閥だったのが意外でした。
これまでの話の中でも、火や水の眷属は人間に協力的なように見えましたし、特に火の眷属のカルラやウチシュマーは腐の王の眷属である不浄王と対立していたので、てっきり火と腐は敵同士なのかとばかり思っていました。

今回の簡単なあらすじ

 今回、勝呂とライトニングは物語の核心に一気に迫ることに。そしてついにあの青い夜の衝撃の真相とサタン誕生の謎が明らかに。でも個人的にはしえみの(祓魔師になることを断念せざるを得ないほどの)秘密の方が気になるけど…

青の祓魔師 第89話「ハッピー(メリクリ)バースデー」の感想(ネタバレ有)

2017/04/04 00:01 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

本日、最新単行本第19巻発売!!
そして加藤和恵画集イロイロが5月2日(火)発売決定!!

今回の簡単なあらすじ

 ついにお待ちかねのクリスマス&お誕生日パーティーが開催されることに!いや本当みんなすごく楽しそうな笑顔で盛り上がっていますな…

マギ 第343夜(第343話)「とある空間」の感想(ネタバレ有)

最新単行本第33巻が4月18日(火)頃発売!!

シンドバッドの冒険について

 今週のシンドバッドの冒険は休載、その代わりこれまでのシンドバッドの冒険の軌跡をまとめた「シンドバッドの冒険の書」なるものが掲載されました。 ※いつもの横読みではなく縦読みとなっています。
 そして来週は「シンドバッドの冒険-プロトタイプ-」がマンガワンで期間限定初公開、再来週の4月12日(水)より新章がスタートするようです。

これまでの簡単なあらすじ

 シンドバッドは自分が神になったことがソロモンの意志だとまで言い切りやがったけど、はたしてそれは本当なのか、それともシンドバッドが自分に都合良く解釈しているだけなのか…

TVアニメ 青の祓魔師 京都不浄王篇 第12話「虚心坦懐(きょしんたんかい)」の感想

2017/03/26 08:16 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

不浄王を倒した後も、まだまだ問題は山積みのようですが、
とりあえず不浄王編がこのようなすっきりした形、大団円で終わってくれて本当に良かったです。

「わかりました、サタンの息子さんの仰せのままに」
つい少し前まで、皆、サタンの息子の燐にどう接していいかわからなくて、あんなにギクシャクしていたのに、
まさかこうして皆が燐をサタンの息子ネタで弄る日がやって来るとは…
ヤバいなんか目の奥からこみ上げてくるものが…すごく感慨深いものがありました。

「ずっと友達宣言かよ!」
しえみにとっての友達は、普通の人にとっての友達とはちょっと違う気がする…って友達いない俺が言っても何の説得力も無いんですけどね←
目を覚ましたら隣にしえみが寝ていたとか、しえみの無防備な寝顔と寝相にドキドキした!すっげードキドキした!
それにしてもしえみのあの言い方、燐でなくても絶対勘違いしちゃうだろうとw

「金閣寺さん、東寺さん」
京都の人達って、お寺にもさん付けするんですね、はじめて知りました。

「私は伏見稲荷」
どうでもいいけど出雲の私服姿が可愛すぎで抱きしめたい。
ちょっと志摩のやつ、出雲やしえみに馴れ馴れしすぎ(近すぎ)じゃないですかね!?
伏見稲荷の千本鳥居?の出雲がすごく絵になっていてドキドキしました。俺も出雲と伏見稲荷行ってみたいです。

「はいはい、俺は京都タワー!」
ここで逆に燐が(コラボイベントまでしているのに)言わなかったらどうしようかと思っていたので、ちょっとホッとしました。
でも自分、京都タワーがどんな場所なのか正直わからないでコメントしようがありません。
東京タワーの京都版…みたいな感じのところなのでしょうか!?

「じゃあ、撮りますよ。たーわあ」
いいなあ…(←何が?)
最初聞いた時「たーわわ」と言っているのかと思わず女性職員さんの胸のあたりに目が(←ちょw)
そういえばまだ京都タワーで青エクコラボやってましたっけ!?俺も京都タワーに行って写真撮ってもらおうかな!?←

「(燐のゼッテーお前を追い抜いてやるからに対して)それは僕のセリフだ。それが本当の僕なんだ」
前回の感想記事でも同じようなことを書きましたが、この不浄王編で燐は散々悩んで苦しんでようやく自分と向き合う(覚悟を決める)ことが出来たのに対して、雪男はまだ色々と自覚し始めたばかりでここからが本当のスタートといった感じがしました。

夏目友人帳 名前を教えての章 前編(第88話、LaLa2017年5月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2017/03/25 07:07 | 夏目友人帳 | コメント(0)

いよいよ来月4月からTVアニメ6期放送開始!
dアニメストアでも1日遅れでネット配信されるようです!
そして原作が3号連続で雑誌(LaLa)に掲載!

今回の簡単なあらすじ

 夏目が友人帳に名前を書かれた妖がいないか探していたところ、なんと友人帳に最初に名前を書かされたと言う妖が現れる。なぜ夏目の祖母のレイコさんは友人帳なるものを作る気になったのか、遂に友人帳の原点が明らかに…!?

マギ シンドバッドの冒険 第142夜「夢の途中」(平成29年3月22日更新分)の感想(ネタバレ有)

来週は休載、その代わりに今までのシンドバッドの軌跡をまとめた復習編が掲載されるそうです。

これまでの簡単なあらすじ

 セレン様達がシンドバッドの元から離れて行き、ドラコーンはかつての主のセレン様ではなく今の主のシンドバッドと共に行くと言ってくれて、だがしかしその後突然訪問してきたバルバロッサにドラコーンのことがバレてしまってさあシンドバッドどうする…!?

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編:第346夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第144夜 NEW!

単行本
├本編:33巻-4月18日頃発売予定
└外伝:13巻-4月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.345 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は4月19日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード
ブログパーツ