カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第112夜(平成28年7月9日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第112夜(平成28年7月9日更新分)の感想(ネタバレ有)

次回以降はまた水曜日更新に戻って、
来週は休載なので、7月20日(水)から連載再開するそうです。

これまでの簡単なあらすじ

 エリオハプトの王子・シャルルカンを新たな仲間に加えて、シンドバッド一行は当初の目的地・(マスルールの故郷の)暗黒大陸へと…



そんなんで砂漠ごえしようとしてたんですか!?

 なんというか、この二人のいつものやり取りを見ていると、ちょっとホッとさせられるというか、安心します。ここ最近シリアスな展開が続いていたから…

暗黒大陸を目指すなら南方に住まう「トランの民」を訪ねるといいと思います…

 なんかヤバいシャルルカンが可愛すぎるんですけど。それがどうやって本編のシャルルカンになっていったのか…

なんか最近俺へのあたりきつくない!?気のせいです

 うんうん仲良き事は美しき哉。それにしっかり者のジャーファルさんがいてくれることによって、シンドバッドが安心して素の自分を出すことができている…そんなふうに見えるんですよね。

なんだ…それって何も知らないってことじゃないか。王族ってそんなものっスね。

 マスルールのシャルルカンに対する言動が容赦なさすぎワロタ…こんなん年下から言われたら俺がシャルルカンの立場でもキツいっス…どうやらシャルルカンはマスルールにこいつは自分より(存在が)下と見なされてしまったみたいですね可哀想に…

「シャルルカン」これからはそう呼びますね。ニコ!!

 砂漠に舞い降りたシンドリアの女神。

あんた弱いんだから。 う…うん。

 今回一気にシンドバッド達と打ち解けていくことができたのはいいことだけど、マスルールのシャルルカンに対する扱いががががが。でもまあピンチを助けてくれたり、それなりに気を遣ってくれてはいるようですが(苦笑)。

あれがお前の言っていたトランの民の村じゃないか?

 トランの民の村に着いたのはいいけど、この中にトラン語話せる人いましたっけ!?


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ