カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » 青の祓魔師 » 青の祓魔師 第97話「雪の果て(6)」の感想(ネタバレ有)

青の祓魔師 第97話「雪の果て(6)」の感想(ネタバレ有)

2018/01/04 00:01 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(2)

最近の雪男が闇(悪)堕ちした主人公のライバル的なポジションになりつつある件について。
(他の漫画のキャラで言えばNARUTOのサスケとかマギの白龍がそんな感じですかね)

もはや雪男のイルミナティ行きは誰にも(倶利伽羅を抜いた燐でさえ)止められないような流れになっていますが、
志摩?メフィスト?ルシフェル?の思惑通りに事が運んで行ってしまっているようなのがまた何とも…

でも正直今は雪男よりも(雪男に頭を撃たれた上に)倶利伽羅を折られた燐の方が心配なんだけど大丈夫なのか…!?



もういい…! おい隠すんじゃねえ! 立て志摩くん早く僕を連れていけ!

もしかしなくても雪男のやつ、しえみをサタンやアマイモンから守ろう(かばおう)として…!?
雪男は何もかも捨てたと言いながらもしえみのことだけは切り捨てることができないでいるようですね。
(逆に考えると、しえみのことさえも切り捨てられるようになってしまったら、もはや雪男は完全に後戻りができなくなる気がしますが)

まぁ結局すぐに正気に戻っちゃうからやさしいよねそこが兄さんの限界かな

前回でついに吹っ切れてしまったのか、雪男がまるで主人公の敵キャラが言うようなことを言い始めてしまった…
でもなんだろう今の雪男ちょっとカッコ良いと思ってしまう(ゾクゾクしてしまう)のは俺だけだろうか…!?←

晴れて耐えた暁には…その肉体は俺のものだ!そういう約束だからなぁ?

約束って誰との!?あまり考えたくはなかったけど、メフィストが燐達を保護していたのはこのためだったのか…!?藤本獅郎もメフィストとグルだったのか…!?前回雪男が言っていたことは全て正しかったということなのか…!?

もし万が一お互い生き残れたら僕は必ず兄さんより強くなる必ず

いよいよ少年誌の王道バトル漫画っぽくなってきたじゃありませんか。
そんでもって雪男はすっかり闇(悪)堕ちした主人公のライバルみたいな感じになっているし。

次会うても殺さんといてなぁ特に出雲ちゃん(はぁと) …カスヤロウ…!

出雲も他のみんなももっと怒ってもいいような気がします。
もし次、志摩が戻ってくるようなことがあったら、それこそフルボッコにするだけじゃとても足りないです。

そもそも次にまた会うことができるのかどうかという問題がありますが…

お前は後だグンナイについて行け うわーい

個人的には雪男よりも志摩の立場の方が危うい気がします。
もはやイルミナティにとって(正十字騎士團に戻れない)志摩はスパイとして用済みになってしまうんじゃないかと。
でも夜魔徳くんがいるから大丈夫なのかな、たしか前に女隊長もそんなこと言ってたような気がしますし。

私は藤堂誉(中略)藤…堂!?

そういや今回はじめて女隊長の名前が明らかになったんでしたっけ!?
藤堂って、あの藤堂三郎太とどんな関係があるのかないのか…

その計画もこの組織もお前も"悪"だ 僕も悪人だ 僕自身について知るために何もかも捨てた 全てはその"力"の為 必ずもらう

真の世界平和とかほざくルシフェルよりも、自分自身の目的のため(には雪男にとってこの世で最も許せない存在であろう「悪」にさえなる)と言い切る雪男の方がよっぽどわかりやすいですね。

でもこれで正統派の主人公の燐と、ダークサイドに堕ちたもう一人の主人公の雪男という、(少年誌の王道バトル漫画ではよくある)わかりやすい対決の構図ができてしまいました。

私の中で少し前までは雪男に戻ってきて欲しいという気持ちが強かったのですが、今はちょっと雪男に対する見方が変わったというか、むしろそこまでの決意と覚悟があるのなら、雪男がはたしてどこまでやれるのか見てみたい気すらします。


広告

関連記事
No title
志摩については花月さんの方が私よりもはるかに詳しいので、その通りなんでしょうね。いつも詳しい考察と的確なご指摘ありがとうございます。
[ 2018/01/10 22:08 ] [ 編集 ]
No title
他のメンツはともかく、勝呂が最低限の怒り以上の怒りは無理と思います。
勝呂は前に志摩からスパイに本気という事は聞きましたから、
どれだけ腸が煮えくり返ろうが、一応、志摩が本気って事は理解していると思うので、
とりあえず怒りはぶつける程度で収まるイメージしかないんです。
勝呂は感情的で不器用なところありますけど、
それと同じくらい真面目ですから、
本気にスパイやってる志摩を必要以上に怒るのは難しいと思うからです。

志摩の方が危ないって言うのはそれは仕方ないと思います。
志摩はスパイにやりがいを感じてる時点で本気でやっている、
それで命失うなら志摩が自分で決めた道な以上、仕方ないと思いますし、
そこから生還できなければ志摩はそこまでのスパイだったと思いますから。
本気でスパイ任務成功させたいなら最重要情報を手に入れて、
それを報告する為に生きて戻ってこそ、本当のスパイと思うんです。
スパイとしての任務も成功できずに用なしで始末されたら
志摩はそこまでのスパイだったと割り切ります。
あと、仮に生きて生還して戻ったとしても、そのあとの事は知りません。
燐達にボコられようがそれも込みでスパイと思うので。
[ 2018/01/04 00:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月19日頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ