カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » 青の祓魔師 » 青の祓魔師 第86話「結果枝」の感想(ネタバレ有)

青の祓魔師 第86話「結果枝」の感想(ネタバレ有)

2016/12/31 09:57 | ジャンプ(SQ.) 青の祓魔師 | コメント(0)

本日、SQ.2月号と青の祓魔師単行本第18巻が発売!!
SQ.2月号にはTVアニメ情報が掲載、付録もついてきています!!
なお、単行本第19巻は4月4日発売予定!!

これまでの簡単なあらすじ

 不老不死薬(エリクサー)の研究だけかと思っていたら、悪魔の王(八候王)のクローンまで作っていたとは…そしてついに今回あの「青い夜」の全貌が明らかに…!?



そのファイルは…ライトニング……?

 アザゼル群…アザゼルってたしか「氣の王」ですよね。あのライトニングが(他の悪魔の王の時はそうでもなかったのに)アザゼルのファイルを見た時にパニックになりかけていた(強い関心を示していた)こと、そして氣精をはじめとして氣の悪魔を多く使役していることから考えると…とても無関係とは思えないのですが…

ボソ…爺ちゃん

 ここでライトニングがものすごく気になる一言を…もしかしてライトニングもまた八候王(アザゼル)のクローンという可能性も…いやいくらなんでもまさかそんなことは…

アマイモン…!?これ正十字騎士團が八候王の憑依体造っとったて事ですか!?

 最初ここまで読んだ時、メフィストはルシフェル=イルミナティと裏で繋がっていて、八候王全員で世界というか人類を滅ぼそうとしているのではという可能性がまず頭に浮かんできました。でもそれにしてはやり方が妙に回りくどいし、何よりメフィストは人間が生み出した文化が偉く気に入っているようだし…

さっきの仕返しです☆ 嫌いじゃないですよ 人間臭いアナタは

 このメフィストの楽しそうな様子からもわかるように、やっぱりメフィストは人間が好きなんですよね。じゃないとここまで人間の心理が理解できるわけがありませんし。 

私も騎士團もイルミナティとは関係ない ルシフェルと組んでいるという事実もありません

 いや少なくともメフィストのエリクサー実験がイルミナティに引き継がれていることを考えると、全くの無関係というわけでも…

虚無界の勢力図はシンプルです 人間を敵視するルシフェル派閥 人間に協力する騎士團派閥

 今回の一番の見どころは何と言っても人間(世界)を滅ぼそうとするルシフェルと人間(世界)を守ろうとするメフィストの壮絶な駆け引きでしたね。なんというかもう人間の常識や理解の範囲をはるかに超えていてただただ圧倒されっぱなしでした。

 アマイモンはメフィストのおかげで新たな肉体を得ることができたから、メフィスト側についている…と考えてもいいのかな?あと個人的には「黙れ混血(ネフィリム)の分際で」と言われていた人?悪魔?のことが気になりました。

クローン研究 不老不死薬を研究

 まさかこれらの研究が当初はメフィスト主導で行われていたとは…これにはさすがに驚かずにはいられませんでした。

当時で最強の強化人間が生まれます サタン

 って、ちょ、待てよ、あの15年前の「青い夜」を引き起こした元凶はメフィストお前だったのか!

なんちゅー運命や…こんなどでかい渦の中におんのかあの二人は

 今回、ユリ・エギンがサタンの子…燐や雪男を身籠った経緯についてまでは語られていませんでしたが、TVアニメのような甘いドラマのような展開はとても期待できなさそうな感じがします。

 いや本当に勝呂が言う通り、燐と雪男はどれだけ過酷な運命を背負わされてしまっているというのか…


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第366夜 NEW! ※最終話まであと4話
シンドバッドの冒険: 休載

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.363 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月20日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ