カレンダー(月別アーカイブ)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » orange » orange特別版(月刊アクション2016年4月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

orange特別版(月刊アクション2016年4月号掲載)の感想(ネタバレ有り)

2016/02/25 21:16 | orange | コメント(0)

orangeの情報について

本日発売の月刊アクションにorange特別版が掲載されました。
そして来月号からはorangeスピンオフ作品がスタートするそうです。
ちなみにスピンオフ作品についての詳細については明らかにされておらず、
最新情報は@orange_comicsをチェックとだけ書いてありました。
2016年夏放送のTVアニメの情報は真新しいものはありませんでした。

今回の特別版は萩田くんがメイン!本編最終回の後日談的な!?

 萩田くんは(菜穂や須和と比べると)一歩引いたところから翔のことを見ていて、そんな萩田くんの視点で描かれる物語が新鮮でもありました。



 萩田くんは翔の「死にたい」という気持ちは理解できなかった代わりに、自分なりに翔のためにできることを見出していったわけですが、「俺はおまえを笑わせるために生まれてきた」とか萩田くんカッコ良すぎだろうと。萩田くんは須和に負けず劣らずすげーいいヤツだった件について。

 でも萩田くんが翔の「死にたい」という気持ちを理解できなかったとはちょっと意外でした。どちらかといえばネガティブな感じのタイプに見えるので。

 今回の特別版では、萩田くんは翔のことをこんなふうに考えていたのか、萩田くんから見ると翔(&菜穂)はこんな感じだったのかと、本編では萩田くんにスポットが当てられることがなかっただけに、新鮮な発見や驚きがいくつもありました。

 相合傘でイチャついている翔&菜穂を見て思わずつばを吐くシーンになんだか親近感を覚えたりもしましたwそんな萩田くんを横から見ていた須和の表情には笑いましたw(でも萩田くんアズからちゃんとチョコもらってやがるんですよね)

 翔が「誰かと約束していても全部どうでもよくなる瞬間がある」と言っていましたが、私も翔と同じこと思ったことが何度もあるので、翔の気持ちが少しはわかるような気がしました。

 でも今の(菜穂や皆と一緒にいる時の)翔の心からの笑顔を見ているともうそんな心配はいらないのかなとも。翔が大丈夫そうでホッとしました。

 あと相変わらず須和がイケメン過ぎた件について。翔の肩に手を回して「その一瞬に俺達を思い出せよ」なんてなかなか言えるものじゃありませんよ。


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第350夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第148夜 NEW!

単行本
├本編:34巻-6月16日頃発売予定
└外伝:13巻-4月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.349 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は5月24日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ