カレンダー(月別アーカイブ)

01 ≪│2017/02│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第338夜(第338話)「ヴァレフォール」の感想(ネタバレ有)

マギ 第338夜(第338話)「ヴァレフォール」の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 シンドバッドの7つのジンの試練の内、最初のバアルの試練を、ジュダルが見事にクリアー!おそらく次の試練となるであろうヴァレフォールに挑むのは誰…!?



初代シンドリア王国の滅亡とは関係ねえ。これは俺のせいじゃねーから!

 あ、ジュダル、一応気にしてたんだ。っていうか、やっぱり初代シンドリア王国が滅亡したのはジュダルのせいでもあったのか…

理不尽な運命の前には破壊か屈服の二択ではなく…様々な『役目』を仲間と分け合うべきだと

 この考え方はこれまでアラジンやアリババが(白龍やシンドバッドやその他たくさんの人達に対して)何度も言ってきたことですよね。ジュダルがそこ(様々な役目を仲間と分け合うというところ)まで深く考えて言ったかどうかはちと疑問ではありますが…

『シンドバッド王の唯一の心残り』とは、一体何ですか?

 あ、それ、俺も白龍と同じでまだ全然わかっていないです。アラジンの白龍に対する言い方からするに、自分一人で何もかも抱え込まないで時には仲間に頼るべきだったという後悔を、四人の仲間でやってきたアラジン達を倒すことで打ち消したいとか、つまりはそういうことなの!?

アラジン殿…俺はあなたのそういう、高みから他人を試すような喋り方が前から嫌いなんですよ!

 なんというか最近のアラジンと白龍のやり取りを見ていると(主に白龍のアラジンに対する毒舌に)ハラハラさせられることが少なくないです(苦笑)。いくら温厚・寛容さには定評があるアラジンでも、そして白龍が誤解されやすい言動をしがちなことに理解があったとしても、こんなことが続くといつかブチ切れそうで(苦笑)。

白龍にも友だちなんかができたんだね~

 こんな突然母親らしいこと言い出すものだから、そりゃあ白龍も警戒しますわな。自分的には今のアルバ=玉艶が「何を企んでいるのか」よりも「白龍をどう思っているのか」の方が気になりますが。

理不尽な世界では…何を疑い、何を信ずるべきか!??

 今度もまたさっきのジュダルの時のようにシンドバッドを納得させられる答えを出せばいいの?でもこんな禅問答のような難解な問いかけ、(かつては他者に対して疑心暗鬼の塊だった)白龍にシンドバッドが納得する答えが出せるのかどうか…

関連記事
No title
>ジュダルがシンドバッドを納得させたのは彼が自分を嫌いな事を指摘したためとばかり思ってましたが

私も同意見です。でもジュダルに自分の本質を指摘されたのが悔しくて、実は口には出さなかっただけという可能性も?
[ 2017/02/22 00:46 ] [ 編集 ]
ジュダルがシンドバッドを納得させたのは彼が自分を嫌いな事を指摘したためとばかり思ってましたが、役割分担の事だったんですね。確かに独断でシンドバッドは動いてますから。
白龍とアラジンの言い争い、白龍もきつく言い過ぎだけどアラジンの言い方も他人をイラッとさせる事もあると思います。
二人ともわりとはっきり物を言うタイプですよね。
[ 2017/02/18 06:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編:第339夜 次週は休載 NEW!
シンドバッドの冒険:第139夜 次週は休載 NEW!

単行本
├本編:33巻-4月発売予定
└外伝:12巻-1月18日発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.338 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は2月22日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード
ブログパーツ