カレンダー(月別アーカイブ)

12 ≪│2018/01│≫ 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » D.Gray-man

Dグレがツイッターのトレンド入りしていましたが…(TVアニメ新シリーズ放送決定12/20追記)

2015/12/17 23:12 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(2)

12/20午後2時過ぎ追記
公式サイトと公式ツイッターがオープン。

D.Gray-manアニメ公式ツイッター
 https://twitter.com/dgrayman_anime
D.Gray-manアニメ公式サイト
 http://dgrayman-anime.com/
TVアニメ「D.Gray-man」PV第1弾
 https://www.youtube.com/watch?v=t5imR9bD4PM

12/20午後1時30分過ぎ追記
ジャンプフェスタSQ.ステージで発表があったようです。
・D.Gray-manTVアニメ新シリーズ放送決定
・放送開始時期は2016年
・アレン役の声優さんが小林沙苗さんから村瀬歩さんに変更

来年3月に開催されるAnimeJapan 2016というアニメイベント。
そのステージプログラム第1弾が本日発表されたのですが、
その中にD.Gray-manの名前もあったことから、
D.Gray-manが再びアニメ化されるのでは…と話題になっているようです。

ちなみに今週末に行われるジャンプフェスタでも、
12月20日(日)のSQ.ブースでD.Gray-manのイベントがあるようですが、
もしかするとそこで何らかの発表があるかも…!?

D.Gray-man 第220夜「A.W(アレン・ウォーカー)をたずねて・彼は渦の中でいっそう目を瞑る」の感想(ネタバレ有り)

2015/10/16 07:30 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

星野桂先生のインスタグラムのアレン×リナリーのハロウィンイラストががががが。

これまでの簡単なあらすじ

 14番目=ネアの口から、マナとネアはカテリーナから産まれた双子ではなく、もとは一つの千年伯爵から二つに分かれた分身だったという、衝撃の事実が明らかに。はたしてこの複雑に絡み合う愛憎劇はどこへ向かおうとしているのか…

D.Gray-man 第219夜「A.W(アレン・ウォーカー)をたずねて・彼は愛を忘れている」の感想(ネタバレ有り)

2015/07/17 00:01 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(4)

**D.Gray-manが連載再開**

本日2015年7月17日発売の新増刊ジャンプSQ.CROWNにて、
長期休載中だったD.Gray-manがSQ.からの電撃移籍&連載再開となりました。
一ファンとして連載再開を心より嬉しく思います。

**D.Gray-manの掲載誌の変遷**

週刊少年ジャンプ(週刊誌):第1夜~第186夜
赤マルジャンプ(この頃は本誌合併号休みの時期に発売?):第187夜
ジャンプSQ.(月刊誌):第188夜~第218夜
ジャンプSQ.CROWN(季刊誌、年に4回発売?):第219夜~

週刊や月刊連載時代と比べると、連載間隔がだいぶ長くなってしまいますが、
星野桂先生ご自身がインスタグラムでおっしゃっているように、
これが先生が無理なく連載を続けることのできる最適な環境なのであれば、
あとはもう毎回掲載されるのを楽しみに読み続けるしかないというものです。

**表紙&センターカラー&図書カード500名プレゼント**

図書カードすごく欲しいです。
ちなみに図書カードはセンターカラートビラ絵のイラストが使われています。

表紙もセンターカラートビラ絵もアレン&千年伯爵が描かれていたことからもわかるように、
今回はこの二人がメインでストーリーが進んでいきます。

D.Gray-man 単行本第24巻「キミの傍に」の簡単な紹介と感想

2013/11/02 00:34 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

D.Gray-man 24 (ジャンプコミックス)D.Gray-man 24 (ジャンプコミックス)
(2013/11/01)
星野 桂

商品詳細を見る


ついにD.Gray-manの最新単行本第24巻が発売となりました。

アレンがアレンだったり、14番目だったり、
アレンの周りの人達も、アレンの味方だったり、14番目の味方だったり、
アレンに対して言っているかと思えば、実は14番目に言っていたり、
過去と現在が複雑に絡み合ったりしていて、
謎が明かされたと思ったら、ますます謎が深まったりもしていて、
読み応えがあって面白い反面、難解で理解に苦労することもしばしば。

なのでまだ話の内容や人間関係をちゃんとは把握しきれていません。
とりあえずこの連休中にもう一度1巻から読み直してみることにします。

それでは続きを読むの後で、簡単な紹介と感想をば…

今週号のジャンプに星野桂先生の新作読切(ミラクルジャンプ)の予告が掲載されていましたが…

2013/04/23 07:49 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

星野桂

もちろんすごく楽しみなことに変わりはないのですが、
やっぱりDグレファンとしては、D.Gray-manを読みたいのですよ…

D.Gray-manは作者病気療養のため一時休載で連載再開は今のところ未定だそうです…

2013/03/02 16:35 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(3)

ジャンプSQ.4月号に『D.Gray-man』一時休載のお知らせが掲載されていました。

・D.Gray-manは作者の星野桂先生の病気療養のため休載となり
・連載の再開については今のところ未定
・再開の予定が立てば、誌面でお知らせするとのこと


ここで星野桂先生の新企画についても明らかになりました。
なんでも星野先生が昨年中に温めていた企画が、4月下旬発売のミラクルジャンプで発表されるとのこと。

しかし本業のDグレの連載でさえも休載が続いているのに、
TVアニメのキャラ原案に新企画と仕事を増やして本当に大丈夫なのかちょっと不安です…

革命機ヴァルヴレイヴのキャラ原案をD.Gray-manの星野桂先生が担当していた件について…

2013/02/17 21:41 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

http://mainichi.jp/mantan/news/20121220dyo00m200051000c.html

ついさっき革命機ヴァルヴレイヴでググっていたらこのことを知りました。
(一D.Gray-manファンとして、情報を得るのが遅くてすみません…)

星野桂先生は作者急病のためD.Gray-manを休載されることが度々ありますが、
このようなキャラ原案の仕事を引き受けられて本当に大丈夫なのでしょうか…
(一D.Gray-manファンとして、本業の漫画の方に支障をきたさないか不安です)

D.Gray-man 第218夜「A.W(アレン・ウォーカー)をたずねて・「D(ディー)」」の感想

2013/01/04 11:14 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

今月号のSQ.にも無事D.Gray-manが掲載されていました。
どうやらアレンの養父だった「マナ」が物語の鍵になってくるのかな…


これまでの簡単なあらすじ


 アレンの中の14番目が目覚め、アポクリフォスが神田達の前に現れ、一気に物語が動き出した。一度はアポクリフォスにこてんぱんにやられて記憶を封じられた神田だったが、自らの力で記憶を取り戻し、師匠のティエドール元帥の導きにより、元帥となることを決断する。そしてアポクリフォスはといえば、突然襲いかかってきたノアによって捕まってしまう。一方その頃、アレンは突然目の前に現れた千年伯爵と対峙していた…

D.Gray-man 第217夜「A.W(アレン・ウォーカー)をたずねて・One seat empty」の感想

2012/12/02 11:08 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

D.Gray-manは先々月、先月号と休載が続いていましたが、
今月発売のSQ.1月号にはしっかりと掲載されていました。
もう何ヶ月休載してもいいからD.Gray-manが読めるだけで幸せに思えてきました…


これまでの簡単なあらすじ


 これまでも度々休載を挟んでの、三ヶ月ぶりの連載再開なので、話がどこまで進んでいたかイマイチよく覚えていません←。とりあえず、ジャンプSQ.ストーリーガイドを確認してみたら、神田とティムがアポクリフォスと遭遇して、それを察知して逃げたアレンの前に千年伯爵が~ということらしいですね。そして今回はアレンの出番はなく、主に神田にスポットを当てて話が進んでいくわけですが…

D.Gray-man 第216夜「A.W(アレン・ウォーカー)をたずねて・襲撃」の感想

2012/09/01 23:35 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(0)

 今月発売のジャンプSQ.10月号にはD.Gray-manの最新話となる第216夜が掲載されていました。が、「次号休載します」とのとおり、来月発売のジャンプSQ.11月号ではまた休載となるようですね。ここ最近は隔月連載のようになってしまっているので、SQ.19移籍ということにならないと良いのですが…


これまでの簡単なあらすじ


 ついにアポクリフォスがアレンの居場所を突き止めやってきてしまった。そしてアポクリフォスは彼のことを何も知らない神田の前に客として現れる。今回冒頭からいきなりバトルに突入するが、アポクリフォスは神田を圧倒し、ティムキャンピーを●●してしまう。その頃、アレンの前にはよりにもよってあの人物が現れて…

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第174夜、第175夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は1月10日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ