カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ TVアニメ2期

マギ TVアニメ2期 第14夜(第14話)「隠された民」の簡易感想

2014/01/12 19:17 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

マギ外伝「シンドバッドの冒険」アニメ化決定について


公式ツイッターがCMで大発表があるとツイートしていたので、何か気になっていたのですが、
いやまさかシンドバッドの冒険…外伝もアニメになるとは、これは本当に驚かされました。

「3巻DVD付特別版発売決定!」
ということはやっぱりOADなんですかね?詳細は17日発売の2巻でとのことですが…


新OP&新EDキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


今回からOPとEDが新しくなりましたが、どちらもなかなかいい感じじゃありませんか。

新OPと新EDで「二人(ふたり)」という単語が出てきていましたが、
OPの「二人」がアラジンとティトスで、EDの「ふたり」はアラジンとアリババのようですね。

OPのモルさんの手を耳元に持ってくる仕草が可愛かったです。

それにしてもナレーションとOP、ちょっとネタバレしすぎなんじゃ…


マグノシュタットの等級制について


「ゴイ」は言葉だけ聞くとちょっとわかりにくいかもです。
原作ではちゃんと「非魔導士」に「ゴイ」というルビ(読み)が振ってあるからわかりやすかったんですけどね。

一等から五等までの説明がされていましたが、
まだ二年生に進級できていない一年生達の扱いはどうなっているんだろう…?
三等?それともまだマグノシュタットの国民ですらない?


五等許可区の人達について


原作では若い男女がヤッちゃっているようにしか見えませんでしたが、
さすがにアニメでは無難な感じに直してきましたね…

ちょっと魔力を吸い取られるのさえ我慢すれば、
あとは働かなくてもいい、本能のままに生きられるなんて、ある意味うらやましいかも。

でもそこにはもはや人間の尊厳などなく、家畜のように扱われているも同然で、
それがわかっているからこそ、あの若者達もアラジン達の問いかけに本気で怒りかけたのでしょうね…


病気で今にも死にそうな幼い女の子・マルガ登場


それにしてもマルガはこんなにも愛らしくて可愛らしく、
まだ幼いのに両親がいない境遇でも一人で頑張って生きようとしている、
すごく健気でいい子なのにも関わらず…

そんな彼女を役立たずだと殺そうとする魔導士達には怒りを覚えずにはいられませんでした。

原作ではそれほどマルガが可哀想だとも魔導士が鬼畜だとも思わなかったのですが、
こうしてアニメで喋って動く姿を見ると、全然感じ方が違ってくるのには驚かされました。
(五等許可区でふしだらにはだけた女の人達がやたらエロく見えてしまいましたし)


今回のティトスの一連の行動について


きっとティトスは良くも悪くも子供のように純粋過ぎるのでしょうね。
(その理由は後ほど明らかにされていくと思われますが…)

でもアラジンやスフィントスが様子見だったのに対して、ティトスはマルガを助け出そうとした。
純粋だからこそ、自分がそうしたいと思うことを、しがらみに囚われずに行動に移すことができるのかもしれませんね。

そのティトスの純粋さが、どのように周りの人達や物語を動かしていくことになるのか、注目していきたいです。

マギ TVアニメ2期 第13夜(第13話)「ティトス・アレキウス」の簡易感想

2014/01/05 19:20 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

エンディングクレジットを見ていて幾つか気になったことが…


「ソロモンの妃(CV岡田栄美)」

アラジンが夢で見たアルマトラン滅びのシーンに、
ソロモン王の隣で、ソロモン王と話していた女性がいましたが…
この女性がソロモン王のお妃様だったんですね。
うーん原作ではこのシーンあまり気にしていなかったので、
ソロモン王に妃…妻がいたことにちょっとびっくり。


「アラン(CV増元拓也)、セレス(CV諏訪彩花)、リンリー(CV河合紗希子)」

このあたりが新登場のモブキャラのようですが、
原作にも名前出てきませんし声優さんにはあまり詳しくないので誰が誰だか…

リンリーは声優さんがツイッターでポンポン頭の女の子と言っていたので、
おそらくティトスの部下(取り巻き)達に追い出されそうになったあの子ではないかと。
そういえば紅覇の部下の麗々(れいれい)も同じ声優さんでしたが、まさかスパイ?

アラジン達が二年生に進級してから出会った金髪の女の子のことがちょっと気になっています。
あの三日月っぽい形の額の飾りが特徴的で、ちょっと胸元がはだけた、金髪三つ編みおさげの女の子です。
原作ではほんの数コマしか出番がなかったけど、TVアニメでは一年生の時の才凛と同じポジション?
エンディングクレジットにあったセレスがこの子なんですかね?
セレスの声優さんのツイッター見てみてもよくわかりませんでした…


ティトス・アレキウスについて


TVアニメのティトスは原作以上にどう見ても可愛い女の子でしたね。
アラジンがティトスの胸を揉むシーンが予想以上にヤバかったです。
声優さんは男性ということでちょっと不安だったのですが、
いざ声を聴いてみると、ティトスの声はこの人しかいないという位、イメージにピッタリの声でした。

今回はティトスとの出会いのシーンから、実戦形式の試合、ラストのシェヘラ様とのやり取りまで、
ほぼ原作に忠実にアニメで再現されていたので、原作ファンも安心のクオリティと面白さだったのではないかと。

ただティトスは、あんなにルフがざわめいていたら、他の魔導士達にも気付かれてしまうんじゃ…

ティトスはマギではなく、レームのマギのシェヘラ様の手の者…部下だということが判明しましたが、
マギじゃないのになぜルフがざわめいたのか…については後々明らかになっていくでしょうね。
それよりも何らかの任務で潜入している割には、色々と危うい(目立ち過ぎな)ところが気になりますね…


ヤムさんことヤムライハは、アラジンの回想シーンで登場


ティトスはシェヘラ様と交信していましたが、
アラジンはまだルフの瞳でヤムさんと連絡を取れないのでしょうか?
やはりマギ本来の魔力がないと、シンドリアのヤムさんと交信するのは無理なのか…

それにしてもやっぱヤムさん年上可愛いよなあ…すごく癒やされます…

そういえばアラジンの魔法スタイルはヤムさんを彷彿とさせると言われていましたが、
シンドリアのアラジンと言われていたことからも、もう既にヤムさんとの関係とかもバレていそう…


スフィントスについて


スフィントスはアラジンのことが好きだからもっと一緒にいたい構って欲しいと思っているんだけど、
そんなスフィントスに対してアラジンはそっけない対応でスフィントスはちょっとショックを受けていたりして、
ガチ両想いのアラジン×アリババとはまた違って意味で面白い組み合わせ…関係だと思いました。

っていうか、あのスフィントスの首に巻き付いている蛇…TVアニメで見るとすごい光景だなあ…

マギ TVアニメ2期 第12夜(第12話)「新たなる皇帝」の簡易感想

2013/12/22 18:40 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

来週はお休みで、次回の放送は2週間後の1月5日(日)午後5時~になるようですね…

今回は色々な人の見せ場がありましたが、
最後の最後で、次回予告のティトスが全部持って行ってしまいました。
っていうかティトス可愛すぎだろう、これはどこからどう見ても美少女にしか…

練紅炎達の父親は紅徳、白龍・白瑛の父親は白徳、という名前だったんですね。
夏黄文は玉艶が紅徳の後妻になって、白瑛が第一皇女になったと言っていましたが、
それじゃあどうして白龍は第一皇子になれなかったのかな?序列は年齢順で決まったとか?

白瑛さん(の下ろした髪とか唇とか胸元とか)が大人の女性のフェロモン出しまくりで、
そんなちょっとエロっぽい白瑛さんに、ヤムさん派の自分もドキドキしまくりでした。
しかも水樹奈々さんのあの艶やかな声で話しかけられるともうっ!もうっ!
あんな美しいお顔についた頬の傷がまたたまらないのですよっ!

今の恋に恋する純粋無垢な少女の紅玉もいいのですが、
昔の陰鬱で病んでいた紅玉もそれはそれで…すごくいいっ!
あの頃の紅玉は何とかしてあげたい放っとけないオーラが出まくりなんですよね。

Aパートの中盤では、夏黄文無双な展開になっていました。
しかし夏黄文はシンドリアでの一件からもどうしようもないクズですが、
それでもこうして誰もが諦めていた紅玉を見事立ち直らせるなど、
臣下として主を引き立てる才能があるんですよね…

でも今回の夏黄文の言動を見てちょっと不安に思ったのですが、
まさか新皇帝の玉艶の側に寝返る…なんてことはしないよね?

それにしても白瑛さんも紅玉も、紅炎にあっさり丸め込まれていたのはどうなのかなと。
それはつまり白龍の言う通り、力ずくで他国を侵略することに他ならないのにね。
紅炎がカッコいい男性で、白瑛さんも紅玉も女性だから、というのも大いに関係ありそうです。

特に紅玉は、紅炎に戦争を止めてと言おうとしていたはずなのに、
紅炎にそれとはまるっきり真逆のことを言われたにも関わらず、
よくわからないけど紅炎が何かすごいことを言ったからお兄様すごいとか、
おバカさん過ぎだろ(そこが紅玉の愛すべきところでもあるんですけどね)…

玉艶ババアの紅炎やジュダルに対しての擦り寄りっぷり(特に紅炎に対する手の動きとか)…
原作でもそうでしたが、アニメではより一層すごくすごく気持ち悪かったです。
でも年上の女性の魅力という点では、娘の白瑛さんの方が圧倒していましたけどね。

しかしこのタイミングで国を二分しかねないことを…
一体玉艶とアル・サーメンは何を考えているんですかね?
もしかすると煌帝国を二分する事こそが彼らの狙いなのかも…?

紅炎がうまく丸め込んできたのに対して、白龍のあのやり方はまずかったですね。
タイミング的にもそうだし、白瑛さんの気持ちを全く考えずに、自分の考えを強引に押し付けるのも。
白瑛さんは少し時間をちょうだいと言っていましたが、あの反応はもう拒絶されたも同然かと。
この世で唯一頼れる存在の実の姉に拒絶された白龍の心境は…言うまでもありませんね。

さらに憎き敵の玉艶には手も足も出ずにやられてしまい、ますます追い詰められていき、
もう手を差し伸べてくれるのは、一番力を借りたくないはずだった、ジュダルだけという…
誰からも拒絶されてしまい、堕ちていく白龍の姿はとても見ていられませんでした。
ジュダルと手を組むというのは、考えうる限り最悪の選択肢だと思われますが、白龍どうするつもりなんだろう…

マギ TVアニメ2期 第11夜(第11話)「大峡谷」の簡易感想

2013/12/15 19:20 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

うーん、たしかにモルさんは可愛かったけど、
白瑛&白龍姉弟登場の場面は盛り上がったけど…

ここでアブマド&サブマド兄弟を登場させたことで、
(本来原作ではザガンの島で登場するはずだった)
どうしても違和感というか辻褄を無理矢理合わせた感が…

そもそもモルさんとこの二人というのが無理がありました。
モルさん再会した後もしばらく二人が誰か思い出せていなかった位でしたし。

原作だとアリババがいたので、二人とも色々話ができたし、
アリババが二人と再会し、二人の現状を知ることに意味があるのだし、
それによってこの二人が以前とは変わったというのも、より実感ができたのに…

「モルジアナ、おまえいいヤツ ともだち。」
この原作で登場したトランの少年については、いなかったことになってるし。
おそらくモルさんに少なからず好意を抱いていたかもしれないのに可哀想に…

「森でさまよっていた私を、村であたたかく迎え入れてくださって…… (トランの言葉も)少し覚えました」
こんな改変…改悪などせずに、原作のこのエピソードを原作通りアニメでやって欲しかったです。

「白瑛殿は「眷属」の数と戦力なら煌帝国随一ですね!」
練紅明のこの皮肉混じりのセリフもカットされていて残念でした。
これで紅明の性格と、紅明が白瑛達をどう見ているのか、わかるセリフだったのに…

次回の白龍と煌帝国の人達とのやり取りは、
マギ屈指の名場面だと思っているので、
改悪せずに原作通りにやってほしいものです。

マギ TVアニメ2期 第10夜(第10話)「最高司祭」の簡易感想

2013/12/08 17:49 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

ここ最近は冒頭に(前回までのあらすじの)ナレーションが入るようになったみたいですね。

公式ツイッターで「アリババが漢になります」とあったので、
TVアニメ版ではついにアリババにも彼女が~と思ったのですが、
そんなことは全然なくてちょっとだけ安心しました。

トトはアリババのことを意識しちゃっているようですが、
アリババは全然全くこれっぽっちも気付いている様子ありませんしね…

いくつか小さな改変はあったものの、
基本的には原作に忠実にストーリーが進んでいました。
アリババとガルダの戦いも若干描写がソフトになったのを除いては、
ほぼ原作通りで特に不満はありませんでした。

ただ一つ不満があるとすれば、
あのガルダの作画についてもう少し何とかならなかったのでしょうか?
なんか無駄に大きいだけで、怖さや迫力をあまり感じられなかったです。

今回は新登場のレームの女性陣にも注目していきたいと思います。

まずはアスミンのトトが予想以上に可愛い件について。
(前回も同じようなこと書いた気がしますが)
原作よりも何割増しも女の子っぽくなっていてすごく…いい!

ついにシェヘラ様のお声を聴くことができました。
シェヘラ様の声優さんは坂本真綾さんのようですが、
シェヘラ様の声はこれしかないと思えるそんなお声でしたね。
見た目通り愛らしく可愛らしくも、気品や高貴さも兼ね備えているという…
(俺もシェヘラ様に頭なでなでされたいですぅっ!!これはムーじゃなくてもシェヘラ様の虜になってしまいます)

そしてムー団長の妹のミュロンは初登場?になるのかな?
ボクっ娘で、最後に「のだ」をつける、その独特な口調がまたたまらなく可愛いんですよね。

次回はまた舞台が変わって、モルさんがメインのお話になるようですね。
ついにモルさんはファナリスの故郷であるカタルゴ=暗黒大陸の大地に立ったわけですが、
奴隷狩りに狙われないかとかすごく心配なのですよ…

マギ TVアニメ2期 第9夜(第9話)「レーム帝国」の簡易感想

2013/12/01 18:12 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(2)

残念ながら今回はヤムさんの出番がありませんでした。
ヤムさんに会いたいよ…ほっちゃんのヤムさんの声が聴きたいよ…
いつになったらアラジンはルフの瞳を使ってくれるんだろう?

あすみんのトトが予想以上に可愛すぎでした。
トトのポロリのシーンは最大の見せ場だったのに…
アニメでももう少し頑張って欲しかったデスね。

シェヘラ様は…お姿のみでお声を聴くことはできませんでしたね…

ガルダが原作よりも凶悪になっていてちょっとビビりました。
これまでアリババが戦ってきた化け物達程には強くなさそうに見えますが…

マギ TVアニメ2期 第8夜(第8話)「特訓の日々」の簡易感想

2013/11/24 19:18 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

今回は冒頭でヤムさんの(アラジンの回想シーンではない)出番がありました。

いつも同じことばかり書いて申し訳ないのですが、
ヤムさん年上可愛ええ…ヤムさんのおっぱい…すごく癒やされます…
堀江由衣さんの声がヤムさんのイメージにぴったりでいいんですよね…

今回のお話の内容は一言で言えば「魔法学園モノ」でした。
最初は本当にダメダメだった落ちこぼれの主人公が、鬼教官のしごきに必死についていって、挫けそうな時にはマイヤーズ教官のおっぱいを支えにして、クラスメイト達と一緒に頑張って成長していくという、ある意味お約束といえばお約束の少年漫画王道の展開でしたが、だからこそ最後にアラジンが成長した姿を見せた時には思わずグッときてしまったのですよ…

OPの直後に登場した、黒猫を連れた魔法使いのお姉さんがちょっといいなあと思いました。
(お姉さんが乗っていた杖になりたい…)

いつもアラジンと一緒に頑張っていた、おさげっ娘の才凛が私のツボ…モロ好みのタイプでした。
(もし私がアラジンだったら、マイヤーズ教官のおっぱいなんかよりもよっぽど才凛の存在の方が支えになったような)

それにしてもTVアニメで改めて見ると、マイヤーズ教官はすごい格好をしているなあ。
(あれは軍人というよりもむしろどこぞの夜のお店の女王様的な感じの…)
パルテビア出身ということは、シンドバッドとも顔見知りだったりするんですかね?

スフィントスの第一印象は魔法使いの家系に生まれたエリートで、
落ちこぼれのアラジンのことなど歯牙にもかけない…ように見えて、
実は自分の話を聞いて欲しいかまってちゃんなのには笑いました。
それにしてもあの蛇はただのペットなのかそれとも使い魔的なアレなのか…

来週は舞台がレーム帝国に移って、アリババのお話になるようですが…
今週のアラジンよりもキツく苦しい状況になりそうですね…

マギ TVアニメ2期 第7夜(第7話)「練紅覇登場」の簡易感想

2013/11/17 19:48 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

はぅ~、ヤムさん年上かわええ…ヤムさんおっぱい…
ヤムさんすごくアラジンのこと考えてくれていることが伝わってきてもう…ヤムさん大好きだ…
それにしても随分と久しぶりにヤムさん分を補給したような気がします。

今回おっぱい大きなお姉さん達はたくさん登場しましたが、
やはり自分的にはヤムさんは別格というか特別なんだということを改めて再認識しました。

アラジンは自分の魔力しか使えないとのことですが、
まさか魔力不足でルフの瞳を使えない…なんてことにはならないよね?
ヤムさんが回想シーンでしか出てこないなんてそんなのいやだ…

今回は可愛いモルさんをいっぱい見ることができましたね。

前回の白龍との一件で、モルさんすっかり元気がなくなっていましたね。
それでもアリババのおかげ?でモルさんは食欲と笑顔を取り戻していましたが、
そこがアリババと白龍の大きな違いなのかもしれませんね…

イライラしているモルさんも、ボリボリ食べているモルさんも、
ウソついてお姉さんのお店に行ったアリババに激おこプンプン丸なモルさんも、
スヤスヤ寝顔のモルさんも、どのモルさんも可愛かったです。

でもやっぱりモルさんが一番可愛いのは、アリババに優しくされた時かな。
アリババに手を取ってもらって一緒に踊ったり、アリババにプレゼントを貰ったり、
そういう時は決まって無表情なんだけど、そこがまたすっげー可愛いんですよね。

たしかにアリババはモルさんにウソついてお姉さんのお店に行ったのは最低でしたが、
一番人気の女の人を呼んだ時点である程度オチが予想できたと思ったら…案の定の展開でワロタw

それでも最後はモルさんにプレゼントをして、モルさんを安心させていたのが、さすがだなと。
アリババからもらった首飾りを付けてアリババを見送るモルさんの笑顔がそれを物語っていました。

練紅覇は見た目のイメージでてっきり女性声優さんが声を当てられているものだとばかり思っていたので、
男らしい声(男性声優さんなんだから当然だけど)をしていたのには少し意外で驚かされました。
それにしても練紅覇は取り巻きの女の人達を叩いたりしてもむしろ喜ばれるとかうらやましすぎです…

大聖母の海賊に続いて、盗賊も魔法道具を持っていたのは気になりますね。

そしていよいよ次回から本格的にマグノシュタット編に突入することになるわけですが、
はたしてアラジンをどんな出会いが待っているのか、マグノシュタットとはどんなところなのか、今後の展開に期待したいところです。

マギ TVアニメ2期 第6夜(第6話)「優しい人」の簡易感想 (11/03)

2013/11/10 18:07 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(0)

今回は(特にアラジン達と白龍の関係において)ある意味ターニングポイントとなる回でしたね。

まずこのブログ的にはヤムさんことヤムライハについて触れようと思いますが、
今回は(も?)物の見事に出番がありませんでした…
でも来週は煌帝国のおっぱい大きなお姉さん達がいっぱい出てくるようなのでそこに期待、かな…

モルさんのスカートの中、なんか黒い影でよく見えなかったのですが…

白龍はね、もう思い込んだら周りの声(忠告)とか一切聞こえずに突っ走っちゃうタイプなんですかね。
全然相手の気持ちとかも考えずにただ自分が正しいと思うことを相手にも押し付けているだけのような気が…
そんなんじゃ誰からもわかってもらえず孤立していく一方だと思うのですが…

やはり今回の一番の見どころは白龍がモルさんにプロポーズしてフラれるシーンでしょうね。
全然空気とか読まずに相手の気持ちも考えずに強引にキス⇒求婚する白龍も白龍ですが、
あんなふうにモルさんに泣いて拒絶されるのはさすがに白龍じゃなくてもキツいかもです…

でもどうしてモルさんは白龍を説得しに行こうとするアリババを必死になって止めたんだろう?
なぜアリババじゃなくてアラジンならば良かったのか?
自分がアリババを好きだから、自分がフッた白龍に申し訳ないとか?
それとも自分と白龍の間にあったことを、アリババには知られたくなかったから?

・大聖母に操られて、アリババと敵対しバトル
・大聖母を母親だと思い込んだまま公開処刑
・そのことでオルバ達から恨みを買う
・原則論で非情に徹してオルバ達を突き放す
・モルさんにキス⇒求婚するも自爆
・アラジンを誘うもやっぱりわかってもらえず

 こうして今回の白龍の一連の行動を振り返ってみると、必ずしも白龍が間違っているわけではないような気もするのですが。ただちょっと言い方とかやり方がまずいというか、さっきも書いたように相手の気持ちを考えていないというか、私怨や私情に走り過ぎというか。

 そういう意味ではアリババと白龍は対照的だったと思えます。アリババのおかげでオルバも他の海賊達も救われた…とまではいかなくても、生きていこうと思えたのでは。そこが白龍とアリババの差…なんですかね…

 しかし白龍の母親の玉艶のクズババアっぷりときたら…大聖母なんてとても足元にも及ばないとさえ思えるくらいでしたね。なぜ恨みを買っているのがわかっていながら、白龍を生かしているのかが気になりますね…

マギ TVアニメ2期 第5夜(第5話)「母」の簡易感想

2013/11/03 18:14 | マギ(大高忍) マギ TVアニメ2期 | コメント(2)

今回のお話はそれほど改変については気になりませんでした。
(原作単行本と読み比べてはいないので、ちゃんと比較はしていませんが…)
でもやっぱり改変するメリットもほとんど感じられませんでした。

今回はモルさんがモルさん無双の活躍ぶりでした。

いつもの無口なモルさんも踊っている時のモルさんも可愛いけど、
やっぱりモルさんは戦っている時のモルさんが一番モルさんらしくて可愛いですよね。

モルさんが壁の穴から出てきた時、
スカートの中が見えそうで見えなくてドキドキしました。
あれ、アリババや白龍達からだと、絶対中見えてるだろ…

大聖母の魔法道具によってアラジン達が大聖母に自分の母親の姿を重ね合わせていましたが…

白龍の母親の玉艶はこれが初登場になるんでしたっけ?
白龍はモルさんとの会話の中で母親のことには触れていませんでしたが、
その理由については次回あたりに明らかになるのかな?

自分的には母親達の中ではアリババのママンが一番好みのタイプでした。
年上の可愛い母親で、しかもあの言葉遣いなのがモロ私のツボでした。

大聖母の魔法道具がアラジン達に効きにくかったのは、
大聖母は彼らが見た目は子供だけど中身は大人とか言っていましたが、
それではなんのことやらわかりづらいですよね。
大人の経験していれば大人なのかとも思っちゃいます。

原作のように「自立」していると言ってくれればわかりやすかったんですけどね。
それにアラジンの場合は母親との思い出がなかったので、
なおさら魔法道具が効きにくかったのでしょうしね…

白龍ェ…一人だけ大聖母の術中に物の見事にハマっちゃっているし。
はたして白龍は大聖母の洗脳をはねのけることができるのかそれとも…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ