カレンダー(月別アーカイブ)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 叶恭弘(エム×ゼロ 他)

鏡の国の針栖川 単行本第1巻の簡単な紹介と感想

鏡の国の針栖川 1 (ジャンプコミックス)鏡の国の針栖川 1 (ジャンプコミックス)
(2012/01/04)
叶 恭弘

商品詳細を見る


 本日、あのプリティフェイスやエム×ゼロの叶恭弘先生の最新作「鏡の国の針栖川」単行本第1巻が発売されたので、さっそく買ってきました。

 とりあえず単行本化にあたってチェックすべき点は、おまけ要素と雑誌掲載時からの修正箇所の有無です。特に乳首修正には期待が高まりますが…

鏡の国の針栖川 #24(第24話)「証拠写真」の感想

 前回までの展開からてっきり真桜がアメリカに行くものだとばかり思っていました。でも結局アメリカに行ったのは真桜の両親だけで、真桜自身はこうして日本に残ることになりました。っていうことは、真桜は一人暮らしになるわけで、針栖川と真桜は一つ屋根の下で二人っきり。真桜に手料理作ってもらったりして、ホント新婚さんみたいですよね…

鏡の国の針栖川 #23(第23話)「傷心」の感想

 針栖川は咲に告白し、咲と両想いが成立するものの、次の瞬間、ラブミラーに異変が。でも何も変わった様子はないと思いきや、咲の態度がさっきまでとは違って妙によそよそしい。あろうことか咲の頭の中から針栖川を好きだった記憶だけがなくなってしまっていたのだ。咲と入れ替わり、咲の家にいられなくなった針栖川は我が家へ帰ってくるが…

鏡の国の針栖川 #22(第22話)「消失」の感想

 針栖川がラブミラーから脱出するには好きな人全員と両想いにならなければいけない。そこで針栖川はまずは自分を好きな事が確実な咲に告白をし、咲との両想いを成立させることに成功。しかしその瞬間、ラブミラーに異変が、まばゆい光を放って割れたようにも見えたんだけど…

鏡の国の針栖川 #21(第21話)「両想い成立?」の感想

【……そ そんなの無理に決まってるじゃん バーカ】

 真桜の家は父親の海外赴任の話でゴタゴタしているため、針栖川の入ったラブミラーは咲が預かることになった。咲ってば針栖川のことを妙に意識して落ち着かない感じで、上のセリフを言った時の咲がすごく可愛くて思わずドキッとしてしまいましたよ。そして針栖川は重大な事に気付くわけです、もうすでに咲とは両想い状態だし、告白したら鏡の呪いを一部解くことができるんじゃないかと…

鏡の国の針栖川 #20(第20話)「自覚症状」の感想

 咲も鏡に関わることになり、真桜は咲と一緒に再びあの鏡鏡子の占いの館を訪れることに。そこで針栖川は好きになった女の子達全員と両想いにならなければ鏡から出られないという衝撃の事実を聞かされる。そして針栖川は鏡についてのシビアなルールをまた一つ知ることになる。ところで今度は咲が針栖川の入ったラブミラーを預かることになったんだけど…

鏡の国の針栖川 #19(第19話)「鏡と協力者」の感想

 ようやく林間学校が終わり、真桜達も家に帰って来ました。なんか針栖川が咲のガールズトークを阻止しようとしていたことが随分懐かしく感じられます。本当に色々あった林間学校でしたが、最も印象に残っていることはやはり、咲の告白と、咲も鏡に関わるようになったことですかね。そんで咲にも色々詳しい事情を話して、今度は三人であの占いの館へ行くことに…

鏡の国の針栖川 #18(第18話)「新しい味方」の感想

 鏡の中に咲が、針栖川と咲が入れ替わってしまいました。そして咲には鏡の秘密も知られることに。でも真桜以外に秘密がバレても、針栖川が鏡の中に閉じ込められる様子もない。これはつまり針栖川が鏡の秘密を共有できて、入れ替わることができる女の子が一人増えたというわけです。そんでもって咲も針栖川と真桜に協力してくれることに!?

鏡の国の針栖川 #17(第17話)「三角形の始まり」の感想

咲「私が好きなのは…針栖川(あんた)」

 咲の思わぬ告白に針栖川は動揺しまくり。女子に好きなんて初めて言われたし、でも自分には真桜という好きな娘がいるし、でもでもやっぱり咲のことを意識せずにはいられない。もう今の針栖川は咲のことしか考えられなくなっているのです。そんな針栖川を巡る人間関係の変化に対して、ラブミラーにも何やら異変が…

鏡の国の針栖川 #16(第16話)「私が好きなのは」の感想

 真桜の誤解が解けて仲直りできたのはいいけど、真桜は山登りの途中で班の他のメンバーとはぐれて迷ってしまう。でも真桜の親友の咲が真桜のことを見つけてくれたんだけど、どうやら咲は足を痛めていて一人で歩くのは無理っぽそう。そこで真桜が気を利かせて針栖川と交代して、針栖川と咲を二人っきりに、針栖川は咲をおんぶすることに…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編:第342夜 NEW!
シンドバッドの冒険:第142夜 NEW!

単行本
├本編:33巻-4月18日頃発売予定
└外伝:12巻-1月18日発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.341 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は3月22日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード
ブログパーツ