カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第84夜(平成27年11月11日更新分)の感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第84夜(平成27年11月11日更新分)の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 ヒナホホがマスルールのわだかまりを取ってくれて、晴れてマスルールもシンドリア商会の一員に。あと残るはシンドバッドが帰ってきてからまだ姿を見せていないあの人だけど…



その…今までごめんなさい…

 あの頑なだったセレン様が自分から謝った…だと…!?やっべすげぇ可愛すぎるんですけど、セレン様のツン⇒デレの破壊力ががががが。


いや、セレン…ありがとう

 そんなセレン様に対して、シンドバッドはいつもの女性なら誰にでも…というのとはちょっと違っていたような気がしました。なんとなくですが。うまく言えなくてすみません。


うん。 なんのこと?

 (今週号のサンデーの本編と見比べてみて)やっぱピピリカ外伝と本編では変わりすぎだろうと。自分的にはピピリカにはいつまでもヒナホホを兄ぃと慕う妹キャラでいて欲しかったのですが、時間の流れとはかくも無常なものなのか。


ミストラスみたいな人の方が…私は好き。

 これはもう結婚するしか←


商会本部がバルバッドに移転するなら話は変わってくる…奴ら(組織)も動きを見せるかも~

 このことをシンドバッドやドラコーンは知っているのだろうか…!?


守ろう。この場所を、ここの人たちを。

 なんか今回恋愛フラグとか死亡フラグとかフラグが立ちまくりで心配になってきました。この外伝で登場していて、まだ本編に登場していない人達は大丈夫なのだろうか…!?



広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第165夜 NEW!

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売、37巻11月17日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月18日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ