カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » 青の祓魔師 » 青の祓魔師 単行本第19巻の紹介と感想(ネタバレあり)

青の祓魔師 単行本第19巻の紹介と感想(ネタバレあり)

2017/04/04 06:04 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

本日、青の祓魔師の最新単行本第19巻が発売となりました。
ここ最近はリマスター版(電子書籍)も同日に発売されており、私が購入したのもリマスター版の方です。

19巻の表紙

は見るからに何やら企んでいそうなメフィストことの時の王・サマエルです。
いよいよこいつが本格的に動き出したことによって、物語の核心に迫っていくことに…

本編は第84話から88話まで

計5話&アニメアフレコレポ漫画が収録されています。
ちなみに同日発売のSQ.には最新話第89話が掲載されていました。

表紙カバー裏

には虚無界の権力構造と勢力対立図が載っています。
八候王内の序列や勢力図は気になっていたので、すごく興味深かったです。
っていうか、火の王や水の王がルシフェル派閥だったのが意外でした。
これまでの話の中でも、火や水の眷属は人間に協力的なように見えましたし、特に火の眷属のカルラやウチシュマーは腐の王の眷属である不浄王と対立していたので、てっきり火と腐は敵同士なのかとばかり思っていました。

今回の簡単なあらすじ

 今回、勝呂とライトニングは物語の核心に一気に迫ることに。そしてついにあの青い夜の衝撃の真相とサタン誕生の謎が明らかに。でも個人的にはしえみの(祓魔師になることを断念せざるを得ないほどの)秘密の方が気になるけど…



ルシフェルを宥める為に クローン研究 不老不死薬を研究 魔王(サタン)が実験体に憑依 それに自我が芽生えたことで青い夜は起こった

 青い夜の真相も、最初にクローンやエリクサーの研究を推し進めていたのがメフィストだったということも、メフィストが語る全てが衝撃的すぎてもう…

杜山さんの健康診断は優良ですし

 雑誌掲載時にはスルーしちゃっていたけど、ちょっと聞き捨てならないぞこれは。いやしえみの健康診断が優良なのはいいことなのですが、問題なのは雪男がしえみの健康診断の結果を知っているということです。そりゃまあ先生なんだから当然だとはわかってはいますが、たとえば体重やスリーサイズなんかを、出雲や朴など他の女子達のデータも見ることができるとしたら、うらやましすぎ…もといけしからん!

あいつ一体どーしたんだ!??? 祓魔師になるのはやめたんだ

 あれだけ散々思い悩んでようやく祓魔師になることを決めたのに、一晩経ったら今度は急に祓魔師になるのをやめるって…しかもパーティーしようとかまるで思い出づくりみたいなことを言い始めて、しえみが母親に何を言われたのかますます気になって仕方ないのですが…

(ネイガウス)博士こそここで何をしてるんですか?

 ファンの間でもいつ原作で再登場するかとずっと言われ続けていたネイガウスがついに登場!それにしてもネイガウスの目的か…思いつくところでは、サタンを倒すか、家族を生き返らせるかの、どちらかしかないのですが…

…ライトニングに連れ回されてるって聞いてますよ大変でしょう …い いえ まさか勝呂くんも…?

 雪男が(勝呂もライトニングと一緒だったことを)知ったら勝呂を許さないのだろうかそれとも… 

俺がブレーキになります!!ここに来て貴方一人に出来ひん最後までついて行きますよ…!

 つい少し前までお山の大将だった勝呂が、こんなこと言うところを一体誰が想像できただろうか…

 今回、ライトニングの行動が結果的には奥村兄弟の大切な人の命を奪うことになってしまったわけですが…もしこれから先、勝呂がライトニングか奥村兄弟かの二者択一を迫られる状況が出てきたら、勝呂はどちらを選ぶのかがすごく気になります。

うん 私 今日と明日デートなの

 なんか朴は男ができてから付き合いが悪くなって、ちょっと寂しい気もします。せめてどっちか1日だけでも…せめて30分か1時間位だけでも参加してくれてもいいのに。


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第366夜 NEW! ※最終話まであと4話
シンドバッドの冒険: 休載

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.363 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月20日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ