カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 夏目友人帳

夏目友人帳 名前を教えての章 後編(第89話、LaLa2017年6月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2017/04/25 07:37 | 夏目友人帳 | コメント(0)

今月発売のLaLaにも夏目友人帳が掲載!(3号連続掲載の2回目)
今月発売のLaLaには大森総監督&出合監督&神谷浩史さんのSPインタビューが掲載!!

これまでの簡単なあらすじ

 中級達から四方谷の大オバケの噂を聞き、夏目はニャンコ先生と二人で、友人帳に名が書かれているかもしれないその大物妖に会いに行くことに。そして実際に会ってみたところ、なんとその妖はレイコさんが友人帳に最初に名を書かせた妖であることが判明。やばいまさかここで友人帳の誕生秘話を聞くことになるなんて緊張してきたぞ…

TVアニメ夏目友人帳 陸 第2話「明日咲く」の感想

2017/04/21 00:03 | 夏目友人帳 | コメント(0)

今回の一番の見所は、何と言っても終盤で石洗いが石を洗う(石に筆で花のような模様を描く)シーンでしょう。
TVアニメであのシーンが(原作のイメージを損なうこと無くそれどころかさらに)美しく幻想的に再現されていてそれこそ思わず見入ってしまうくらいに…

今回の夏目友人帳も心温まるいいお話でしたね。
自分にはどうしようもない理不尽な出来事に襲われて挫折を余儀なくさせられた人(妖)にも、ちゃんと手を差し伸べてくれる人(妖)がいる=最後には必ず救いが用意されているのが、この作品のすごくいいところなんですよね。

はぅぅ~やっぱりタキは可愛いなあ。
タキが1話に続き2話でも登場したのはタキファンとしてはすごく嬉しかったです。
何しろ5期ではじめて登場したのが5話目になってからだと思ったので…

それにこうしてタキや田沼…人間の友達と妖怪の話でわいわい盛り上がれるなんて、少し前までだととても考えられないことです。
こうして普通の人間(と言い切れるかどうかは微妙ですが)の中にも夏目の良き理解者がいるというのはとてもかけがえのないことだと思います。
っていうか、もういっそのこと夏目はタキか田沼と結婚しちゃえばいいんじゃね!?←

人間よりも妖の方が対人?関係がストレートかつアグレッシブなんだよなあ。
あんなふうにまっすぐな気持ちをぶつけてこられたら、そりゃあ夏目が困っている妖を放っておけないわけだ。
そして夏目もだいぶ妖に対する接し方(妖のあしらい方)を心得てきたような感じがします。
(逆に人間同士だと相手に気を遣いすぎて逆にもどかしさを感じてしまう時も。それが人間のいいところでもあるんですけどね)

でも夏目が夜中に妖達とドタバタ騒ぎ過ぎな気が…
いくらあの優しい藤原夫妻でも全く気にしていないとも思えないのですが…

次回予告の田沼の慌てっぷり…これはもしかして夏目を巡って田沼と柴田が!?←

TVアニメ夏目友人帳 陸 第1話「つきひぐい」の感想

2017/04/13 04:41 | 夏目友人帳 | コメント(0)

TVアニメ6期に突入しても変わらぬ安定の夏目友人帳クオリティ。

今回は夏目が(悪意のない)妖の術で記憶喪失&子どもの姿になっちゃって、ニャンコ先生や田沼、タキと心温まる交流を繰り広げるお話でしたが…

夏目(の姿と記憶)が元に戻った後、ニャンコ先生や田沼、タキとどんなやり取りをしたのかが気になります。

ニャンコ先生が側にいてくれることの安心感。
夏目とニャンコ先生の関係は、人間と妖とか友達とかそんなもの超越した強い絆で結ばれているような気がします。

田沼とタキがいいやつ過ぎる件について。

田沼とタキがお似合いすぎてちょっと妬けてきてしまいます。
小さい夏目と三人でいると、まるで親子のように見えました。 っていうか、この二人、本当はもう付き合っていたりしないよね!?

タキの私服姿やエプロン姿が可愛かった!すっげー可愛かった!
ニャンコ先生を抱っこしている田沼をうらやましそうに見ているのにはちょっと笑いましたwしかも結局辛抱堪らずニャンコ先生をギュッてしちゃってるしw

「お祭り…釣り…まるでおとぎ話みたいだ…」
普通の人ならば夏目が可哀想だと思うところでしょうが、リアルぼっちの私はなぜか夏目のこの言葉に共感せずにはいられませんでした←

夏目友人帳 名前を教えての章 前編(第88話、LaLa2017年5月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2017/03/25 07:07 | 夏目友人帳 | コメント(0)

いよいよ来月4月からTVアニメ6期放送開始!
dアニメストアでも1日遅れでネット配信されるようです!
そして原作が3号連続で雑誌(LaLa)に掲載!

今回の簡単なあらすじ

 夏目が友人帳に名前を書かれた妖がいないか探していたところ、なんと友人帳に最初に名前を書かされたと言う妖が現れる。なぜ夏目の祖母のレイコさんは友人帳なるものを作る気になったのか、遂に友人帳の原点が明らかに…!?

夏目友人帳 月夜の夏目の章 後編(第87話、LaLa2017年3月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2017/01/24 14:53 | 夏目友人帳 | コメント(0)

TVアニメ6期2017年春放送決定!
今月号には柊が可愛すぎるドラマCDも付いてきています!

ドラマCD 夏目音戯帳 1.迷いし者 2.ニャンコ先生のお留守番

 今月号の付録としてついてきたドラマCDには、アニメ第五期脚本家によるオリジナルストーリー2編を収録…しているそうです。

 まだ全部は聞き終えていませんが、柊の愛が重い…もとい、主の名取を思うがゆえに後先考えずに突っ走ってしまう柊がツッコミどころありまくりで(うっかり主の正体が祓い屋だとバラしそうになったのには思わず吹き出しそうに)、柊が名取のことを好きすぎて心配し過ぎで、ちょっと?ズレている柊が可愛すぎて、ニヤニヤさせられまくりでしたwww

 でもこれは名取が柊のことを他の二人(笹子・瓜姫)よりも贔屓してしまうのもわかる気がします。それにしても柊って名取のことになるとこんなふうになるんだ…ちょっと意外だったかも。

これまでの簡単なあらすじ

 なぜか夜中、2階の西村の部屋に、夏目が窓から訪れてきて…!?

TVアニメ夏目友人帳 伍 第11話「儚き者へ」の感想

2016/12/21 21:03 | 夏目友人帳 | コメント(0)

今回のお話は5期を締めくくるにふさわしい夏目友人帳らしい終わり方でしたね。6期も楽しみです。

ニャンコ先生の他の誰よりも夏目のことをわかっている感が…
もはや夏目にはなくてはならないパートナーであり夏目の最大の理解者と言ってもいいのではと。

八ツ原の妖達どんだけ夏目が好きなんだよとw
特に中級達の空回りっぷりが色々酷かったですw

人間と違って妖は相手の事情とかおかまいなしに遠慮とかせずにグイグイ来ますよね。
でも夏目もまんざらでもなさそうな感じですし、
もしかして夏目は押しが弱いタイプに弱かったり!?

田沼のようにちゃんと事情を汲み取ってくれる人間の友人の存在も大きいですよね。
妖相手と人間相手では距離感がガラリと変わるのが見ていて興味深かったです。
人間と妖、どちらの関係も大切にしたいと思う夏目の気持ちがわかるような気がしました。

割烹着姿の塔子さんがマジ女神な件について。
塔子さんの卵酒、俺も飲んでみたい。
塔子さんにおでこに手を当てられたシーン、
塔子さんと距離が近くてドキドキしました←

夏目って頭良さそうに見えるけど、
意外と成績悪いんですかね。
いつも妖絡みのトラブルに巻き込まれているから、
勉強する暇がないとか!?

普通の家庭だと、成績悪いと親に怒られるけど、
塔子さんや滋さんは夏目が悪い点数取ってきた時何て言うんだろう!?

TVアニメ夏目友人帳 伍 第10話「塔子と滋」の感想

2016/12/15 06:06 | 夏目友人帳 | コメント(0)

今回は夏目の養父母の藤原夫妻、塔子さんと滋さんがメインの回でした。
今回、夏目が藤原夫妻に引き取られた経緯が描かれていて、
塔子さんと滋さんの人となりがよくわかる、私達夏目友人帳ファンにとってはとても興味深いお話でした。

滋さんも塔子さんもすごく優しくていい人達で、夏目がようやくできた自分の居場所を必死で守ろうとする気持ちがすごくよくわかりました。

塔子さんがまるで夢見る少女な件について。
そこらの女子中高生もよっぽど女の子していたようにさえ。
なんか塔子さんはタキと話が合いそうな気がしました。

妖は現実にいるかもしれないと思えるけど、
塔子さんのような可愛すぎる年配の女性は現実にいるとは思えない件について。

こんなに可愛すぎる塔子さんが若い頃どんな人だったのかすごく気になります。
作中では若い頃の塔子さんは後ろ姿しか描かれていませんでしたので。

塔子さんの可愛すぎる言動をいつも一番近くで見ている滋さんがどう思っているのかすごく知りたい。
一見平静を装っているように見えるけど実は内心萌え萌えキュンキュンしまくりだったりしてw←

夏目は藤原家に引き取られた後にニャンコ先生と出会ったのか…
藤原家に引き取られてからニャンコ先生と出会うまでどうやって妖が見えることを塔子さん達に隠していたのかが気になります。
きっと想像を絶する苦労だったんだろうなあと。

でも塔子さん(夏目が妖を見えることに)薄々気付いていそうな気がするんだよなあ…
夏目が塔子さんに白いカラスが見えると言った、あれと同じようなやり取りが一度や二度だけじゃないはず…

滋さんの包容力

TVアニメ夏目友人帳 伍 第9話「険しきをゆく」の感想

2016/12/07 23:56 | 夏目友人帳 | コメント(0)

俺も今からでももう少しだけ本気を出してみようかなと…
しいたけ妖怪こと三ツ皿を見ていたらそう思わずにはいられませんでした。

夏目はそろそろ夏目パンチ以外の攻撃手段…特に遠くを攻撃できる技の一つや二つ覚えた方がいいような気がします。
そうじゃないといくらなんでもこのままだと身が持たないぞと。

今回も安定の(何だかんだあっても最後はほろっと心温まる)夏目友人帳クオリティでした。
いつもと比べて夏目があまりひどい目に遭わない分、安心して見ていられもしました。
夏目とニャンコ先生と三ツ皿の掛け合いを楽しませて頂きました。

三ツ皿が獣に食われそうになっていたのを見て、
そういえばあまり深く考えたことありませんでしたが、
山には普通の動物もたくさん住んでいるのが当たり前なんですよね。
ぶっちゃけ熊などの猛獣と妖だとどちらが強いんだろう!?

私が今期のアニメで特に注目して見ているのは、
ニャンコ先生の夏目への接し方や距離感ですかね。
夏目のことを他の誰よりもわかっている感じなのが…

あともし三ツ皿が夏目を捧げると言っていたらどうなっていたのかがちょっと気になりました。

TVアニメ夏目友人帳 伍 第8話「歪みなき世界」の感想

2016/11/30 21:15 | 夏目友人帳 | コメント(0)

今回は原作でも屈指の人気を誇る(と思われる)名取さん&的場の過去話!!
祓い屋としてデビューしたばかりの高校生時代の名取さんがちょっと初々しくて新鮮でした。
年下の的場に対して意地を張ってムキになったりするところとかが…
名取という一人の少年が道を模索しながらライバルと切磋琢磨しながら成長していく物語をもっともっと見ていたいと思わずにはいられませんでした。

今回は夏目もニャンコ先生も出番無し
最近ニャンコ先生の特別編やら名取さんの過去編やらで、
最近出番が減ってしまっている主人公の夏目ですが、
次回はちゃんとしっかり出番があるようで一安心。

名取の家庭環境について
名取家はかつての祓い屋の家系だったということは、
名取さんの家族も妖は見えずとも妖の存在は知っているわけであって、
たとえ同じように妖が見える子どもでも、
名取さんは夏目よりはまだ恵まれていたのかな…まだ周囲の理解はあった方なのかな…なんて思っていたのですが…

名取家で名取さんに普通に接してくれていたのはお手伝いのスミさんだけ!?
これじゃあ周囲の無理解という意味では夏目と大して変わらないんじゃと。
それどころかどこにも逃げられない分、夏目よりもきついようにさえ思えました。

名取さんは昔からモテモテだったわけですが…
男女共に身近にいる魅力的な異性に憧れる気持ちはわからないでもないのですが、
だからといってほとんど話したこともない異性にいきなり告白しようとするのは理解できないかなと。
名取さんにも学校で周りに対等に接してくれるような相手がいてくれれば、
名取さんの学生時代もちょっとは違っていたのかもですが…

それでもタクマさんとか天崎さんとか名取さんを気にかけてくれた大人達が
かつてタクマさん達が名取さんを気にかけてくれたように、今は名取さんが夏目を気にかけてくれているのを見てもわかるように、
今の名取さんがあるのもある意味タクマさん達のおかげなのかなとも。

そして何より的場という同年代のライバルの存在が
名取さんにとっては大きな刺激となったのは間違いありませんな。
名取さんがあんな意地を張ってムキになるなんて、ちょっと可愛かった…じゃなくて、初々しくて新鮮でした。
やっぱライバルっていいですよね。夏目にもライバル現れないかな!?

TVアニメ夏目友人帳 伍 第7話「遠い祭り火」の感想

2016/11/23 21:22 | 夏目友人帳 | コメント(0)

今回は夏目が旅先で男友達と親睦を深める回でしたね。
特に田沼の知られざる意外な一面を知ることができて、
夏目も田沼もお互いの優しさにふれることによって、
お互いの距離がさらにグッと縮まったような気がしました。

田沼はマダムキラー!?
久しぶりに再会したおばさん達に可愛がられまくりで気恥ずかしそうな田沼を見て、
ニヤニヤしてしまうのと同時にもし自分が田沼と同じ立場だったらと思うと…
何しろまさかの要ちゃんでしたからねw
でもなんというか田沼、いい意味で愛されているなあと。

畑中さんという男性客が一番可哀想!?
てっきりあの二人カップルだとばかり思っていたんですけどね…
まあみんな大高という女のことを覚えていないのがせめてもの救いなのかな。

イトさんがどこからどう見ても人間のおばあさん!?
イトさんは人当たりの良い優しいおばあさんにしか見えなかったので、
正体が妖だとわかった時は恐怖を覚えずにはいられませんでしたが、
やっぱり人当たりの良い優しいおばあさんだった件について。
夏目の頭をなでてくれた時とか本物の人間のおばあさんみたいでグッときました。

イトさんを通して夏目と田沼の距離がグッと縮まった!?
夏目は田沼のために去り行くイトさんを引き留めようとして…
田沼は夏目という友人ができたことをイトさんに見せてあげようと…
夏目も田沼もお互いにとってこれ以上ない最高の友人じゃないですか!
二人共本当にお互いのことを大切に想っているのが伝わってきて…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第355夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第152夜 NEW!

単行本
├本編:34巻-6月16日頃発売予定
└外伝:14巻-6月16日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.354 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月28日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ