カレンダー(月別アーカイブ)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » サンデー(その他)

「ノゾミとキミオ」3号連続掲載第3話!!「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」の本名ワコウ先生が描く自分見せ合いっこにドキドキが止まらない!!

ノゾミとキミオ 第3話(はぁと)「ノゾミのヘヤ」の感想

 衝撃の自分見せ合いっこから一夜が明けたが、悪夢はまだ終っていなかった。ノゾミは自分の部屋だけではなく学校でもあられもない姿…パンツを見せつけてくれたのだから。しかも自分をからかっているとしか思えないノゾミにキミオはカッチーン!お互いのためにも「自分見せ合いっこ」なんてやめさせなきゃと決意しますが…

週刊少年サンデー春の新連載第5弾は「鋼の錬金術師」の荒川弘先生!?…と予想してみる

 ついに3月からの週刊少年サンデーの怒涛の新連載攻勢が明らかになりましたね。でも予告を見るかぎりだとどれもこれも微妙な感じ…期待できそうなのはポケモンと「MAJOR」の満田拓也先生の最新作位かな。

「日本少年漫画界の"エース"が…サンデー初登場初連載!!!!!!詳細は、次号を待て!!」

 新連載5作品の内、4作品までは明らかになったのですが、最後の第5弾はもったいぶるかのように次号に持ち越しですよ。他誌というか他社のエース…集英社や講談社は専属契約や週刊連載で難しいと思うんですよね。かといって旬を過ぎた作家を連れてこられても盛り上がりに欠けますし。

 現在活躍中で専属契約にも縛られず他社で連載できそうな漫画家といったら、「鋼の錬金術師」の荒川弘先生位しか思いつきませんでした。荒川弘先生は小学館漫画賞も受賞しているし、現在連載中の漫画もないはずだし、可能性としては十分考えられるんですよね。いやむしろそうであってほしいです!!

「ノゾミとキミオ」シリーズ新連載第2回!!あの「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」の本名ワコウ先生が禁断の自分見せ合いっこを描く!!

ノゾミとキミオ(by本名ワコウ先生)第2話(はぁと)「カイダンとスカート」の感想

 主人公・須賀キミオは女子更衣室のロッカーの中にいたところをヒロイン・小嶺ノゾミに見られてしまった。しかしノゾミは特にキミオのことをバラす様子もなく秘密にしてくれた。しかし、その夜、彼女が出してきた条件とは自分見せ合いっこをしようという驚くべきものだった。ノゾミの大胆かつ予測不可能な行動にキミオは振り回されっ放しで…

「ノゾミとキミオ」3号連続シリーズ連載!!あの「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」の本名ワコウ先生が週刊少年サンデーに降臨!!

ノゾミとキミオ 第1話(はぁと)「ヒミツのヤクソク」の感想

 主人公・須賀キミオは女子更衣室のロッカーに閉じ込められていた。しかも目の前では無防備に着替えをする同級生の女の子達が。いよいよロッカーを開けられて絶体絶命かと思いきや、その女の子は誰にも言わずにヒミツでいてくれた。彼女の名は小嶺ノゾミ、無口で大人しいクラスでも目立たない女の子。そんな子が見せ合いっこだなんて…

犬夜叉完結編第1話「奈落の心臓」

 TVアニメ版は5年ぶりの復活となるわけですが、前回までのあらすじや回想が一切ないため、どういう話の内容だったのかがイマイチ定かではありません。奈落の心臓を持った赤子が二つに分かれて、その片方が白童子、もう一方が魍魎丸として、神楽と共に奈落を裏切ろうとしているようなのですが…

少年サンデー1983の簡単な紹介と感想

少年サンデー1983 2009年 8/15号 [雑誌]少年サンデー1983 2009年 8/15号 [雑誌]
(2009/07/15)
不明

商品詳細を見る

 本日、少年サンデー1983という雑誌が発売になりました。この雑誌は週刊少年サンデーがもっとも勢いがあった頃、一番面白かった1983年当時に連載されていた作品の中から珠玉の9作品を、それぞれ作家の選んだ一話を再掲載したものとなっています。

 出来る限り当時に近い形ということで、掲載作品も記事もサンデー本誌からスキャンしていますので、単行本には収録されていない欄外の文章や広告、ミニコーナーも雑誌掲載時のままです。その他にも当時のカラー記事やアイドルグラビアなど懐かしさを感じさせる内容満載です。

あずまんが大王・補習編「3年生」の感想

ゲッサン 2009年 08月号 [雑誌]ゲッサン 2009年 08月号 [雑誌]
(2009/07/10)
不明

商品詳細を見る

 ゲッサンこと月刊少年サンデーに短期集中連載中のあずまんが大王補習編。先日発売の8月号には最後の3回目の3年生編が掲載されました。しかも今回は表紙&センターカラー。そして今回のお話は夏休み、いつものメンバーでちよちゃんの別荘に受験勉強合宿という名目で来ていましたが…

あずまんが大王・補習編「2年生」の感想

 ゲッサンこと月刊少年サンデーは創刊第2号が発売、短期集中連載中のあずまんが大王補習編も2年生編が前後編に分けて掲載されました。今回要注目なのは二年生になって同じクラスになった初登場の神楽です。そんな神楽が加わって、ますますあずまんがワールド全開な2年生の感想です。

あずまんが大王・補習編「1年生」の感想

 昨日発売されたゲッサンこと月刊少年サンデーの創刊号。少年サンデーの予告ではあずまきよひこ先生の名前しか載っていなかったので、どんな作品を描くのかと思っていたら、まさかのあずまんが大王復活!しかも新装版が小学館から出るとは元々の掲載誌・電撃大王との関係は大丈夫なの!?

 新装版の単行本に合わせて雑誌の方も1・2・3年生と3回連続に渡っての描き下ろしとなるようですね。6人の少女達の中ではおっとりボケボケな大阪こと春日歩の出番が多いような気がします。大阪の独特な間の取り方、テンポが生み出すボケボケワールドにいつの間にか引き込まれる自分が…

[MY SWEET SUNDAY あだち充×高橋留美子]の簡単な紹介と感想

 今日はサンデーとマガジンでそれぞれ50周年記念号が発売となりました。サンデーは表が歴代人気キャラで裏が現役連載陣の寄せ書きポスターがついてきた他に、あのあだち充先生と高橋留美子先生の史上初となる合作読切が30Pにも渡って掲載されていました。

 「MY SWEET SUNDAY」では色々な巨匠の先生方が描いてきましたが、今回はあだち充先生と高橋留美子先生、お二人の幼少時から現在までの漫画家人生を振り返って交互にリレー形式で描かれています。その中で少年サンデーとの関わりや両先生の接点?についても語られていますが…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第361夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第157夜 NEW!

単行本
├本編:35巻-8月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.358 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は8月9日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ