カレンダー(月別アーカイブ)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » 若木民喜 » 聖結晶アルバトロス » 聖結晶アルバトロスELEMENT2「みしらぬ国のトリッパー」の感想

聖結晶アルバトロスELEMENT2「みしらぬ国のトリッパー」の感想

2005/12/14 10:58 | 若木民喜 聖結晶アルバトロス | コメント(0)

お姫さまバージョンも意外と萌えるELEMENT2の感想です。



●3歳からの幼なじみ、緑川理香

 期待を裏切らない予想通りの設定です。

 幼なじみならではの親しみやすさが好感触です。

 そして止めの名台詞。

 「……何だよ。そんなにすぐに行っちゃうなよ。」

 さすが若木先生、読者の萌えのツボを分かっていらっしゃる。



●そして本命、ゴミ子朝倉登場

 ゴミ子バージョンは相変わらず魅力的です。

 トロくて舌っ足らずで「えと」な所がすばらしい!

 思わず助けてあげたくなってしまいます。



●残念ながらすぐにお姫さまバージョンに・・・

 力を失っても元はお姫さまなだけに威厳だけはある・・・つもり。

 強がっていても、実際は雑魚にも勝てない弱いところを見ると

 思わず守ってあげたくなってしまいます。

 敵に食べられ助けられたときの彼女のセリフ、

 「……内側から攻撃する作戦だったのです…」

 素直になれないそんなお姫さまバージョンもいいかも。



●そしてお約束の・・・

 石が燃え尽きて全裸になるシーン。

 全身を隠すように体育座りするゴミ子は一番可愛かったです。

 恥ずかしそうに「えと」という所がいいんですって!


広告

関連記事
コメントの投稿




















トラックバック
この記事のトラックバックURL

第2話『みしらぬ国のトリッパー』
「聖結晶アルバトロスEREMENT2『みしらぬ国のトリッパー』。第1話、EREMENT1『ボーイ・ミーツ・ガールs』がとても気に入ったので、これからも見ていくつもりです♪第2話、EREMENT2『みしらぬ国のトリッパー』も、もちろん自分としては気に入る内容でした。第1話じゃ分か
[2005/12/15 14:38]

このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├オリエント(新連載): 2話 NEW!
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第182夜

単行本
├本編:37巻-11月17日頃発売
└外伝:18巻、19巻-7月頃発売
└オリエント1巻:8月17日頃発売
作者
大高忍の手書きブログ:2018年6月8日更新 NEW!
バックステージ:Vol.366

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は6月9日(土)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ