中野三玖推し。五等分の花嫁、オリエント、マギ、初恋ゾンビ、青の祓魔師、夏目友人帳等の感想を書いてます。
前の記事 ホーム 次の記事

五等分の花嫁 第57話「最後の試験が五月の場合」の感想

2018年10月10日07:47 
カテゴリ : 五等分の花嫁


というわけで最後の試験が〇〇の場合シリーズは三玖、四葉に続いて、今週は五月のターン!

今回の話を読んで公式ツイッターコラの「教えて!五月せんせー!」シリーズをちょっと思い出していた。

五月といえば真面目だけど不器用、アホ毛、隠れメガネっ娘、末っ子属性、ちょっと?他の姉妹よりも食欲旺盛、母親の影を追い求めている(と言われることがある)、今回はそんな五月の夢のお話が語られるらしいのだけど…



ツー わっ

もうすっかりおなじみになったフータローの鼻血のシーンですが、五月もフータローにバレンタインのチョコを…というのをちょっとだけ期待していただけに、そういう描写が一切なかったのがちょっと残念だったかも…

ぜひやってみてください!そして確かめてください!

五月のモノマネをしている時のフータロー(ちょっと可愛い)の瞳が星形に笑

今日は「あの日」なのよ

いやごめんそれより四葉のパーカーの胸の「四二八」という文字が気になって仕方ないんだけど
四葉は自分の名前がプリントされた服を着ていることが多いけど、もしかしてそれは五つ子が見分けられないフータローに自分のことをわかって欲しいという四葉なりの自己主張の現れ…というのは俺の考えすぎだろうか…!?

ううっ…それ…は…女の子には

おいフータローお前なに四葉に恥ずかしいこと言わせようとしてるんだよ!
ちょっとニヤニヤしてきてしまうんだけど、いいぞもっとやれ!←

いや普通に母親の命日

二乃の紛らわしい言い方のせいで、五つ子でもあの日はバラバラなのかとか色々と考えてしまいそうになったけど、そうか五つ子ママの月命日だったのか。
そういえば五月は五つ子の中でも特に母親の影を追い求めていると言われるような子だったけど…

えっと…初めまして あの…下田さんはお母さんの…

そこで五つ子ママの元教え子で今は塾講師の下田さんという女性と偶然出会ったわけだけど…
もしかして五つ子パパが言っていた友人のプロ家庭教師って彼女のことなのかなと思ったり。
塾講師ならば家庭教師もやっていてもおかしくないわけだし。

先生への恩返しで好きなだけケーキを奢ってやるよ

そう言われて実際遠慮しないで好きなだけ食べてしまうところが五月らしくて笑

めちゃ美人だった

俺的には零奈の上位互換版を想像していたので、無表情美人というのはちょっと意外だったかも。
逆に家ではどんな人だったのかがすごく気になって仕方ないんだけど。

お嬢ちゃんも先生似だしいけるんじゃねーか?

五つ子ママと同じ無表情美人タイプの先生になってる五月というのがイマイチよく想像できないんだよね。
むしろ俺の中のイメージでは公式ツイッターコラの「教えて!五月せんせー!」なんだけど、あれもある意味無表情には違いないけど…

だがお嬢ちゃんはお母ちゃんになりたいだけなんじゃないか?

五月にとってはこのタイミングで下田さんから母親の話を聞けたのが、進路も含めてこの先の自分の生き方を考えられるという意味では大きかったですね。

あなたに教わったことを噛んでいるのですよ 感謝してます

さすがに人一倍食に対するこだわりがある五月なだけに、咀嚼や噛んでいるという言葉の使い方、言い方に説得力が感じられる。
とまあ半分冗談はさておき、四葉もそうだけど五月も時々こういうふうなハッとさせられるような表情をするから困る。
そんなめちゃ美人の母親を彷彿とさせるような表情を見せられたら、俺三玖ファンなのにドキドキさせられてしまったじゃないか。

あの時の気持ちを大切にしたい 私…先生を目指します

まさかフータローが言い出した五つ子全員家庭教師案が、ここでこうして五月の先生への夢を後押しすることになるとは…
三玖のような本格的なラブコメ展開こそなかったものの、今回の見どころは何と言っても(母親の背中を追うだけだった)五月の成長ですね。


広告

関連記事
前の記事 ホーム 次の記事
ブログパーツ