カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第160夜「究極の生命体」(平成29年9月6日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第160夜「究極の生命体」(平成29年9月6日更新分)の感想(ネタバレ有)

ヒナホホが得意のパワーで圧倒され、眷属器の技も効かず、そのうえ鎧が変形するだと…!?
ダメだ一体どうやったらこのザイザフォンとかいう化物に勝てるんだ…そう思っていた時期が俺にもありました。



これが俺の能力「鋼鉄鎧甲」 この鎧は俺の意志で自在に変形・再生することができる。

なんかちょっとマギらしからぬ能力だけど、まるでどこかのロボットアニメみたいな能力でちょっとカッコいいと思ってしまったじゃありませんか←
あと自分で自分の能力を敵の前でベラベラ喋るところもマギにはあまりいないタイプのような気が…

この「一番銛」ならな!! この程度のことでは、俺は死なんぞ。

まさかヒナホホの一番銛も通用しないとはいよいよ勝てる気がしなくなってきたな…
いやそれより鎧の中身が空っぽっつーことは、他の漫画やアニメとかでもよくある実は鎧が本体でした…ってやつなのか!?
そういう場合、その漫画やアニメでは一体どうやって倒してましたっけ…!?

いいだろう…少し昔話をしてやる。

あーあ、ザイザフォンおじいちゃんってば、とうとう戦いの真っ最中に昔話?身の上話?をはじめちゃったよ。
よっぽど誰かに自分の話を聞いて欲しかったんだろうなあ。
こういう自尊心?自己顕示欲?が強いいわゆる自分に酔っているタイプは、意外と足を救われやすいものだと思っていたら…

ごちゃごちゃうるせー野郎だな。 ぎゅう ぶんぶん ヒューン

いやさすがにこの展開は予想していなかったというか、ヒナホホひでぇ笑笑笑
なんというかもっとこう激しい力と力のぶつかり合い的な戦いが繰り広げられて、ヒナホホが絶体絶命の窮地に追い詰められるところを予想していたんだけど…

…よし、行くか!!

しかし終わってみればヒナホホの圧勝でしたな。
ミストラス&ピピリカの方もこんなふうに上手く行けば良かったのに…


広告

関連記事
No title
今回のギャグ回は自分的には面白かったです。でもただのギャグ回から次回は一転して悲劇のシリアス回になりそうで不安です。

今回のラストの大寺先生の一言について、私の考えは七猫さんとは違っていて、よく少年誌のバトル漫画が打ち切られる時に「俺たちの戦いはこれからだ」「○○先生の次回作にご期待下さい」という決まり文句がありますが、てっきり今回の大寺先生のもそれらと同じものだとばかり思っていました。でもマギはいつも私達読者の予想をいい意味で(たまに悪い意味でも)裏切ってくれるので、どうなるんでしょうね。
[ 2017/09/10 18:13 ] [ 編集 ]
まさかのギャグ回
究極の生命体でジョジョを思い出し、鎧が空で鋼の錬金術を、老人になっても昔の強さに執着で魔界転生(古すぎですね)を思い出しました。
こんな強敵をどんな風に倒すのかなと思っていたら、……ただ投げた………………。

しかし大寺先生がザイザフォンのこれからの活躍をとか書いていらっしゃるので、死んだ訳ではないのですね。
また頭をくっつけて戻ってくる気がします。

[ 2017/09/09 16:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第366夜 NEW! ※最終話まであと4話
シンドバッドの冒険: 休載

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.363 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月20日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ