カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 若木民喜 » 聖結晶アルバトロス » 聖結晶アルバトロス第1巻の紹介

聖結晶アルバトロス第1巻の紹介

2006/04/19 07:32 | 若木民喜 聖結晶アルバトロス | コメント(0)

聖結晶アルバトロス 1 (1)

聖結晶アルバトロス 1 (1)



聖結晶が砕けたとき、週刊少年サンデーに一人の神が降臨しました。

他に比類なき神々しいオーラをもつそのお方の名前は・・・ゴミ子朝倉!

彼女のようなヒロインが現れるのを私達は待ち続けていました。



それではゴミ子朝倉の魅力を思う存分味わった第1巻の紹介です。



聖結晶アルバトロスとは

 

●聖結晶とは・・・

 世界を支えるほど大きな力を持った石で、

 元々は石と水の生命体モノバイル達の世界の姫が所有。

 しかし、とある事件で砕けて人間界に飛び散ったことから、

 聖結晶を巡る戦いは人間達をも巻き込んでゆき・・・



●炎と勇気(ユウキ)のバトルファンタジー

 異世界のお姫様と出会い、不思議な力を得て

 人間を超越した力を持つ敵と戦うことになった熱血主人公。

 たとえ敵が強大でも弱いものを守るために立ち向かう。

 まさに少年誌のバトルマンガの王道です。



物語を彩る魅力的なヒロイン達



●ゴミ子朝倉さくら(アルバトロス姫)

 変身前はトロくて話下手(そこが凄くいい)で汚くごみ漁りをしていて、

 変身後も外見が華やかになるだけで弱いままのへっぽこヒロイン。

 敵と戦うたびに酷い目に遭い、いじられる姿が・・・可愛いです。

 ゴミ子に戻った時は必ず裸というのもいやらしすぎずにドキドキします。



●主人公紫原ユウキが唯一敵わない母親の紫原美沙都。

 その強さと厳しさと美しさと年齢不詳な所が魅力です。

 理不尽なほど自分の息子に厳しいですが、

 時々見せる優しさから息子への愛情が垣間見えます。



●定番の同級生で幼なじみの緑川理香。

 お節介で世話好きでわかりやすすぎるユウキへの好意も

 本人には全く伝わっていない報われないキャラ。

 「……何だよ。そんなにすぐに行っちゃうなよ。」

 1度でいいからこんなセリフを言われてみたいです。



戦いを通して成長していく主人公



●VSカグー(チタンのモノバイル)

 これがきっかけで聖結晶の炎の能力に目覚めた主人公。

 炎のパンチが炸裂した時は爽快でした。



●VS芋虫(珪素のモノバイル)

 偉そうなことを言って一瞬でやられてしまったアルバトロス姫。

 やっぱりアルバトロス姫はこうでなくっちゃ(笑)

 ちなみにこいつもユウキが倒しました。



●VSクレイン一派

 今までの敵とは比べ物にならない強さのクレインに惨敗。

 もう二度と負けないために強くなることを決めたユウキ。

 次に会ったときのリベンジが楽しみです。



●レバイオとの出会い

 そして新たな強敵と戦うことになるのですが・・・

 雑誌では隠れていたミュウの顔がはっきりと出ています。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ