カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » D.Gray-man » D.Gray-man HALLOW 第1話「14番目」の感想

D.Gray-man HALLOW 第1話「14番目」の感想

2016/07/07 06:57 | ジャンプ(SQ.) D.Gray-man | コメント(2)

一応10回以上は視聴したのですがDグレはアニメも難しいです…

いきなり続きから入っていましたね。
せめてこれまでのストーリーをダイジェストでやってくれれば、
久しぶりに見た人でも少しは話の内容を把握しやすかったのですが…

もっともストーリーの難解さを除けばTVアニメとしてのクオリティはかなり高いです。
作画は超綺麗だし、ストーリーも原作を(かなりはしょってはいるものの)割と忠実に再現してくれていますし。
ただアレンの敬語の話題の時、原作ではジョニーだったのがアニメではラビになっていた理由がよくわかりません。
やっぱ人気か…!?ラビは人気があるからなのか…!?

あとアニメでもリナリーは可愛かった!すっげー可愛かった!リナリーの好き~の破壊力ががががが。
でもリナリーといえば伊藤静さんの声の印象が強かったので、新しい声優さんに慣れるのはちょっと時間がかかるかも。

クロス師匠がやけに14番目やマナ、そしてアレンの事情に詳しすぎる件について。
クロス師匠と14番目やマナは一体どんな関係だったのかがすごく気になりました。
ルベリエが尋問すべきなのはアレンよりもクロス師匠だったのでは…!?

No title
個人的にはもっとライト層向けに…
青エクやマギくらいわかりやすくしてくれても…とは思います。

とりあえず2話目以降どうなるのか…ですね。
[ 2016/07/11 23:59 ] [ 編集 ]
No title
最初のアニメからだいぶ経っているのに、
その続きから始まるって、かなり珍しいですね。
アニメ化からだいぶ時間経ってから再びアニメ化だと
再び1スタートが多い中、すごく珍しいです。
僕が知る限りではこういう例はテニプリと金田一くらいしかないですし。

そう考えるとDグレは十分に恵まれていると思います。
かなり端折っていると言っても、最初から続編という形で再びアニメ化、
初見の方とかには更に難しすぎるとも言えますけど、
続きからスタートという作りからどちらかというと、
初見より最初のシリーズからアニメ観てた方や原作ファンの為の作りって感じですし。
[ 2016/07/07 17:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ