カレンダー(月別アーカイブ)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ブラック・クローバー » ブラック・クローバー ページ55(第55話)「団長と下民の少年」の感想(ネタバレ有り)

ブラック・クローバー ページ55(第55話)「団長と下民の少年」の感想(ネタバレ有り)

2016/03/28 00:01 | ジャンプ(SQ.) ブラック・クローバー | コメント(2)

これまでの簡単なあらすじ

 はたして(白夜の魔眼に協力した)裏切り者の団長は誰なのか…!?



『紫苑の鯱』ゲルドル・ポイゾットだ

 まあ金色の団長以外だとこの人が一番怪しい感じがしていたので、それほど驚きはしませんでしたけどね。

これは何かの罠だ!!私は…汚名を雪ぐ!!

 でもあからさまに怪しすぎるので、案外本当に(ゲルドル自身も言っているように)何者かに罠にはめられただけの可能性もあり得るのではないかと思っています。

 それこそゲルドルをスケープゴートに仕立てた本当の裏切り者の団長は他にいるんじゃないかとも。たとえば白夜の魔眼の仲間にも秘密で魔法騎士団に潜入していたら、こうして記憶から情報を引き出されることも無いわけですし。

そこだァ!!!! オレ達が尊敬している騎士団長は…こんなとこで逃げねぇ!!!

 今回もアスタは良い活躍ぶりを見せてくれましたね。最近のアスタの目覚ましい成長ぶりには目を見張るものがあります。特に気を読むことを覚えてからというもの、相手が団長クラスでさえも渡り合えるようになりましたし。

皆…そのぐらいにしておこう 何者かに魔法で操られている可能性が~

 まさかその何者かって自分のこと言っているんじゃありませんよね…!?

ま いいや!僕はリル!19歳!君は!?ねぇアスタくん僕と友達になってよ!!

 アスタの周りには一癖も二癖もある連中ばかりが集まっているような感じがしましたが、久しぶりにまともな友達ができた…と思ってもいいのかな!?しかしこれでまた元祖ライバルで友達のユノの立場が…

では色々と聞かせてもらおうかなゲルドル…!

 ガクガクブルブル魔法帝全然目が笑っていなくて怖すぎる…

 でも協力と言っても色々あるとは思うのですが、ゲルドルがどのような形でどのくらい白夜の魔眼に協力していたのか、次回に注目したいです。


広告

関連記事
No title
自分的にはアスタが変えていってくれるのではと思っています。
[ 2016/03/30 20:12 ] [ 編集 ]
白夜の魔眼がクローバー王国を憎むのは当然だと思うんですよね。
国民襲うのは悪いけど貧困、差別、格差、さらには一族皆殺しされてるし王国側は自分達が正義だと思ってて歪みに気づいてないか、無意識に目を背けてるようにも見えます。(「下民」という差別用語使ったり)
白夜倒しても王国が歪みと向き合わないといけなくないですか?
[ 2016/03/28 12:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第366夜 NEW! ※最終話まであと4話
シンドバッドの冒険: 休載

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.363 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は9月20日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ