カレンダー(月別アーカイブ)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第339夜(第339話)「虚偽と信望の信念」の感想(ネタバレ有)

マギ 第339夜(第339話)「虚偽と信望の信念」の感想(ネタバレ有)

次号、休載。

これまでの簡単なあらすじ

 次にシンドバッドに挑むのは白龍、はたして白龍はシンドバッドの「理不尽な世界では何を疑い何を信ずるべきか!!?」という問いに対してどんな答えを出すのか…!?



俺は数ある王の器の中でも君のことが一番…なんていうか、君には期待できないんだよな!

 って、ちょ、おま、シンドバッド、(少し前まで)白龍のこと散々利用するだけしておいてその言い方はちょっと酷くね?いくらなんでも白龍のこと見くびりすぎ、白龍に対する評価が低すぎだろ。ここまで言われたからには、なおさら白龍にはシンドバッドを見返してやってほしいですよね。

ヴァレフォールは氷魔法の使い手か!!

 相手がヴァレフォールの能力を氷魔法と勘違いしている内に「停滞」状態へと陥らせるのが、シンドバッドの冒険ではおなじみのシンドバッドの勝ちパターンでもありましたが、はたして白龍がそれに気付くことができるのか…

ザガン…他愛なかったな… ベリアルの傷が再生しただと!?

 たしかヴァレフォールはその能力の強力さゆえに魔装は脆いはずでしたが、(シンドバッド自身が神の何でもありの世界だからか)ヴァレフォールの魔装もザガンやベリアルを圧倒できるほどに強力になっていますよね。さらにこのうえ停滞の能力をかけられたら白龍一体どうなっちゃうんだ…!?

君が守れなかった煌帝国の風景だよ…白龍帝!!

 こうして本人に過去のトラウマを掘り起こさせることによって、問いに対する答えを出させようとするのは、さっきのジュダルの時と同じやり方なわけですが…

君の不幸はソロモン王の理不尽な運命のせいでもある

 最近のシンドバッドは事あるごとに自分達の不幸はソロモンのせい、運命のせいなんだと…これじゃあアル・サーメンの連中と変わらないような気さえしてきました。(以前コメントでどなたかが同じこと指摘されていたかもしれませんが)

俺はこんな世界を変えたいんだ!正義を行った者には祝福を。悪に染まった者のみに罰を与える…そんな正しい世界を作るべきなんだ!!

 ソロモンの運命が支配する世界よりもシンドバッドが理想とする世界の方がよっぽど理不尽な気がするのは私だけではないはず。

姉にぐらいは、全てを打ち明け、力も危険も責任も分け合い、共に戦うべきだったと…

 もし白龍がそうしていたら、歴史がどう変わっていたのか、すごく興味があります。もし白龍がそうしていたら、玉艶に危険な存在と見なされて、二人の兄達と同じ末路を辿っていたかもしれませんが。

己以外の存在を信じろ。なぜなら、己一人が信じる正しさなど…生きている間に何度も変化するからだ。

 まさかあの白龍の口からこのようなセリフが聞ける日が来ようとは…三年前にアリババ達と殺し合いをした時に一体誰が想像できただろうか…自分の中の白龍といえば、どうしても堕転してアリババと殺し合いをした時のイメージが強いので、なんか白龍が白龍じゃないみたいで…

わかったよ…白龍くん。君はやはり俺にとって最も、相容れない王の器だ。

 うーん、今の白龍の答えでもまだシンドバッドを納得させられないか…さっきのバアルの時のジュダルの答えと同じくらい説得力があると思うんですけどね…一体どうしたらシンドバッドを納得させられるのか…


広告

関連記事
No title
>匿名希望さん
ご指摘のとおりだと思います。

>七猫さん
私も白龍の成長ぶりを感じずにはいられませんでした。
それに比べてシンドバッドが大人げない感じがするのは、これまで本当の自分をさらけ出すことができなかったのが、ここにきてようやく本当の自分をぶつけられる相手が現れたから…とかなんですかね?
あとこれはアル・サーメンの人達についても言えることですが、自分では自分の言動がおかしいと思いつつも誰か(何か)のせいにしないとやっていけない(過去の悲劇に心が耐えられない、心のバランスを保てない)のかもしれませんね。
[ 2017/03/01 17:07 ] [ 編集 ]
白龍の成長
今回白龍はシンドバッドへの恨みごとを言わず、自分自身の負けを認め冷静に自分の意見を立派に述べたと思いました。
それに比べてシンドバッドの方は管理人様のおっしゃる通り何でもソロモンのせいにし過ぎだと思いました。少なくとも煌の衰退に関してはシンドバッドの強引な内乱への介入や白龍帝の時代に反乱を扇動したことなどシンドバッドの意図がほとんどだと思います。
それに不幸がソロモンのせいだとしたら幸福もソロモンのおかげという事になる。
シンドバッドの迷宮攻略もシンドリア建国も新世界の覇者になれたのもそうなら、むしろソロモンに恩があるという事になってしまう。

それからシンドバッドは今回白龍に対して失礼過ぎます。昔は運命共同体とまで言ってたくせに利用価値がなくなると一番期待できないとか言いたい放題。ネルヴァや極悪なバルバロッサよりも下って事?
まあ白龍を煽る為に言ったのかもしれないですね。
[ 2017/02/27 01:50 ] [ 編集 ]
No title
残念ながら半分はソロモンのせいなのは事実ですね…。ソロモンがイラーから引き離した事でファーラン達は死後肉親に会えず、傷心の魔導士達は力を奪われどん底に叩き落とされた結果、アル・サーメンが生まれ今の世界まで禍根続く原因にもなりましたから。
いくら自分が良かれと思っても周りを省みないで即決独断でやったのは傲慢と言われても仕方ないです。
このソロモンの過去の独断行為と傲慢は現在のシンドバッドにも通じる部分でもあると思います。
[ 2017/02/22 21:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第168夜 NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は11月22日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ