カレンダー(月別アーカイブ)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍)

マギ 第368夜(第368話)「限界点」の感想(ネタバレ有)

もう次号で最終夜(最終回)とは…自分完全に勘違いしてしまっていたようですすみません…

しかし前々から思っていたのですが、○○夜と話数に「夜」を使っているのって、何か意味があったりするのでしょうか?
他の作品だとD.Gray-manとかも○○夜という表記の仕方をしていましたが…

てっきりあの大高忍先生のことだから、また持ち上げるだけ持ち上げた後で、登場人物達と私達読者を絶望のどん底に叩き落とすようなえげつない展開を用意してくれているものだとばかり思っていましたが、次回予告からもどうやらすんなり大団円まで行きそうな感じですね。次回はマギという作品の集大成となるような最終回を期待しています。

その次回予告には「結婚式」とありますが…アリババとモルさんの結婚式を最終回に持ってくるとは大高先生もなかなか憎い演出をしてくれますね。
ついでにアラジンと紅玉の結婚式も一緒にやってくれればものすごく盛り上がりそうな気がします。

あとはマギシステムが消えることで、マギだった人達がどうなるのかがすごく気になっているんですよね。
特にジュダルとか普通の人間よりも強い力を持っていることをいいことに今まで散々好き勝手してきましたからね…

マギ シンドバッドの冒険 第162夜「新たな恐怖」(平成29年9月27日更新分)の感想(ネタバレ有)

先週大高先生がバックステージでマギ本編は最終回まであと4話とおっしゃっていましたが、
こちらのシンドバッドの冒険の連載がいつまで続くのかが気になって仕方ありません。
(もし万が一本編もシンドバッドの冒険も同時期に連載終了となるとすごく辛いです)
個人的には初代シンドリア滅亡後も話が続いて、残りの金属器も全て集めて、本編の八人将も全員集合して、バルバッドでアラジン達と出会う所まで話が続いてくれることを願わずにはいられないのですが…

まさかミストラスがあんなにもあっけなくやられてしまうなんて…
ザイザフォンのギャグ回から一転して、状況はかなり緊迫してきました。
あんな芸当ができるのはかつてジャーファルさん達も所属していたシャム=ラシュくらいしかいないだろう思っていたら…

マギ 第367夜(第367話)「混沌とした世界」の感想(ネタバレ有)

今回のお話を読み終わった後、二十年位前に見た魔法騎士レイアースというアニメのラストを思い出していました。

たしかあのアニメでは「柱」という唯一絶対の存在が世界を支えていて、その柱という存在を巡って悲劇的かつ激しい戦いが繰り広げられ、ラストは柱一人に何でもかんでも背負わせるのはやめて「柱」という制度を無くしてみんなで生きていこうという流れになっていたような気がしましたが(うろ覚えですみません)、今回のマギのお話もまさにそのレイアースのラストを彷彿とさせる展開なんですよね。(まあレイアースに限らす漫画アニメではよく見られる展開ではありますが)

ちなみに私はレイアースでは海ちゃん派でした(←すみません誰もそんなこと聞いていませんね)

最近忘れっぽくなってきているので、もし以前にも同じ話題を記事の中で書いていたり、あるいはコメントでどなたか指摘されていたらすみません。

…っと、ちょっと話が脱線しかけてきたので、戻しますね。

前回、大高忍先生のバックステージで、最終回まであと4話という衝撃的な発言がありましたが、
もうあと最終回まであと3話(今回も含めてあと4話なんですね)。
単行本第35巻で第349夜まで収録されていることを考えると、単行本は第37巻までになるのかな!?
あとシンドバッドの冒険もだいぶクライマックスに差し掛かっていますが、こちらはいつまで続くんだろう!?

そんじゃまあそろそろ本編の感想に行きますか。
世界がルフに還る魔法を止めるには15人の金属器使いの内、14人は死なねばならないなんて、
前回のラストでは最後にして最大?の試練がアリババ達の前に立ちはだかることになりました。
まあもっとも今のアリババ達がシンドバッドの言うとおりにするとはとても思えなかったのですが…

マギ 第366夜(第366話)「おくびょうな人」の感想(ネタバレ有)

はたして歴史は繰り返すのか…

大高先生のバックステージ見ましたが、最終話まであと4話とかマジですか…
シンドバッドの冒険はどうなるんだろう!?あっちもクライマックスって感じだけど。

先週の予告どおりだとすると今週はシンドバッドの冒険は単行本作業のため休載となっているはずです。
あとここ最近何度もお知らせしていますが、マギ本編最新単行本第36巻が10月18日(水)頃発売予定です。

そして雑誌掲載の本編ではついにアラジンが大峡谷のダビデのいるところまでたどり着いて、
さあいよいよこれからダビデとの最終決戦で激しい魔法バトルが繰り広げられるかと思っていた時期が俺にもありました…

マギ シンドバッドの冒険 第161夜「2人の絆」(平成29年9月13日更新分)の感想(ネタバレ有)

来週は単行本作業のため休載だそうです。
…そういや次の16巻の発売日はいつになるんだろう!?
本編は10月18日らしいけど、シンドバッドの冒険は載っていなかったし。

全然話は変わりますが、先程新型iPhoneの発売が発表されましたね。
皆様は何でマンガワンなどの漫画アプリを読まれていますか?
私は家ではiPad(かなり古いやつ)、外ではiPhoneSE(ポケットに入れて持ち歩きしやすい反面、画面が小さいのが辛い)で読んでいます。

それでは話を戻しますが、前回はヒナホホとザイザフォンの力と力の激しいぶつかり合いが繰り広げられさすがのヒナホホも苦戦必至になるかと思いきや、まさかのあっけない幕切れでしたね。
何話か前でザイザフォンは文字通り自身の身体を盾にしてシンドバッドからバルバロッサを守ったりと敵ながらやる男だと思っていたのですが、いかんせん脳筋過ぎたということなのか…

でも前回のヒナホホがあっさりうまく行き過ぎた反動で、今回のミストラス&ピピリカが酷いことにならないか不安でいっぱいな件について。特にあの大高&大寺コンビなら絶対にやりそうところが…

マギ 第365夜(第365話)「迷宮(ダンジョン)の巨塔」の感想(ネタバレ有)

最新単行本第36巻が10月18日(水)頃発売。

シンドバッドの策が功を奏し、聖宮は破壊され、ルフの書き換えが解けたことで、世界中の人々が正気に戻ったものの、
しかし最終段階を迎えた世界をルフに還す魔法は、聖宮を破壊しても止まるどころか、逆に世界中にダンジョンの巨塔を…

まあぶっちゃけあとはみんなで力を合わせてラスボス・ダビデを倒すだけ…でいいんですよね?
大高忍先生のことだから誰も予想できないようなえぐいどんでん返しを用意していそうで怖い…
そういえばまだ本編では(過去編、回想シーンを除くと)ソロモンが一度も登場していないし…

マギ シンドバッドの冒険 第160夜「究極の生命体」(平成29年9月6日更新分)の感想(ネタバレ有)

ヒナホホが得意のパワーで圧倒され、眷属器の技も効かず、そのうえ鎧が変形するだと…!?
ダメだ一体どうやったらこのザイザフォンとかいう化物に勝てるんだ…そう思っていた時期が俺にもありました。

マギ 第364夜(第364話)「過酷で自由な道」の感想(ネタバレ有)

これでルフの書き換えが解けたら、(いくら聖宮の魔法で洗脳されていたとはいえ)これまでアリババ達に散々心無い言葉を投げかけていたやつらには少しは反省してもらいたいところですが…

これで聖宮が無くなったらシンドバッドやダビデ達はどうなっちゃうんだろう?
シンドバッドは存在そのものが消えてなくなっちゃうようだし、
ダビデは(本体が別にあるから無事かもしれないけど)神ではいられなくなるだろうし…

大峡谷の中の様子がまったくわからないので何とも言えないのですが、
おそらくユナンのルフの書き換えも解けていると思われるので、
ダビデ&ユナンVSアラジンからアラジン&ユナンVSダビデの構図へと変わって、
アラジンとユナンが力を合わせてダビデ本体と戦っていると信じたい…

マギ シンドバッドの冒険 第159夜「鋼鉄のザイザフォン」(平成29年8月30日更新分)の感想(ネタバレ有)

前回、ヒナホホ達は予定通り橋を壊すことに成功して安心したのもつかの間、四天将軍の一人・ザイザフォンが人間離れした跳躍力で壊した橋を飛び越えてきてしまい、ヒナホホ達の前に立ちはだかることに…

っていうか、こいつ、何話か前に、自分の身体を盾にしてバルバロッサを庇って、バルバロッサ以上の重症を負っていなかったっけ!?それがもうこうして戦場の最前線に出てきているとは…いくら人体改造しているとはいえあんなすぐ治るものなのか!?まだ全然治っていないのにも関わらず無理をして出てきているのだとしたら、ヒナホホ達にも勝ち目が出てくるというものだろうけど…

マギ 第363夜(第363話)「今こそ共に」の感想(ネタバレ有)

最新単行本第36巻が10月に発売されることが、大高先生のバックステージで明らかになりました。
ここ最近単行本の発売間隔が短くなっているのはもしかして最終回が近くなってきているのと関係が!?

アリババ達が絶体絶命の追い詰められた状況で紅玉達の動きを止めたのはフェニクスっつーことは紅炎だよなあやっぱり。
でも白龍の時も思ったんだけどこいつ一体いつフェニクスの魔法を相手にかけているんだ!?
煌帝国だけならともかくレームの金属器使い達もフェニクスで動き止められていましたよね。
シンドバッドのゼパルだと相手にかけるのにそれなりに厳しい条件があるわけだけど、
紅炎はどうやって相手に気付かれずにフェニクスの魔法をかけているのか…うーん謎だ。

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第167夜 NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は11月15日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ