カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第345夜(第345話)「繋げる魔法」の感想(ネタバレ有)

マギ 第345夜(第345話)「繋げる魔法」の感想(ネタバレ有)

いよいよ最新単行本第33巻が4月18日(火)頃発売!!!

これまでの簡単なあらすじ

 アリババが生き返る(イル・イラーの中から元の世界へ戻る)方法がさっぱり思いつかないんだけど…あとテスが可愛い←



「生き返りたい」ってどんな気持ちなの? ふーん。

 この位の年頃の子供ならば好奇心旺盛で何にでも興味を示していてもおかしくないはずなのに、このまるで枯れ果ててしまった年寄りのような淡白なリアクションは…

変なの、あのお兄ちゃん… じーっ

 でもここでは見たことのないタイプの人間のアリババに対しては、一応興味を示している様子ではあるんですよね…

生き返ってどうするの?特にやりたいこともないし… 僕はここでこのまま石積みでいいと思う

 ここでもまた子供らしくないことを…でもテス個人というよりはむしろここにいる皆を代表して聞いているといった方が正しいのかもしれませんが。

魔法ってどうやって創るの?パパ。 えっ!?どう創るってそりゃあ……

 なんだろうこのまるで「子供ってどうやって創るの!?」と聞かれた時のような気まずい感じはwww

なんだか、賑やかになってきた。

 アリババの熱意に感化(触発)されて周りの大人達もやる気を出し始めたことで、テスの表情に好奇心旺盛な子供らしさが出てきたのが印象的でした。

僕がコツを教えてあげようか。 テテテ

 さっきまでのテスならとても自分からこんなこと言わなかっただろうに、これは確実にテスもアリババの影響を受け始めていますな。

こういう気持ち、どうして忘れてたんだろう?僕 ママに会いたい!にっ!

 こんなまっすぐな笑顔で「僕、ママに会いたい」なんて健気なこと言われたら、アリババじゃなくてもファーランに会わせてあげたいと思わずにはいられませんよね。シンドバッドの冒険のファーランを見ていると、なおさら会わせてあげたいですよね。

そっかー…アリババお兄ちゃん、生き返ったらいなくなっちゃうんだね。

 ホントついさっきまでのテスとは別人のようないい表情をするようになりましたよね。

ママに会いたいっっ!!!

 アリババというたった一人の人間の存在が、テスをはじめとした多くの人達の表情(気持ち)を、このわずかの間にここまで劇的に諦めから希望に満ちたものへと変えてしまうものなのかと。

アリババはここに来て以来、ずっと調べまわったりみんなに話を聞いたりしているな。

 アリババの(死んでも諦めない)行動力や(初対面の相手でも誰とでも話すことができる)コミュ力はある意味才能ですよね。

この石だけは幻じゃないんだ。『次元の穴』から拾ったんだ。(中略)ルフって魔力の源だろ!?つまりこの石を使えば…魔法が使えるってことじゃないんですか!?

 アリババが諦めないで聞き回って探し続けた結果、ついに元の世界へ帰る手がかりが!でもちょっと出来過ぎな展開のような気がしないでも…まるでアリババに運命が味方をしているかのような…

お、俺一度も女の子と付き合ったことすらないんです!お願いします!みなさんの力を貸してください!

 人並み外れた強さや能力が無くても、こうしてたくさんの人達を動かせることができるのだから、これも立派な才能ですよね。しかもこうしてアルマトランの人達を(共通の目的のために)一つにまとめるなんてソロモン王でさえできなかったことをやってのけるなんて…もしかしてアリババってソロモン王以上にすごい人だったりする!?

いいかアリババくん、僕たちが作ったこの大魔法は、次元と次元を一瞬だけ繋げる魔法だ。

 どうしてアリババだけが(しかもあのハニワの姿で)戻ってくることができたのか、ここにきて色々な疑問が一気に解決されたわけですが…でも考えれば考えるほどに、この場所も、ここにいる人達も、少し前に次元の穴が空いたことも、その全てが今この瞬間のアリババのために用意されたとしか思えなくなってくる件について。

一人だけ元気で生き返ることを信じ続けて…まるでアイツのよう…

 ここにきてアリババもまた運命に選ばれた特別な存在なのではないかと思えてきたのですが…


広告

関連記事
No title
>花月(かづき)さん
今回はいつにも増してアリババにとって都合の良い偶然や状況、条件がいくつも重なっていたのでちょっとアレ?と思いました。
いつもどこでもどんな状況でもアリババのアリババらしさが変わらないというのは私も同意見ですが、アリババが運命を引き寄せて(切り開いて)いるのか、運命がアリババにそうさせているのかは、気になるところです。

>七猫さん
私は七猫さんよりも全然理解できていませんが…そういうマギ世界についての詳しい解説をした本やサイトがあればすごい便利そうですよね。
アリババの影響を受けた(アリババが助けた)アルマトランの人がアリババに力を貸してくれる…マギでそのような少年誌のバトル漫画の王道展開が実現したら、ものすごく盛り上がりそうですよね。私もそれはすごく読んでみたいです。
[ 2017/04/18 20:12 ] [ 編集 ]
ハニワのアリババ
今まで私はルフの集合体が人間の精神体だと思っていましたが、ルフがなくてもアリババやテス達の精神体はあるんですね。マギでの人の魂の定義って難しい…。
死後の世界、大いなる流れにかえったら自我がなくなる現世の人々といつまでもただぼーっと生かされ続けるアルマトラン組、どちらを望むかは人によって違う気がします。しかしどの世界も繋がればテスとファーランが会えますね!
アリババと会った事で人間的な感情を取り戻したかもしれないアルマトランの人々、もしかしたらこれからの戦いでアリババに力を貸してくれるような激熱な展開がくるかな?と妄想しています。
[ 2017/04/17 14:46 ] [ 編集 ]
No title
まあ、アリババが仮に特異点だったとしても特に問題はないと思います。
自分が特別な人間だろうとアリババがアリババって事は変わりませんし、
アリババなら特異点だろうが関係ねぇとか実感わかないとか俺は俺だとか
アリババ・サルージャという1人の人間として進んでいくと思います。
特異点だろうが特異点でなかろうがアリババのやる事は変わりませんしね。
特異点だったとしてもシンドバットみたいに運命の流れを感じる能力もないですしね。
[ 2017/04/12 09:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第366夜 NEW! ※最終話まであと4話
シンドバッドの冒険: 休載

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.363 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月20日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ