カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第89夜(平成27年12月16日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第89夜(平成27年12月16日更新分)の感想(ネタバレ有)

今週はサンデー本誌の本編は休載でした。

これまでの簡単なあらすじ

 シンドバッド一行は、暗黒大陸でマスルールの故郷を探す前に、八人将の一人・シャルルカンの故郷でもあるエリオハプトへ立ち寄ることに。そこで親切な若者達と出会い、彼らの好意により観光案内をしてもらうことに。しかし歓迎ムードとは裏腹に現王派と先王派の対立という何やら不穏な空気が…



は!!シンドバッドさん!!あれ何っスかね!?

 本当にこの二人…シンドバッドとミストラスは仲がいいですよね。本編でもミストラスが側にいてくれたら、本編のシンドバッドも少しは違っていたのでしょうか…!?


俺たちでもできることがある。こうやっていつか…現王様の理想が実現されたら…

 そういえば今回シンドバッド達を観光案内してくれたこの爽やかでまっすぐな少年は一体何者なんだろう!?意外と彼が若い頃のシャルルカンだったりして…!?


ズキン…ううん、大丈夫さ、先を急ごう。

 これは…嫌な予感しかしないのですが…


ようこそ、我がエリオハプトへ。外からの客人よ。歓迎する。

 ササンやアルテミュラの時とは違って、王と話した感触はそれほど悪くない…というかむしろ歓迎されていましたが…


お引き取り願おうか。旅人諸君。

 先ほどまでのシンドバッド達に好意的に接してくれていた人達とは違って、明らかにシンドバッド達の来訪を快く思っていない様子が…おそらくこいつらが前回話題に出ていた「先王派」とやらなのでしょうが…

 これまでのササンやアルテミュラは王の決断で物事が動いていましたが、エリオハプトは複雑な国内事情のせいで王がそうしたいと思ってもそれを実行に移すのは難しそうな雰囲気ですね。

 それこそササンやアルテミュラでは王との金属器使い同士のバトルで勝ちさえすれば何とかなっていた印象がありますが、エリオハプトはそんな一筋縄には行かない予感が…

 とりあえず次回はエリオハプトの王がシンドバッド達にどのような対応をするのかに注目したいですね。


広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第355夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第152夜 NEW!

単行本
├本編:34巻-6月16日頃発売予定
└外伝:14巻-6月16日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.354 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月28日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ