カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » 週刊少年ジャンプ2008年36号の感想

週刊少年ジャンプ2008年36号の感想

2008/08/04 11:07 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

週刊少年ジャンプ2008年36号掲載作品の中で、

特に印象に残った作品の簡単な感想を書きます。



●BLEACH

 吉良イヅルとアビラマ・レッダーの戦いなんてどうでも良くなりました。

 美意識過剰な変態二人の戦いというかやり取りが面白すぎて笑えますな。

 この作者は一護やルキアの戦いよりもイキイキと描いているような気が…



●ONE PIECE

 熱い!熱い!黄猿&くまとルーキーの船長達の戦いがとにかく熱いです。

 普段は敵対しているような海賊達が共通の敵に対して共闘していますが、

 自分達よりもはるかに強い黄猿&くまに敢然と立ち向かっていくその姿!

 ただ悪魔の実の能力が複雑でわかりにくくなっているのは残念かもです。



●キャプテン翼

 私的にはホイッスルのキャラ達がプロで活躍する様子を見たかったです。

 みんな同じ顔だとかヒロインに魅力が無いとか色々問題点がありますが、

 一番の問題はサッカーのプレイに全くリアリティを感じられない事です。

 前号のFCバルセロナ物語の方がよっぽどサッカー漫画していましたよね。



●NARUTO-ナルト-

 どうせピンチに追いつめられても最後は逆転して勝つんだろと思いつつ、

 どうせなら八尾に手も足も出ずフルボッコにされるサスケを見たいです。

 八尾は強さもさることながら、サスケ達に負けない個性がありますよね。

 なんというか変態的な強さ?あんなにたくさん剣を持って落とさないの?



●アイシールド21

 また小泉花梨の出番がない…女子がまもりや鈴音だけだと華がないです。

 モン太のキャッチとセナのランがもぎ取った初のタッチダウンでしたね。

 個人個人の力には限界があっても、チームプレイに可能性を感じました。



●ぬらりひょんの孫

 今回が初登場?若菜ママは天然マイペースっぽいところが可愛いですな。

 夜の妖怪の姿ではなく昼の人間の姿のまま奴良組総会に出席したリクオ。

 でも強面な妖怪達を相手に一歩も引かないリクオがカッコ良すぎますね。

 それはともかく牛頭丸!オレの雪女に酷い事言いやがって許せんな全く。


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

今週のジャンプ『2008年36号』
 ちょっと前まで、ものすごい雷雨で更新不可能になるかと心配しましたよ・・・でも、これだけ雨降ったのに、ちっとも涼しくならないとか・・・なのでいつもより(気持ち的に)適当な感じになると思います。・ブリーチ 言うまでもなく、美形キャラ比率が高いマンガ
[2008/08/05 18:00]
週刊少年ジャンプ2008年36号の感想
週刊少年ジャンプ2008年36号掲載作品の中で、 特に印象に残った作品の簡単な感...
[2008/08/05 06:54]

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ