カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第365夜(第365話)「迷宮(ダンジョン)の巨塔」の感想(ネタバレ有)

マギ 第365夜(第365話)「迷宮(ダンジョン)の巨塔」の感想(ネタバレ有)

最新単行本第36巻が10月18日(水)頃発売。

シンドバッドの策が功を奏し、聖宮は破壊され、ルフの書き換えが解けたことで、世界中の人々が正気に戻ったものの、
しかし最終段階を迎えた世界をルフに還す魔法は、聖宮を破壊しても止まるどころか、逆に世界中にダンジョンの巨塔を…

まあぶっちゃけあとはみんなで力を合わせてラスボス・ダビデを倒すだけ…でいいんですよね?
大高忍先生のことだから誰も予想できないようなえぐいどんでん返しを用意していそうで怖い…
そういえばまだ本編では(過去編、回想シーンを除くと)ソロモンが一度も登場していないし…



炎翼・鉄鎖(アモール・セルセイラ)!!!

ついにモルさんが参戦で一気に盛り上がってきました!!

それにしても久々に見たモルさんの引き締まった身体から放たれる蹴り技が惚れ惚れするくらいに美しすぎる件について。
(一部のマニアにはモルさんの素足やふとももふくらはぎがたまらんらしいです。いやあくまでも聞いた話であって決して自分がそう思っているわけではありませんから←)

助かった…!!でも、俺たちルフに還りたかったはずじゃあ…!?

一人くらい心の底からシンドバッドに心酔していて、ルフの書き換えが解けた後でもルフに還ろうと言っているやつがいないかと思っていたけど、やっぱいなかったか←

みんな混乱しているわね。 混乱?なぜだ?

前も同じこと書いたかもですが、アルバとネルヴァ、この二人が(仲良さげとまではいかずとも)こうやって普通に対等に話をしているというのが、自分的にはすごく意外でした。もしかしてこの二人意外と気が合うのかも!?

信仰が消し飛んでしまった人間なんて……生きてる意味があるのかしら?

言うまでもなくそれ自分自身のことを言っていますよね。
やはり大高忍先生はアルバにもとことん自分で考えて考え抜いた上で答えを出させるつもりなのか…

きっと心が甘えていたんだろう。シンドバッドに頼りたい気持ちがわずかにでもあったってことだろう?

またこいつ大口叩いてやがるけど、ほんのちょびっとだけでも説得力を感じてしまうのが悔しい。
もしこいつが堕転していなかったら、ルフの書き換えの影響を受けていたのか興味が…いや別に無いかな←

若作りしているが、中身は年寄りのババアだな!?僕にはわかるぞ!うちにも似た様なお方がいたからな!

やっぱこの二人意外と気が合うのかもしれないなと。

紅玉!!アリババちゃん!

ここのアリババと紅玉のやりとり、この二人が主人公とヒロインでもおかしくないと思いました。
あと紅玉が正気に戻ってくれて本当に良かったとも。

いいえ、魔法陣の解除が目的ならば、破壊すべきは黒い敵よりもあの巨塔の方

やっぱ紅明は味方だとこれ以上ないくらいに頼りになりますよね。

…いた!!やあ…君だね?おじいさん

なんかアラジンが登場するのも随分久しぶりな気がする。
てっきりもうダビデと激闘を繰り広げているものだとばかり思っていましたが…
あと大峡谷の守り人・ユナンがどうしているのかが気になる。
前回の感想記事にコメントされた方が予想していたようにダビデに身体を乗っ取られていないといいけど…


広告

関連記事
No title
>七猫さん

いつもコメントありがとうございます。

世の中には色んな考えの人達、ひねくれ者がいるので、もしかしたらシンドバッドの考えに賛同する人がいるかもしれませんね。

そしてひねくれ者の最たるものがネルヴァですが、少し前までは取るに足らない小物にしか思えていなかったのが、最近ではちょっとネルヴァの器を測りかねています。ただの小物じゃないかもしれないけど、やっぱり口だけの小物なのかもしれないし、うーん…
[ 2017/09/20 00:36 ] [ 編集 ]
アルバとネルヴァ
シン冒で書き忘れていましたがAndroidのスマホで読んでいます。
さてルフ書き換えがとかれてもシンドバットのルフ還元に賛成する人の事がいるかもという事に関しては私は考えていませんでした。
しかし皮肉な事ですがシンドバットが世界に平和をもたらす前の戦乱と虐殺が横行していた時代ならルフ還元に賛成する人もそれなりにいたかもしれないですね。
もしかしたら今でもいるかも??

ネルヴァのシンドバットに甘えるからルフ書き換えられるの発言、本当にちょびっとだけ説得力ありますね。しかしマギの世界で、黒ルフ、アルマトラン時代のルフなど特殊な条件なしで書き換えなしの人が一人もいないのでネルヴァにしろ紅炎にしろ普通の状態だと書き換えを免れるのは無理でしょうね。たとえ性格が異常だからという理由でも書き換えや影響を免れる人が一人でもいたら別ですが。
しかしネルヴァも批判する前に戦いに参加して、魔装できるようにならないと……。
[ 2017/09/17 16:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第366夜 NEW! ※最終話まであと4話
シンドバッドの冒険: 休載

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.363 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月20日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ