カレンダー(月別アーカイブ)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 単行本第9巻の紹介と感想(ネタバレあり)

マギ シンドバッドの冒険 単行本第9巻の紹介と感想(ネタバレあり)

ようやくシンドバッドの冒険最新単行本第9巻を買うことができました。
そして早くも来月…5月18日(水)頃には10巻が発売が発売されるようです。

第9巻では第70夜から第80夜までを収録

この9巻では奴隷編?マーデル編?がついにクライマックスを迎えます。
ある意味ここがシンドバッドの原点やターニングポイントのように思いました。
※ちなみにマンガワンでの最新話は発売日時点で第101夜です。



9巻おまけマンガマーデルさんとキールくん

マーデルに拾われなければあのまま人間扱いされずに野垂れ死んでいただろうことを考えると、
たとえマーデルの母性愛が嘘偽りだったとしてもキールは幸せだったんじゃないかと思わずにはいられません。

マーデルはキールをちょうどいい駒とか最後の使える奴隷とか散々言ってくれちゃっていましたが、
159ページの息絶えたキールを見るマーデルの表情が…本当はキールのことどう思っていたんでしょうね。

主人と奴隷、奴隷同士の人間関係も見どころの一つでしたが…

キールやファティマー、それに多くの子どもの奴隷達…まるで彼らのマーデルを巡る救いのないドロドロの愛憎劇を見せられているかのようでした。

この時のことがシンドバッドの原点にもターニングポイントになったとも…

マーデルがシンドバッドの生き方考え方に良くも悪くも多大な影響を与えたことは、
最近の本編でのシンドバッドのアリババに対する言動からもわかります。

シンドバッドが一人で何でも背負おうとするのがちょっと心配かなとも

最後は俺の手で決着をつける、すべての責任は俺がとる、そして実際それができちゃう人でもあるんですよね。

マーデルに勝って、奴隷から解放されたというのに、なんだろうこのすっきりしない感じは…

とりあえずジャーファルさんがシンドバッドに何を言うのかに注目したいですね。


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第359夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 休載 NEW!

単行本
├本編:35巻-8月18日頃発売予定
└外伝:14巻-6月16日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.356

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は7月26日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ