カレンダー(月別アーカイブ)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ 原作(本編、単行本) » マギ 第285夜(第285話)「商会本部へ」の感想(ネタバレ有)

マギ 第285夜(第285話)「商会本部へ」の感想(ネタバレ有)

これまでの簡単なあらすじ

 アリババはシンドバッドに直接会って確かめるために、シンドリア商会本部のあるパルテビアへ。そこでわずか数年で驚くべき進化を遂げた世界を目のあたりにするのだった。そして今回いよいよシンドバッドと直接対峙することに…!?



私はピピリカ。ジャーファル室長の部下なの。

 えっと、ピピリカってたしか…ヒナホホの妹のあのピピリカ!?もしかして(バックステージでは何度か登場していたけど)本編でちゃんとした出番があるのはこれがはじめて?

 こっちのピピリカはいかにも仕事のできる大人の女性という感じで、思わずハッとさせられるくらいすごく綺麗になっていて、外伝で兄ぃと言っていた頃と比べると随分印象が変わっていたのには驚かされました。今でもピピリカはヒナホホを兄ぃと呼んでいるのだろうか…!?


ジャーファルさんは3年経っても全然変わってねーや!

 たしかに容姿は変わっていませんが、服装が違うだけでも随分印象が違うというか、昔のジャーファルさんがシンドリアの女神だったのに対して、今のジャーファルさんはスラっとした美青年といった感じで、思わずドキドキしちゃったじゃありませんか(←おいw)


……ニコッ!ありがとう!

 なんだろう、この間(ま)は…ものすごく気になるのですが…まさかジャーファルさん、白龍やアラジンがいなくなったことに関わってはいませんよね?


シャルルカンやヤムライハなど気落ちしてしまったね。

 (以前に他の方もコメントでおっしゃっていましたが)もしアリババがシンドバッドと敵対することになっても、この二人だけは味方になってくれそうな気がします。あとヤムさんは、アラジンがいなくなったことについて、どう考えているのかが気になります。


このぐらいのスケジュール調整は造作もありませんよ。えへん

 さっきのピピリカの時と同じこと言ってるしwここ最近はずっとシリアスで重い鬱展開が続いていたからか、こういうテンポが良くコミカルで楽しめる話は久しぶりな気がします。

 あとピピリカとジャーファルさんの距離の近さが…この二人本当にただの補佐と室長の関係なのか、それとも…!?


あなたは今から、この世界の最も偉大な革新者に会うのよ…!!

 この様子だとピピリカはシンドバッドの裏の顔やダビデと繋がっていることを知らないっぽい!?すっかり心酔しきっているようですが…


アリ…ババくん…!?

 ピピリカやジャーファルさんに続いて、シンドバッドもいい驚きっぷりでしたねw

 さすがにシンドバッドが(恩人の息子である)アリババに酷い仕打ちをするとは思えないのですが、まったく相手にされないという可能性はあるかも…



広告

関連記事
No title
かつてダビデはイル・イラーの力を奪っていましたし、
決してその可能性も否定しきれないのが複雑なところです。
[ 2015/11/15 15:36 ] [ 編集 ]
もしシンドバッドがアラジンの失踪に関わっているとしたらアラジンのマギの力(無限の魔力を使用できる)を動力源にして魔法道具が溢れる近代的な世界を築いているのでは?
(ワートリのマザートリガーの生け贄みたいに…)
[ 2015/11/12 15:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第359夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 休載 NEW!

単行本
├本編:35巻-8月18日頃発売予定
└外伝:14巻-6月16日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.356

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は7月26日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ