カレンダー(月別アーカイブ)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » カラダ探し第弐章第1話「一日目①」の感想(ネタバレあり)

カラダ探し第弐章第1話「一日目①」の感想(ネタバレあり)

2016/01/01 09:36 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(0)

本日ジャンプ+でカラダ探し第弐章第1話がアップされました。
今度は明日香がカラダ探しを依頼する立場になったわけですが、
はたして明日香のカラダを探すことになる6人は誰に…!?



新主人公兼ヒロインの相島美雪さんがクッソ可愛い件について。
俺で良ければ相島さんの友達に(以下ry

カラダ探しどうせなら遥に頼めばよかったのに…

高広が男らしすぎ&頼もしすぎ&カッコ良すぎる件について。
これは明日香じゃなくても惚れてしまいますわ。

普通に考えると高広に1周目の記憶がある分、
2周目は1周目よりかは楽になりそうな感じがしますが、
どうにも嫌な予感がしてならないんですよね…
たとえば赤い人が2周目の参加者に対しては難易度を上げてくる可能性とか。

今度のカラダ探しの人選について。
最後の二人は巻き込んでも心が痛まないからだと思われますが。
翔太と留美子を選んで、理恵と健司を外した理由がイマイチわかりません。
まあ健司は前回あれだけ苦しんでいるのを見たらさすがに頼みづらかったのかもしれませんね。

あと不安要素があるとすれば最後の二人…袴田と二見でしょうね。
1周目は何だかんだありながらも最後は一致団結していましたが、
高広と袴田が犬猿の仲ということもあって、協力するのはなかなか難しそうかも。
下手をすれば八代先生の時のように仲間に妨害される可能性だって…


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第168夜 NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は11月22日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ