カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » .横田卓馬

あのオナマスの横田卓馬先生の新連載が月刊ヤンマガで始まるらしいです。

ソース:http://www.bookclub.kodansha.co.jp/kodansha-box/topics/dangerous/

 この前、ジャンプ本誌に読切が掲載されたばかりなのにマジですか。釣りとかネタじゃないですよね?小説版のあらすじを読んでイラストも見てみたけど、自分的にはトレジャーの戦下に咲くやNEXT!のドラゴンシャフトの方が好きかなあ。まあこれが本当だとして、トレジャー佳作受賞の時から応援している先生なので、月刊ヤンマガでも頑張って欲しいですね。

競技ダンス部へようこそ(by横田卓馬先生)の感想

 ついにあのオナマスのYOKO氏こと横田卓馬先生がジャンプ本誌に読切デビュー!トレジャーで佳作受賞、NEXT!に読切掲載ときて、ついにここまでやってきましたよ。なお、トレジャー佳作受賞作とNEXT!の読切については、当ブログでも感想を書いていますので、下記にリンクを貼っておきましたので、興味のある方はどうぞ。

戦下に咲く(by横田卓馬先生)の感想(トレジャー佳作受賞作)
転生変身DXドラゴンシャフト(by横田卓馬先生)の感想(ジャンプNEXT!2011WINTER掲載)

 今回の読切は高校の競技ダンスの部活をテーマにしていて、トレジャー佳作受賞作やNEXT!読切とはガラリと絵柄や作風が変わっています。担当の中路靖二郎編集曰く、『青春どストライクな熱さと甘酸っぱさと思わず「あるある」と思ってしまうエピソード満載!』ということなので、さっそく心躍らせながら読んでみることに…

あのオナマスの横田卓馬先生がジャンプ本誌で読切デビュー!!タイトルは「競技ダンス部へようこそ」!!掲載は週刊少年ジャンプ46号(10月24日(月)発売)

【関連記事】
戦下に咲く(by横田卓馬先生)の感想(トレジャー佳作受賞作)
転生変身DXドラゴンシャフト(by横田卓馬先生)の感想(ジャンプNEXT!2011WINTER掲載)



 この日が来るのをどんなに待ちわびたことか…

 しかしこれまでの作品と比べるとガラリと絵柄も作風も変えてきましたね。普通の部活ラブコメになるのか、それとも横田卓馬先生のことだから私達読者をあっと驚かせるような仕込みがあるのか。とにかく横田先生の漫画をジャンプ本誌で見られるというだけでもう楽しみで仕方ありません。

転生変身DXドラゴンシャフト(by横田卓馬先生)の感想

 あのオナマスのYOKO氏がジャンプNEXT!2011WINTERで商業誌デビュー!あの「戦下に咲く」で第29回トレジャー新人漫画賞佳作を受賞してから1年ちょっと、ついにこのときがやってきました!

 今回は平成ライダーが大好きだという横田卓馬先生が理想の変身ヒーローを描いた入魂の一作。正体不明のヒーローが怪物に立ち向かう!というまさに変身ヒーローものの王道をいく漫画です!!

 遠い思い出の向こうに守ってくれたアイツがいた。でもその幼なじみの男の子、変身ヒーローが大好きだった竜醒は一年前に失踪してしまった。それと時を同じくして、この街では連続失踪事件が頻発しだすようになった。そしてこの漫画のヒロイン・仄香も犠牲者の一人になりかけたそのとき、彼女を助けてくれたのは正義の変身ヒーローだった!

2011年1月8日(土)発売の少年ジャンプNEXT!に横田卓馬先生の新作読切が掲載される件について

戦下に咲く(by横田卓馬先生)の感想

「戦下に咲く」が第29回(1年前位?)トレジャー佳作を受賞して以来、しばらく音沙汰がなかったのですが、
ついにオナマスのYOKO氏こと横田卓馬先生の新作読切がジャンプNEXT!に掲載されるようです。

新作読切のタイトルは「転生変身DXドラゴンシャフト」
記憶喪失のヒーローが怪物に立ち向かう…!!お話みたいです。

あいかわらずヒロインは可愛いし、これは期待できるんじゃないかと。
ぜひこの勢いでジャンプ本誌でも連載を勝ち取ってほしいものです。

戦下に咲く(by横田卓馬先生)の感想

漫画賞TOPページ| 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 そんなわけでついに本日、期待の新人・横田卓馬先生の第29回トレジャー佳作受賞作「戦下に咲く」が週刊少年ジャンプ公式サイトに掲載されました。自分はよく知らないのですが、オナマスのYOKO氏といえばネット上では有名みたいです。

 公式サイトのあらすじによると、人類の敵“鎧虫”と戦えるのは“花戟使い”と呼ばれる花の能力をもって戦う人間の戦士だけ。そして作品内では彼らの激しい戦いと悲劇を描いたドラマチックな物語が展開していきます。まだ高校生の葉一郎と花穂も否応なしにその戦いに巻き込まれていくことに…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ