カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第73夜(平成27年8月19日更新分)の簡単な感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第73夜(平成27年8月19日更新分)の簡単な感想(ネタバレ有)

この外伝のシンドバッドと、本編のシンドバッドが違いすぎて、本当に同一人物なのかと。

これまでの簡単なあらすじ

 すっかりマーデルの下で奴隷長という立場に甘んじてしまっていたシンドバッドだったが、ファティマーの一件やマスルールの存在がシンドバッドの目を覚まさせることに…!?



俺が、やるんだ。

 ここ最近はずっと「らしくない」状態が続いていて、どうなることかと思っていましたが…ようやくシンドバッド「らしさ」が戻ってきましたね。


あの、大丈夫?

 こうして見るとマスルールも年相応の普通の子供なんですよね。


ふぅん、あなたが新当主?

 やっぱルルムさんでかいな…マーデルの倍くらいはあるんじゃないのか!?そんなルルムさんを見ても動じないとは、やはりマーデルは手強いな…

 しかし子供に並々ならぬ執着を見せているマーデルが、ジャーファルさんに対してはあまり興味を示していない様子なのが、意外といえば意外でした。本編でも触れられていましたが、子供でも精神的に自立していると、マーデルの洗脳が効きにくいからなのか…!?


3日後、新生・シンドリア商会を祝した会を~

 まさかそこにバルバッド王が!?本来の目的とか知らずにただ偶然そこに居合わせた風を装ってとか!?


3日後、ナーポリアに行くよう予定を~

 今回、物語が一気に動き始めて、面白くなってきました。ルルム&ジャーファルさんコンビが、明らかに怪しんでいる(警戒している)マーデルをどうやって騙すのか、興味深いです。


マーデルは、お前たちを愛してなんかいないってことを。

 おいおいシンドバッドのやつ、本当のこと言っちゃったよ…シンドバッドは子供奴隷たちを扇動して、反乱や暴動でも起こすつもりなのか…!?しかしマスルールのような強靭な精神と肉体の持ち主ならともかく、普通の子供たちにかけられたマーデルの洗脳を解くのは並大抵のことではないと思われますが…!?



広告

関連記事
バルバット編から思ってたけどシンドバッドさん少しアスペ入ってるとこあるからな・・・
まさか主人公で白龍再現するとはおもわなかったです。
[ 2015/08/22 02:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第165夜 NEW!

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売、37巻11月17日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月18日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ