カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » オリエント » オリエント 第15話「見えない檻」の感想

オリエント 第15話「見えない檻」の感想

2018/09/16 02:41 | マギ(大高忍) オリエント | コメント(1)

鬼と戦うにしろ、逃げるにしろ、今は内輪揉めしている場合じゃないと思うんだけど。
どのみち団長があれじゃあ小雨田武士団はもう終わりだろうなあと。
(小雨田は鬼と戦うのが武士団の存在意義とか言いながらも実は部下や領民達が自分の思い通りにならないと気が済まないだけじゃないかと)

もうこうなったら(領民達から慕われている)つぐみが小雨田を倒すしかないなと思っていたら…



私がお館様を倒す!

前回私が予想した通りの熱い展開になってきたじゃありませんか。
つぐみは少し前までとは別人みたいないい表情するようになりましたよね。
以前武蔵達が鬼神と戦った時よりは、こういう同じ人間相手の方が盛り上がってくるのは私だけではないはず。

こいつらは俺たちに任せろ!!

他のバトル漫画ならそのまま武蔵が小雨田と戦う展開もあり得たのだろうけど、大高先生はあくまでも武蔵達の役割はサポートや背中を押す程度にとどめておいて、武士団の問題は武士団の人達に解決させるつもりのようですね。
小雨田の戦闘力は未知数だけど、まがりなりにも武士団の団長しているからにはそれなりに強いのだろうとは思っていたら…

みんなを守るんだ お姉ちゃんみたいに お姉ちゃんの代わりにっ!!

これまでこの漫画を読んできて、武蔵や小次郎よりも今のつぐみが一番共感できる主人公らしい考え方をしているように感じました。

片や武士団の一員なら武器を持ったことのない非武士の領民でも勝ち目が無くても鬼と戦うべきだと主張する小雨田と、片や弱い領民を守ることこそが武士という姉の教えを受け継ぐつぐみ、領民達にはわかりやすい二つの選択肢が示されているわけですが…

誰がおまえに…戦い方を教えてやったと思ってんだ…

さすがにマギの大高先生だけあって、息もつかせぬバトルシーンは見応え十分でした。
それにしても小雨田が無駄に強すぎる件について。こういうタイプって、自分よりも強い敵=鬼と戦う時よりも、弱い人間相手にこそ強さを発揮するタイプのように思えてならないんだけど。
あと武蔵と戦った時もそうだけど、つぐみは攻撃が軽いのも不利に働いているし。

おまえたちは…群れねば生きていけないだろうが…家族を取り上げられれば孤独と絶望で生きる気力を失う…決して一人では生きられない!!そんな弱い生き物ではないか!?

全然無関係のはずなのに、まるで自分のことを言われているようでちょっとドキッとさせられました。
やはり大高先生には鬼よりももっと人間相手の話…人間ドラマを描いて欲しいと思いました。

モゴモゴ ぺっ!! それでもやるんだ…弱くても…自信がなくても…戦うって決めたから…!!

まさかつぐみがここまでやってくれるとは!いやあ実に痛快でしたね。
次回はつぐみが小雨田をこれでもかとフルボッコにするところを期待したいです。


広告

関連記事
父への反旗
武蔵はあの野郎強えのかよと驚いてましたが、どんな最低の人格でも、武士団の長ともなれば強くないと周りを押さえられないですよね。
しかし彼より弱いかもしれないけどそれに立ち向かうつぐみがかっこいい!!i
小雨田は領民達に群れねば生きていけない弱い生き者だと言ってますが、自分こそ群れを支配しておかないと生きていけないような気がします。
このままつぐみに小雨田を倒してもらいたいのですが、あの大高先生の事だから心配です。
小雨田なら周りの領民達を人質にとりかねないし。
偶然ですが別の漫画で組織の疑似的な父親と戦う女の子の話を読んでますが少年漫画ではよくあるのでしょうか。
[ 2018/09/18 23:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ