カレンダー(月別アーカイブ)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍)
カテゴリー  [ マギ(大高忍) ]

マギ シンドバッドの冒険 第179夜「帰還」(平成30年3月14日更新分)の感想(ネタバレ有)

今回もヤムさんこと魔法少女ヤムライハが可愛かったです(小並感)。

マギ シンドバッドの冒険 第178夜「魔導士ヤムライハ」(平成30年2月28日更新分)の感想(ネタバレ有)

本日マンガワンにシンドバッドの冒険第178夜が掲載(更新)されました。
今回はサブタイトルからもわかるように我らがヤムさんが登場するヤムさん回となっていますが、まだ少女の頃のヤムさんがもう可愛いの何のって…

3週間?4週間?の休載期間を挟んでまたシンドバッドの冒険を毎週読むことができると思っていたら、なんと更新情報が「隔週水曜日更新中!」となっているじゃありませんか。
でもまあ自分的には隔週でもいいのでマギが読めればそれだけでもう十分な気がします。

そうそう大高忍先生のバックステージが久々に更新されていましたね。
自分は基本カシムと同じタイプだと思っていますが、、逆の意味でアルバとも通じるものがあるような気がします。

最新単行本第17巻ももちろん買いました、ちなみに今回もペーパー付きのやつです。
シンドバッドはチョコをもらいたい誰か特定の相手がいるのかどうかが気になりました。まさかジャーファ…
あと17巻読んでいたら、そういえばジュダルとメンフィスが二人がかりでセレン様を止めようとしていたんだなと…ジュダルのことだからメンフィス置いてけぼりにして(セレン様に恐れをなして)一人で逃げ出したのかなと…

とまあ色々と前置きが長くなってしまいましたが、今週の感想へと移らせて頂きますね。

マギ シンドバッドの冒険 第177夜「終幕」(平成30年2月7日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

次回は2月7日にPRを更新しますとのことでした。
PRって、単行本PR漫画のことでしょうか!?

2/7追記
PR漫画というよりは次のシリーズの予告でしたね。
2月28日からマギ本編へと連なる「エピローグ」が連載開始とのことでしたが、あとどれだけ連載が続くのかが気になるのと、下で予想したようなヤンバルやヤムさんのあれやこれやのお話を期待してもいいんですよね!?よね!?

今回で「シンドリア建国編 完」ということはまだ連載は続いていくと思ってもいいんですよね?
おそらくこの後シンドバッドはヤンバルで魔力操作を覚えるんじゃないかと予想していますが、個人的にはヤムさんが八人将に加わった時のエピソードも読んでみたいし(鬼倭はあまり興味ないかも)、できることなら葉王としてアラジン達の前に現れる所まで続いてほしいですね。

とりあえず私が今一番気になっているのはバルバロッサの生死と今回の一件で七海連合の他の国々との関係が変わったのか変わっていないのか…ですかね。

マギ シンドバッドの冒険 第176夜「終わりのその先」(平成30年1月31日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

今回のお話であらかた決着がついたのではないかと思われますが、あとはバルバロッサがどうなったのかがものすごく気になるところ…

マギ シンドバッドの冒険 第175夜「降臨」(平成30年1月24日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

本日、マンガワンでマギシンドバッドの冒険第175夜(先読み分)が更新されました。
なお次回(先読み分?)は2週間後の1月24日に更新されるとのことです。

前回ファーランは堕転やイル・イラー、アル・サーメンの目的などについてべらべら喋ってくれましたね。

でもまあセレン様を暗黒点に仕立て上げ、依り代としてイル・イラーを降臨させる所まで成功させたのだから、ファーランがもはやうまくいったと思うのも無理ないこと。しかしこの時ファーランはまだシンドバッドがダビデと繋がったことを知らなかったわけで…

マギ(大高忍先生)関連情報個人的まとめ。随時更新予定…多分。

□【単行本】36巻 (表紙絵) (特典ペーパー) が10月18日(水)頃、最終巻37巻 (表紙絵) が11月17日(金)頃発売

□【外伝】シンドバッドの冒険(マンガワン・裏サンデー(1週遅れ)連載中)は連載継続
※漫画担当の大寺義史先生のあとがきコメントより

□【作者ブログ】大高忍の手書きブログ(移転後) (移転前)
※最終更新日2017年1月22日

□【公式】大高忍サンデーまんが家バックステージ(WEBサンデー)
※マギでの更新は今回が最後とのこと。主要キャラ全員集合の37巻表紙に思わずぶわぁっ。(でもよく見ると8年間応援ありがとうございましたの裏に隠れてしまっているキャラが約2名…ピスティとスパルトス…)

□【作者ブログ】2011年9月29日 スパルトスとピスティとシャルルカン(大高忍の手書きブログ)
※せめてこちらでピスティとスパルトス分を補給

□【ニュースサイト】2017年10月11日 「マギ」今号のサンデーで完結、次号「MAJOR 2nd」重大発表(コミックナタリー)
※「MAJOR 2nd」重大発表ってTVアニメ化!?それともまさかの実写化!?

□【ニュースサイト】2017年10月11日 マギ:「サンデー」の人気マンガが8年の連載に幕 テレビアニメ化も話題に(まんたんウェブ)

□【ニュースサイト】2012年07月16日 マンガ質問状:「マギ」 連載終了かというピンチも テレビアニメ(※1期)が10月スタート(まんたんウェブ)
※TVアニメ1期開始前(5年前)に掲載された記事

□【二次創作】マギ 最終回 | pixiv

□【二次創作】「シンドリアの女神」の人気イラストやマンガ・画像 | pixiv (スマホ版)

マギ シンドバッドの冒険 第174夜「暗黒点」(平成30年1月10日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

突然ですが、マギのクリスマスカードが届き(当たり)ました!
大高先生小学館の方々最高のクリスマスプレゼントありがとうございます!
ぜひ年賀状の方もなにとぞよろしくお願いします!←

…っと、それでは話をシンドバッドの冒険に戻すことにしましょう。

まずは今後の連載スケジュールについてですが、
来週はやはり年末年始休みで、次回更新は1月10日(水)になるそうです。

さて前回どこまで話が進んだかといえば、一人シンドリアに残った(戻った)シンドバッドは、ファーランが巨大な蜘蛛の怪物を使って何やら得体の知れない儀式をしようとしている現場に遭遇して、その蜘蛛の怪物がセレンディーネの変わり果てた姿だということに気付いてそれから…

マギ シンドバッドの冒険 第173夜「シンドバッドという男」(平成29年12月27日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

サンデーもジャンプもマガジンも合併号休みの週に、こうして更新があるのは本当にありがたいです。
ちなみに来週も最新話・第174話の更新があるようです。

今回のサブタイトルからもわかるように、いよいよ主人公のシンドバッドにスポットが当たることになりそうです。
シンドリアでわずかながら生き残った人たちが船でレームへ脱出する中で一人シンドリアに残ったシンドバッド、あとはセレン様とファーラン、ジュダル、バルバロッサがどう動くのかが気になるところですが…

マギ シンドバッドの冒険 第172夜「誰が為に」(平成29年12月20日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

今週は172夜でいいんですよね?(2ページ目のサブタイトルのところで173夜となっていたので。)

来週はサンデー本誌は合併号休みですが、マンガワンは先読み173夜が更新されるということでいいんですよね?(172夜と173夜の表記がごっちゃになっていたのでちょっと不安ですが)

前回ルルムさんのあの変わり果てた姿を見せられ怒りを抑えられなくなったヒナホホが同化&堕転の危機で、一体どうなってしまうのか…

マギ シンドバッドの冒険 第171夜「ルルム」(平成29年12月13日更新先読み分)の感想(ネタバレ有)

今回のサブタイトル、嫌な予感しかしない件について。

壮絶な戦いの末にジャーファルさんがシャカを倒したものの、あまりにも犠牲が大きすぎた…

さらにセレン様がメンフィスを倒したことで、バルバロッサ側近の四天将軍は全滅、しかもバルバロッサ本人もかなりのダメージを負っていて、これはようやくシンドバッド達の絶望的な戦いにも光明が見えてきたと思っていたら…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ