カレンダー(月別アーカイブ)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ-作家、作品、雑誌別

記事別アクセス数ランキング(最近一週間)

トップページ » マギ(大高忍) » マギ シンドバッドの冒険 » マギ シンドバッドの冒険 第68夜(平成27年7月1日更新分)の簡単な感想(ネタバレ有)

マギ シンドバッドの冒険 第68夜(平成27年7月1日更新分)の簡単な感想(ネタバレ有)

最新単行本第7巻が7月17日(金)頃発売!!

これまでの簡単なあらすじ

 マーデルの度重なる折檻によって、シンドバッドはすっかり変わり果て追い詰められてしまい…



あいつが例の変な新入り?

 外部から客観的に見ると、変なのはシンドバッドじゃなくてむしろここの子供たちの方…子供たちにそう思わせないところがマーデルの恐ろしさなのかもしれませんが…

 シンドバッドがここにいる他の子供たちと違う理由…普通の子供であれば、あんな拷問じみた折檻を受ければ、すぐに心が折れてマーデルを受け入れるんだけど、シンドバッドの場合は人並み外れて身体も心も丈夫なばかりに、なかなかマーデルの思い通りにはならない(=洗脳できない)…ということなのでしょうか!?


たび重なる折檻はシンドバッドを苦しめ…

 まさかこんなところで堕転したりはしないですよね…!?


マスルール(中略)お前が面倒を見るんだぞ

 マスルールキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 しかし本編とはすっかり二人の立場が反対になっちゃっていますが、これからこの二人がどうなっていくのか、本編でマスルールがシンドバッドを慕う理由も明らかにされるのか、すごく気になります。


とっても優しい私の「お母さん」なのよ

 子供たちがマーデルを優しいお母さんだと言っているのにどうしても違和感を感じずにはいられないのですが…

 何話か前にマーデルも指摘していましたが、マスルールは他の子供たちと違って、マーデルをすごい好きだというわけではない(=マーデルの子供になりきれていない)ように見えました。


俺はファティマーここの奴隷長だ

 ファティマー…そういえば本編で登場した奴隷商人にもそんな名前のヤツがいたような…!?


それは「奴隷商人」 人身売買である

 やはり裏があったか…それも思いきり反吐が出そうなほどの…少数の子供たちの笑顔の裏では、多くの子供たちが泣いていたとか、こんなことを知ったらますますマーデルのことを好きになれるとは思えないのですが…



広告

関連記事
コメントの投稿




















このブログ内を検索

マギ(大高忍先生)最新情報

雑誌(web)連載
├本編: 第369夜(最終回)
シンドバッドの冒険: 第165夜 NEW!

単行本
├本編:36巻-10月18日頃発売、37巻11月17日頃発売予定
└外伝:15巻-8月18日頃発売

作者
大高忍の手書きブログ:2017年1月22日更新
バックステージ:Vol.366 NEW!

リンク
大高忍のてがきブログ
漫画家バックステージ
裏サンデー(シンドバッド)
マギ公式ツイッター
マギ公式サイト
シンドバッドの冒険TVアニメ公式サイト

※情報は10月18日(水)現在

最近のコメント

<>+-

QRコード

QRコード

広告

ブログパーツ