カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第93夜(平成28年1月27日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第93夜(平成28年1月27日更新分)の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 ついにこの外伝でもシャルルカンが登場。しかし正統な王位継承者とは言っても、見るからに王妃や宰相の傀儡…操り人形といった感じなんだけど…



ガフラー!貴様…

 そりゃあ恥知らずのこいつらに恥を知れなんて言われたら、ブチ切れずにはいられないというものですよね…


黙りなさい。偽王アールマカン。

 ここでシャルルカンが毅然とした口調で話し始めたのにはちょっと驚きました。もっとなんというかこう王妃や宰相の言いなりで自分の考えなど持っていないというイメージがあったので…


ふざけるな!!愚かな…そこまでしてお前は~

 ここでアールマカンは本当に怒ったのか、それともシャルルカンに合わせて一芝居打ったのか…


その「迷宮」とやらを消し、元の場所に戻せ。

 シンドバッド達にとってはかえって好都合かもしれない展開になってきたわけですが…

 しかし異国との交流をあれほど嫌う先王派の連中が、(たとえこのままうまくいってシャルルカンが王位に就けたとしても)シンドバッド達に交易権を認めるとは、とても思えないのですが…


奇遇だな。私も気になっていたところだ。

 少し前と比べると二人の距離が物理的にも精神的にもだいぶ近づいて(縮まって)いるように見えました。

 それこそ主人公とヒロインといってもおかしくないくらいには…


余もお前たちと話したいと思っていた…

 ただの傀儡かと思いきや…いやはやこの歳でこれだけしっかり考えているとは、母親は違ってもやはりアールマカンの弟ということなのか。

 本編のシャルルカンとはあまりにもキャラが違いすぎるのには正直びっくりしていますが。この外伝のシャルルカンがどうやって本編のシャルルカンになっていったのかすごく興味深いです。

 そういえばしばらく迷宮を攻略していなかったような気がするので、久しぶりの迷宮攻略すごく楽しみです。


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第354夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 休載 NEW!

単行本
├本編:34巻-6月16日頃発売予定
└外伝:14巻-6月16日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.353 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月21日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ