カレンダー(月別アーカイブ)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第101夜(平成28年4月6日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第101夜(平成28年4月6日更新分)の感想(ネタバレ有)

来週から土曜日更新に変更になるそうです。
そしていよいよ来週からTVアニメの放送開始!
BS視聴の自分にとっては漫画の翌日にアニメという感じになりますね。
さらに4月12日頃に本編29巻とシンドバッドの冒険9巻が発売!

これまでの簡単なあらすじ

 シンドバッド達とゼパルが一触即発の状態の中、セレン様は…



君を、王とは認めない。ここにいる全員一生迷宮の中だ!!

 ちゃんと試練をクリアーしているにも関わらず、自分が気に食わないから、自分の言うことを聞かないから、王とは認めないというのは、それってジンとしてどうなのかなと思いましたが…

上等だ。お前を倒して無理矢理にでも~

 シンドバッドのこういう仲間のために熱くなれるところを見て思ったのですが、やっぱり自分は本編のシンドバッドよりもこっちのシンドバッドの方が人間味があって好きですね。あと熱くなると好戦的になるところがもし私が女性だったらたまらなかったかもしれませんね。本編のアリババやアラジンだと熱くなってもここまで好戦的な感じになることはなかったと思うので…

永遠の命を持つ「ジン」であるこの私の敵ではない。

 白龍にできたことがシンドバッドにできないわけがないのではとも思いましたが、そういえばあの時はジュダルというマギが一緒にいたからこそできたわけであって、やっぱ今のシンドバッドには無理か…

ならばこそここは耐えるべきだ。お前を信じ、死地から帰ってきた仲間のためにも…

 セレン様はどちらかといえば傍観する側だったとはいえ、ここまで冷静かつ的確な判断をできる方だったとはちょっと意外でした。シンドバッドの仲間になる前のセレン様は王家のプライドにこだわるあまり感情的になってドラコーンやお付きの人達に諌められたり諭されたりしていた印象が強かったので…

セレンディーネ様を新たな王の器として、ジンの試練を受けさせてください。

 サヘルやタミーラのセレン様を思う気持ちには心を揺さぶられずにはいられませんでした。

 しかし本編ではシンドバッドがゼパルの主だったはず…そうなるとセレン様はゼパルに認めてもらえなかったこと!?それとも見事試練をクリアーしてゼパルに主と認めさせることはできたものの、この後のどこかのタイミングでセレン様の身に何かが起きてシンドバッドにゼパルを譲ることになったとか!?

2人には別の方法で争ってもらう。それが私からの最後の試練だよ。

 まあ普通に戦っても、セレン様がシンドバッドに勝てるわけありませんからね。

 そして最近のセレン様のヒロイン力が急激に高まっている件について。最後のページとかもう完全に戦うヒロインといった感じの表情をしていましたね。


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第350夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第148夜 NEW!

単行本
├本編:34巻-6月16日頃発売予定
└外伝:13巻-4月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.349 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は5月24日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ