カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 若木民喜 » 聖結晶アルバトロス » 聖結晶アルバトロスELEMENT11「力の赤い糸」の感想

聖結晶アルバトロスELEMENT11「力の赤い糸」の感想

2006/03/02 01:34 | 若木民喜 聖結晶アルバトロス | コメント(0)

今週ももちろん、BACKSTAGEのメッセージを読ませて頂きました。

若木先生、単行本化の作業は大変でしょうが、頑張ってください。

できることならゴミ子朝倉を表紙に・・・



それでは、サブタイトルどおりのELEMENT11の感想です。



●若木先生の甘い物好きな気持ち、よくわかります

 私も小さい頃は甘い物を食べる機会があまりなかったです。

 レアチーズケーキ、ラ・フランス、苺、ヨーグルトなどなど・・・

 死ぬ前に1度でいいから思いっきり食べて見たいです。



●VSシュライク

 さて本編に戻りまして、ユウキとシュライクの対決からはじまります。

 予想通り、エリートクラスのシュライクに手も足も出ないユウキ。

 圧倒的なスピード、パワー、不可思議な指爆弾で追い詰められますが、

 間一髪でアルバトロス姫が割り込み、その場から脱出。

 もしかして、姫が役に立ったのって、これがはじめてじゃあ・・・



●力の赤い糸

 予想通り、ユウキの手の聖結晶は姫の炉と連動していました。

 「これからずっと…私はユウキくんと一緒にいます。」

 このコマだけ見るとまるで愛の告白のようです。 

 本当は弱いのに態度だけ強がっていた頃も良かったのですが、

 今の現実と向き合い、素直になった姫の方が断然カワイイです。

 最後の方の姫のセリフ「ユウキくんの体はもう………」の続きは

 普通の人間に戻れないと言いたかったのでしょうか?



●次号を勝手に予測してみました

 聖結晶の力をうまく引き出したユウキはシュライクを撃退(撃破)。

 それで、ユウキの潜在能力に脅威を感じたピジョンは逃げる。

 そして石を使いすぎたアルバトロス姫はゴミ子朝倉の姿に・・・


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ