カレンダー(月別アーカイブ)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » ジャンプ(SQ.) » ジャンプ その他 » ブラック・クローバー第24話「王都騒乱」&週刊少年ジャンプ2015年36号の感想(ネタバレ有)

ブラック・クローバー第24話「王都騒乱」&週刊少年ジャンプ2015年36号の感想(ネタバレ有)

2015/08/03 00:01 | ジャンプ(SQ.) ジャンプ その他 | コメント(3)

今後の発売予定

8月3日(月) ジャンプ36号発売
8月10日(月) ジャンプ37・38合併号発売
8月17日(月) 増刊号NEXT!!2015vol.4発売、本誌合併号休み!?

ジャンプNEXT!!2015Vol.4について

 もちろん自分的に一番楽しみにしているのは、黄瀬&青峰の夢の最強タッグ実現で最高潮の盛り上がりを見せている、黒子のバスケ後日談です。あと待望の単行本第1巻も9月4日に発売されるようで、そちらも楽しみです。

 それと自分的に一番注目している読切は木下敬次先生の「箱の中の青」と彦根洋平先生の「スパイ系女子」です。しかし彦根洋平先生、32号に掲載された読切と比べると、随分絵柄が変わっているようですが…!?

今週のこち亀

 小学生の頃に考えていたような事を、大の大人が本気で楽しんで遊んでいるところが好感が持てます。ぶっちゃけ私もそこに混ぜてほしいくらいです。

 軍用機がやって来た時のマジヤバい状況が伝わってくる両さん達のやり取りやうろたえっぷり面白かったです。



ブラック・クローバー ページ24(第24話)「王都騒乱」の感想

「ぴく…ヴァーミリオン…」
またアスタに新たなライバルが…!?
元祖・アスタのライバルのユノとしては、
新たなアスタのライバル登場に、気が気でないといったところでしょうか。
最近のアスタは人気者過ぎて、ユノも色々な意味で大変そうですね。

「ミモザから聞いておったとおり」
ミモザはアスタのことをどんなふうに話していたのか気になります。
もうミモザがアスタのことを好きなのもバレバレだったりして…

「王都が…王都が襲撃されています!!!」
これはもう内輪もめしている場合じゃないんじゃ…!?

ワンピース 第795話

「危ない私っ!!」
久しぶりに登場?のナミさんがエロエロすぎな件について。
ナミさんのスカートからのぞくムチムチな生足ふとももふぅぉおおおっ!!!!(←おちつけw)

あとカイドウが化け物過ぎてとても勝てる気がしないんですけど…

暗殺教室 第150話

「この1年…いっぱい機能拡張しましたから」
ふぅ~っ。もはや言葉で語るなど無粋な真似をせずとも、
同志諸兄の皆様方には今の私の気持ちがお分かり頂けるかと←

「お任せください!!律の能力全てを使って~」
か、かわええwwwこんなん間違いなく惚れてしまうだろうと。
E組の男共は今の律を見ても何とも思わないのか…って、あっそうか、もう渚君がいるんでした←

「宇宙ステーションをハイジャックして~」
なんか私達の予想をはるかに超えたぶっ飛んだ…
それでいて面白そうな展開になってきたじゃありませんか。
なんか段々殺せんせーを助けられるような気がしてきました。
これはぜひ成功させて欲しいですね。

火ノ丸相撲 第59話

 あの突きでも勝てなかったか…もし小関部長が対戦していたら、勝てたのだろうか…!?

 そういや部長と主将ってどう違うんだろう…!?

食戟のソーマ 第129話

 あとから何か上にかけたり割って中から出したり…最近のソーマの料理のパターンはいつもこれのような…

 今回も田所ちゃんは安定の嫁っぷりでした。なんというかもう二人で一緒にいるのが当たり前になっているような…!?

NARUTO -ROAD TO "B"-

 木の葉丸小隊、まさにその名の通りエリート部隊じゃないかと。(でもたしかナルト達の時代は、戦力のバランスとかを考慮して、各小隊のメンバーが決められていたような気がしましたが、今は違うのかな?)

 なぜそこにミツキがいるのか、ミツキは一体何者なのか、ますます気になって仕方ないのですが。特典の描き下ろし漫画もすごく読みたいし、これはもう映画を観に行くしか無いのか…!?(←まんまとジャンプ編集部の思惑に載せられてしまっているような気が(苦笑))

僕のヒーローアカデミア 第53話

 轟君がすごく熱かったです。

 それにしてもヒーロー殺し強すぎだろうと。デクも轟君も以前よりもはるかに能力を使いこなせるようになったというのに、この二人でも倒せないとは…左の炎も使っていなければあっという間にやられていたでしょうし…

トリコ 第333話

 食霊とか魂の世界とか何が何やらわけわからなくなってきそう…

カガミガミ 第25話

 マコさんいないと面白くない…

レディ・ジャスティス 第12話

 途中までのシリアス展開とは一変して、ラストがすごい楽しみな展開になってきましたが、これでもうちょっと作画が良ければなあ…

BLEACH 第637話

 もう副隊長以下だと割って入ることのできないような、そんなレベルの戦いになってきましたね。っていうか、副隊長以下がいる意味があるのだろうかと。


広告

関連記事
No title
>花月さん
私はBLEACHはそれほど詳しくはないのですが、
おそらく花月さんのご指摘通りかと思います。
ネムにはちょっと期待したいですね。

>ウェイネイさん
わかりやすい解説ありがとうございます。
作品によっても呼び方が違うのでちょっと疑問に思っていたところでした。
[ 2015/08/11 23:58 ] [ 編集 ]
No title
どうもー、部長と主将ですが
部長→部の責任者でみんなのまとめ役、まぁ強くなくてもなれるとういうかそも生徒じゃなくて教師がなる場合すらあり
主将→一般に言うキャプテンで大体は実力ある人がなる、こちらは生徒のみ

こんな感じで
まさにそれぞれ小関くんと金盛さんを表してる感じですね
[ 2015/08/04 21:49 ] [ 編集 ]
No title
ブリーチ、大半の副隊長格以下はそうでしょうね。
ただ、恋次・ルキア辺りは零番隊との修行の成果で
隊長格レベルの強さがあり、
大前田は戦力的には戦力外ですけど生存力だけは特に高いので、
倒れた仲間助け退避させるとかの活躍はできるでしょうし、
三席の花太郎は貴重な回復ポジション、
ネムに関してはなにかあると思います。
マユリが本当にピンチの時は自分を呼ぶとか言ってたので、
マユリはネムに切り札的な何かを隠してる可能性もありますから。
[ 2015/08/03 19:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第361夜 NEW!
シンドバッドの冒険: 第157夜 NEW!

単行本
├本編:35巻-8月18日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売予定

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.358 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は8月9日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ