カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第106夜(平成28年5月28日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第106夜(平成28年5月28日更新分)の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 セレン様が迷宮を攻略したことで、物語は再びエリオハプトの王位継承争いへと…



シンドバッドたちが迷宮に入ってから1時間ですか…

 今回は元の世界に戻るのにどれだけ時間がかかるのか、二手に分かれたシンドバッド達とセレン様達が同時に戻ることができるのかが気になっていたのですが、まさかたったの1時間で全員揃って帰還することができるとは…

 もし攻略者の帰還のタイミングをジンが決められるのだとしたら…ゼパルが気を利かせてくれた!?

それが先王の望みだというなら私は王位を退こう。

 さすがのアールマカンもシャルルカンに先王の石棺に刻まれているのが自分の名前だと言われた時には動揺してしまっていましたが、どうやら1時間経ったらまたいつもの賢明で思慮深いアールマカンに戻ったようですね。もし自分がエリオハプトの国民だとしたら、やっぱりついていきたいのは王妃ではなくアールマカンですね。

我々にとってこれ以上都合の良いものはなかったというわけですね。ハハハ!

 シャルルカンの言っていたことが嘘だと判明した時にシャルルカンがどんな目に遭わされるのかを考えると正直怖い…

この国を守り存続させることが私たちの務めなのよ。

 アールマカンはともかく王妃も国の未来を考えていたとは超意外…どう見ても自分達の保身のことしか考えていないように見えるけど…

お約束通り、「迷宮」を攻略し元の場所へ戻してみせました。

 一時はセレン様に完全論破されてかなり落ち込んでいましたが、またいつものシンドバッドに戻っていてホッとしました。

暗黒大陸はマスルールのファナリスの故郷だ。それだけでも行くのに十分な理由じゃないか。

 この頃のシンドバッドはカッコ良すぎだろうと。まるで少年漫画の主人公みたいだ←

俺はもう立ち止まらない。それは俺の夢も同じだよ。

 それで結局セレン様の逆プロポーズの話を受けるのかどうかがものすごく気になるのですが…


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第354夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 休載 NEW!

単行本
├本編:34巻-6月16日頃発売予定
└外伝:14巻-6月16日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.353 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月21日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ