カレンダー(月別アーカイブ)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ブラック・クローバー » ブラック・クローバー ページ61「神殿バトルロワイヤル」の感想(ネタバレ有り)

ブラック・クローバー ページ61「神殿バトルロワイヤル」の感想(ネタバレ有り)

2016/05/16 00:01 | ジャンプ(SQ.) ブラック・クローバー | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 ここまではアスタ達黒の暴牛が神官魔道士軍団を圧倒しているが…



こんなくだらねーことさっさと終わらせてマリーとイチャイチャしよう…!

 これは奇遇ですね、私もシスコン鼻血先輩と同意見です←

残っておる神官達はそう簡単にはいかん 特に三人の大神官は上級魔道士レベル~

 ま、マジっすか!?…って、上級魔道士レベルがどの位の強さなのかよくわからないので、とりあえず戦功叙勲式の回を読み直してみたけど、やっぱりよくわからなかった件について←

危ない危ないあんな強そーなのと~

 こういう奴ほど最後まで生き残ったりするもんなんですよね。でも今回こそはフィンラルがバトルするところを見てみたいです。フィンラルが使う魔法を考えると、やっぱりあの白夜の魔眼のガリガリ顔面ラインマンと似たような戦闘スタイルなんですかね!?

歌魔法"母なる子守唄(マザーララバイ)"

 たとえ油断があったとしても、あのチャーミーを瞬殺とは、強い強すぎる…でも歌魔法ってどっかで聞いたことあるような…!?

己の夢を賭けて…真っ向勝負と行こうか!!

 これまでアスタが戦ってきたのっていわゆる変化球タイプが多かったので、こういうふうに正面から正々堂々と戦いを挑んでくるいわゆる正統派タイプとのバトルは逆に珍しいかも。次回はアスタとキアトのバトルの盛り上がりに期待したいですね。

え…!?カホノ…!?待ってたよノエル

 な、なんだってー!ま、まさか、あの歌魔法の神官魔道士がカホノだったなんてー!(棒)

 いやまあなんとなくこうなるんじゃないかと思ってはいましたけどね。次回はこちらの対決からも目が離せなさそうですね。


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第359夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 休載 NEW!

単行本
├本編:35巻-8月18日頃発売予定
└外伝:14巻-6月16日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.356

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は7月26日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ