カレンダー(月別アーカイブ)

11 ≪│2017/12│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ブラック・クローバー » ブラック・クローバー ページ37(第37話)「次会う時は」の感想(ネタバレ有り)

ブラック・クローバー ページ37(第37話)「次会う時は」の感想(ネタバレ有り)

2015/11/09 20:45 | ジャンプ(SQ.) ブラック・クローバー | コメント(0)

これまでの簡単なあらすじ

 今回の白夜の魔眼の侵攻を退け、再び平和が訪れた王都でアスタはユノは…



ボクは生きたあの子をイジくり回したいんだから~

 この格好…セリフ…とりあえずどこから突っ込んだらいいものやら…

 なんかもうアスタが味方だけではなくて敵からも人気者過ぎて、しかも関わり合いになりたくないような厄介な輩ほどアスタへの執着が強いのには、思わず笑ってしまいます。


ダメです…保護魔法がかかっていて情報が探れません…!

 その保護魔法とやら、アスタの反魔法でどうにかならないものなの!?


私ももらってあげてもいいわよっ なにコレオイシイじゃないの

 ノエルさん今回も俺らの期待を裏切らないツンデレっぷり乙です!!


ん?アスタ達ではないか

 この時のミモザの表情がすごい可愛いんですけど…


アイサツはこの世の全ての基本だぞー

 アスタはああ見えて人一倍礼儀作法とかにうるさいということが、つい最近わかってきたような気がします。


魔法で文字見せる為にわざわざあんなんうってくんじゃねー

 最近アスタに濃ゆいキャラのライバルがどんどん増えてきていて、元祖ライバルのユノの存在感が薄れてはしまわないかと心配だったのですが、どうやらその心配は無用だったようです。今回ユノはユノなりのやり方で、ユノもアスタに負けず劣らず強くなっているということを、見せつけてくれましたから。


次にお会いする時は私も並んで一緒に戦えるように強くなって来ますわ…!!

 最近のミモザはどんどん可愛くヒロインっぽくなってきているなあ。これはノエルうかうかしていられないんじゃ…!?


オレ王都のいざこざでの活躍が認められて臨時の戦功叙勲で三等下級魔法騎士に~

 以前魔法帝本人から魔法帝になるために必要なのは実績だと言われていましたが、アスタが実績を認められて昇進したのを見てはじめてああつまりはこういうことなんだなと実感が湧いてきました。


合コン行こうよ!!

 マジっすか!?でもノエルがすぐ隣にいるけどいいの…!?



広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第171夜、第172夜(先読み) NEW!

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売予定
└外伝:16巻-11月17日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年12月5日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は12月13日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ