カレンダー(月別アーカイブ)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第111夜(平成28年7月2日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第111夜(平成28年7月2日更新分)の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 そういえば前王の遺言では、次の国王は二人の王子が話し合って決めろ…ということになっていましたね。でもまあぶっちゃけアールマカンが王になるのでしょうが…



お前はどうする?シャルルカン。

 あの王妃達がいなくなって、ようやく兄弟二人が誰にも邪魔されずに面と向かって話せる時が来ました。

 それにしてもシャルルカンのあの表情を見ていると、まるで幼い子供が周りの大人達から責められているみたいで、ちょっと可哀想になってくるんですよね…

王になるべきなのは…余は…僕は、兄上だと…思います。

 やっぱりそうなりますよね…

 今回、シャルルカンは「愚かな弟」とか散々な言われようでしたが、私はそこまで愚かだとは思わないし、むしろアールマカン似の賢明な王子だとさえ思っています。ただいかんせん老獪な大人達に抗うには幼すぎたわけで…

あの子はこの国にいるだけで今後争いの種になるだろう

 国内融和の象徴として、二人の兄弟が手と手を取り合って…というわけにはさすがにいかなかったか…

シャルルカン殿下は、我がシンドリア商会がお引き受けするというのは?

 なんというかこう…予想通りの展開というか、収まるところに収まったといった感じすね。

 とりあえず今後のシャルルカンとシンドバッド達のやり取りに注目していきたいです。個人的には本編でシャルルカンがマスルールに先輩として尊敬されていない理由がすごく気になっているので、そのあたりも明らかになることを期待しています。

戻ってこい。いつの日かまた、この国に…

 最後はこうしてちゃんと救いがある展開でホッとしました。アールマカンはシャルルカンに対しては厳しいと思っていましたが、優しい弟思いのお兄さんじゃないですか…

これで、いいんだ。必要なものはすべて、揃ったんだから……

 これで八人将が五人まで揃ったわけですな。それに加えてセレン様やミストラスがいることを考えると、本編と比べても戦力的にそれほど見劣りするとも思えないのですが、なおさらどうしてジュダル&パルテビアに国を滅ぼされるなんてことになったのかが気になって仕方ありません。


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第359夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 休載 NEW!

単行本
├本編:35巻-8月18日頃発売予定
└外伝:14巻-6月16日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.356

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は7月26日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ