カレンダー(月別アーカイブ)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » アルスラーン戦記 » アルスラーン戦記TVアニメ第二十三章(第23話)「聖マヌエル城の攻防」の感想

アルスラーン戦記TVアニメ第二十三章(第23話)「聖マヌエル城の攻防」の感想

2015/09/13 19:00 | アルスラーン戦記 | コメント(2)

9/13午後8時20分 記事の一部を下記のように訂正しました。
原作⇒荒川先生漫画版、原作⇒漫画版

それにしても銀仮面卿はルシアニア兵達をうまく煽る煽る(苦笑)。
ルシタニア兵達は銀仮面卿がパルス人ではなく同じルシタニア人だと思い込んでる…!?

あーあ、ザンデが余計なことするから、クバードがアルスラーン殿下側についちゃったよ…
まあでも次回はクバードの活躍にも注目したいところです。
今度は敵同士となったサームと再会&対決という展開になると面白そうですが。

原作…じゃなくて荒川先生漫画版でもザンデが登場しましたが、
漫画版のザンデは情報収集に長けているところが強調されていて、
いかにも知将といった感じだったのがちょっと意外でした。

今回のザンデとダリューンの再対決は予想通りの結果に終わったわけですが…
いやあれはいくらザンデでも死んだだろう…死んだはずですよね!?

覚悟を決めたアルスラーン殿下と、
覚悟が揺さぶられまくりなエトワールでは、
もう役者が違いすぎて、戦う前から勝敗は決してしまっているような気が。

もっともだからといって、
あのお優しいアルスラーン殿下がエトワールを殺すとはとても思えませんので、
アルスラーン殿下がエトワールにどう接するのかに注目したいです。

No title
原作小説と荒川先生の漫画版を混同してしまっていたことを
メグさんのコメントを読んで気付くことができました。
ありがとうございます。

どうやらヒルメスとの決着をつけるところで終わりそうな感じがしますが、
ぜひ二期も期待したいところではありますよね。
[ 2015/09/13 20:30 ] [ 編集 ]
アルスラーン殿下とエルテル(エトワール)が子どもの頃に出会うのは荒川版のオリジナルですけど原作小説のストーリーを壊さず上手く話を作る荒川先生はすごいです!( ☆∀☆)
「ハガレン」も原作コミック最終巻分を一年通して放送したんだから「アル戦」もせめて王都奪還までやってくれてもいいと思います!!m(。≧Д≦。)m
[ 2015/09/13 20:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第358夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第155夜 来週は休載 次回は8月2日更新 NEW!

単行本
├本編:35巻-8月18日頃発売予定
└外伝:14巻-6月16日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.356

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は7月19日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ